高遠城は戦国時代から創建されていたとされる日本100名城に選ばれているお城です。

 

そんな高遠城がある高遠城址公園には約1500本のタカトオコヒガンザクラが咲いており、空を覆うほどの景色が見れます。

 

「日本の三大名所」と呼ばれることもあり、天下第一の桜と称されています。

 

上空からの撮影を見てもその桜の凄さが感じられるほど一面がピンクだそうで、そんな高遠城址公園の2018年の

桜の見頃や開花状況などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

高遠城址公園の桜2018の見頃や開花状況(予測と過去のデータ)

 

こちらが過去5年間の開花状況になります。

 

2013年:4月1日

2014年:4月8日

2015年:4月5日

2016年:4月3日

2017年:4月10日

 

上記の通りですと開花は「4月上旬」になると思います。

満開の見頃はいつ?

 

過去5年間の見頃はこちら。

 

2013年:4月10日

2014年:4月16日

2015年:4月9日

2016年:4月7日

2017年:4月19日

 

開花から見頃まで他の地域に比べて咲く速度が遅いのかもしれません。

 

満開の見頃は「4月中旬頃」になると思います。

高遠城址公園の桜の見どころ

 

見て欲しい場所はこちら

 

桜雲橋

 

名前の通り桜が雲のように覆われており、いつまでも見続けていたいと思わせる景色。

 

高遠城址公園で一番人気のあるスポットで、何度も橋を渡って見てしまいたくなります。

 

手を伸ばせば触れそうなほどの高さに桜が咲いており、まさに雲のようで圧倒されます。

 

橋の下に行き、下から橋と桜をみるのもまた一興です。

 

高遠閣

 

観光客の休憩などに使うため1936年頃に建てられたようです。

 

国の有形文化財として指定されている建物でもあり、桜とのコントラストが素晴らしく、休憩しながらもその景色を楽しむことが出来ます。

 

模擬天守

 

こちらも思わず写真を撮りたくなってしまう絶景。

 

これぞ日本という天守閣と桜はまさに桜花爛漫で魅入ってしまいます。

 

お城好きや桜好きにも堪らない情緒ある景色だと思います。

 

白山観音

 

実はこちらのスポットは入口が分かりづらいせいか、穴場らしいです。

 

徒歩で約20分と登るので運動靴必須ですが、見る価値はあります。

 

なんと言っても高遠閣を見下ろせる絶景であり、上から見る一面の桜が綺麗です。

 

静かに景色を楽しみたいという方は観音様の元でお花見はいかがでしょうか。

高遠城址公園の桜2018のライトアップ時間

 

2018年のライトアップは「4月6日」または「開花宣言の日」から桜が散るまでだそうで、

時間は「日没~午後10時」まで桜を照らしているそうです。

高遠城址公園の桜2018の屋台

 

さくら祭りが行われている期間は様々な屋台が出ます。

 

定番の焼きそばやお好み焼き、フランクフルトから、桜と言えば桜餅、さくらまんじゅう、桜ソフトクリームまで、桜尽くしのデザートも味わえます。

 

中でも「だるま屋」さんにて貸しゴザもあるそうで、レジャーシートを忘れても困る事はなさそうです。

 

露店が開かれている場所は「二の丸」にて出店されています。

 

ゴミは必ず持ち帰るようにして下さい。

 

ここ「二の丸」はお昼にもなると凄く混雑しており、ワンちゃんを連れて来られた方はリードが原則だそうで、

食事中に迷子になるケースもあるとかで、気を付けてください。

スポンサーリンク

トイレの場所

出典:風水学研究所 玄武

 

トイレは周辺含めるとかなり設置されており、駐車場付近にも多いので利用しやすいかもしれません。

 

・タクシーの乗り降り付近

・大型バス臨時駐車場

・新城藤原神社の付近

・北口のゲート付近

・信州 高遠美術館付近

 

など、色んな場所にあるので、詳しい場所は、「伊那市観光協会」を見てみるといいかもしれません。

 

伊那市観光協会 電話番号:0265-78-4111

高遠城址公園の桜へのアクセスや駐車場

 

車で来られる方が多く、早朝から高頭城跡公園周辺では渋滞になるそうで、出来るだけ公共交通機関を利用するのがいいかもしれません。

電車でのアクセス

 

JR「伊那市駅」下車、「高遠駅行き」のバスで約25分で高遠駅で下車。高遠駅から徒歩15分ほどで高遠城址公園に着きます。

 

高遠駅からさくら祭り期間中は循環バスが出ていますのでそちらに乗っても公園に着きます。

 

運行時間:平日 午前9時~午後4時 土日 午前7時~午後4時

 

20分間隔で運行しており、料金は小学生以上¥100になります。

詳しい事は「JRバス 中央道支店」か「伊那市観光協会」へご連絡下さい。

 

JRバス電話番号:0265-73-7171

 

車でのアクセス

中央自動車道でのインター別になります。

諏訪ICからですとR152経由で約31kmで50分ほど。

伊那ICからですとR361経由で約15kmで30分ほど。

小黒川スマートICからですと伊那市街地を経由して約13kmで25分ほど。

伊北ICからですとR153経由で約23kmで50分ほど。

駒ヶ根ICからですとR153経由で約23kmで1時間ほど。

 

国道ですと以下の通り。

 

松本市からですとR19、またはR153経由して約56kmで2時間ほど。

木曽福島町からですとR361経由して約43kmで1時間半ほど。

 

さくら祭りが行われている期間は渋滞の為、着く時間が伸びる可能性があります。

 

特に毎年、伊那インターが大変混雑するそうなので注意してください。

 

観光協会ではカーナビゲーションの登録を以下のように推奨しています。

 

高遠町総合支所(高遠城址公園付近)

住所:長野県伊那市高遠町西高遠1806

電話番号:0265-94-2551

 

伊那市役所

住所:長野県伊那市下新田3050

電話番号:0265-78-4111

 

上記二カ所の登録推奨しております。

 

高遠町総合支所の方は、近辺になると看板が出ているらしいので、そちらに従ってお進みください。

駐車場の場所や料金

 

臨時を含めた駐車場を紹介します。

 

乗用車のみの駐車場

・総合グラウンド 500台 無料駐車場

国道361号線をご利用の方は近い駐車場になります。

 

・文化センター 100台 無料駐車場

国道152号線をご利用の方は近い駐車場になります。

 

・公園東側 50台 有料駐車場

普通車¥700

二輪車¥100

 

・高遠歴史博物館 30台 有料駐車場

普通車¥700

 

・弁財天河原 300台 無料駐車場

高遠城址公園まで徒歩1分ほどで着きます。

 

・ほりでいパーク 100台 さくら祭り中は無料駐車場

高遠城址公園まで徒歩15分ほどで着きます。

 

・伊那市 高遠中学校グラウンド 400台 無料駐車場

さくら祭り期間中に開放される臨時駐車場になります。

こちらは「土曜、日曜」のみ開放のようです。

 

・高遠小学校グラウンド下側 200台 無料駐車場

こちらも臨時駐車場になり、「土曜、日曜」のみ開放されています。

 

・伊那市役所臨時駐車場 800台 無料駐車場

こちらで駐車される場合はシャトルバスをご利用ください。

 

「全ての車が駐車可能」な駐車場はこちら

 

さくら祭り ループ橋下 有料駐車場

普通車¥300

二輪車¥100

大型バス¥1500

マイクロバス¥1000(10人以上30人未満のバス)

 

「バス専用駐車場」はこちら

 

公園グランド 80台 有料駐車場

大型バス¥3000

マイクロバス¥2000(10人以上30人未満のバス)

 

詳しい場所内容は「伊那市観光協会」に記載されていますのでご覧ください。

まとめ

 

2018年の高遠城址公園の桜の見頃や開花状況、ライトアップと紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

一度以下にまとめをしますと、

 

・開花は「4月上旬」

・見頃は「4月中旬頃」

・見どころは「桜雲橋」「高遠閣」「模擬天守」「白山観音」

・ライトアップは「日没~午後10時」

・屋台有り

・トイレ有り(駐車場に多い)

・車でご利用の際は渋滞注意

 

以上のようになっています。

 

約1500本のタカトオコヒガンザクラが咲いているそうですが、なんでもこの桜の品種が見れるのは中々ないそうで、

そしてこれだけの数を一度に見れるのは高遠城址公園だけです。

 

よく見ることが出来るソメイヨシノより小ぶりで赤みのある花が咲いています。

 

毎年約20万人が訪れるそうなので、ゆっくり静かにというのは早朝などに見るといいかもしれません。

 

是非この機会に2018年は高遠城址公園の桜を見てはいかがでしょうか。

 

遠方からお越しの方は日帰りも大変ですよね、

「せっかくなら泊りで行きたいな」という方は、 周辺のホテルは早めにチェックしておきましょう!

下記に周辺のホテルをまとめておきました。

>>【楽天トラベル】高遠城址公園周辺のおすすめホテル一覧

 

次によく読まれている記事はこちら↓

 

桜の名所特集はこちら↓

スポンサーリンク