静岡のお祭りと言えば静岡まつり。

東海でも有名なお祭りの静岡まつりは夜桜乱舞大御所花見行列など見どころいっぱいの静岡まつりは、春にぴったりの華やかなお祭りです。

 

2018年の今年、静岡まつり2018はいつ開催されるのか、各イベントの日程は気になるところですね。

 

静岡まつり2018の日程と、車で行くときの駐車場・交通規制についてまとめました。

スポンサーリンク

静岡まつり2018の日程

毎年四月の第一金曜日から三日間行われる静岡まつり。
東海を代表する歴史あるお祭りで、2018年の開催は第62回目となります。

気になる今年の日程はというと

静岡まつり
日程:2018年3月30日~4月1日

3月の終わりから4月にかけてとなります。
今年は年度の切り替えと重なるので、まさに春一番のイベントという感じですね。

 

静岡県外からも沢山の人が集まるお祭りです。

 

駿府で徳川家康公が大名・旗本を引き連れ花見をしたことが由来の静岡まつりでは、花見行列を模した大御所花見行列や駿府登城行列が有名です。

 

大御所花見行列・駿府登城行列の日程

大御所花見行列
日程:3月31日(土)、4月1日(日)

駿府登城行列
日程:3月31日(土)10:00~14:00
(雨天時は4月1日に順延)

大御所花見行列では毎年徳川家康公に扮した有名人が登場します。

 

今年の大御所徳川家康公役は、3月31日が寺島進さん4月1日が泉谷しげるさん

寺島進さんも、水谷しげるさんも、個性あふれて迫力ある徳川家康公となりそうですね。

 

大御所徳川家康公役の登場時は会場は一番の大盛り上がりになります。

近くで見たいという人は、早めに会場に行って場所取りをするのがおすすめです。

 

駿府登城行列は、様々な役柄に扮した人たちが行列をつくって駿府城へ更新していく催し。

鎧兜や姫姿から、くの一(女忍者)など貸し出される衣装を着た人や、自前て作った衣装を着る人もいます。
こちらも様々な衣装を楽しめる人気の催しです。

 

花魁道中の日程や時間

さらには豪華絢爛な花魁道中が登場し、駿府城下町を練り歩くイベントも。
こちらの日程もご紹介します。

花魁道中
日程:3月31日(土)、4月1日(日)
時間:12時ごろから12時45分ごろ、14時ごろから14時45分ごろ

開催場所は駿府城公園です。

花魁道中は花魁を近くで見ることができ、華やかな花魁に桜の花の背景で、素敵な写真が撮れそうです。

 

見どころがたくさんある静岡さくらまつりですが、3日間という短期間の間にイベントがな目白押しのため、例年とても混雑します。

車で行く場合は特に注意が必要です。

 

静岡まつり2018の駐車場はどこ?

例年大混雑となる静岡まつり2018ですが、JR静岡駅付近には無料駐車場はありません。

 

自治体が管理している大規模駐車場や、静岡まつり用の臨時駐車場もないでので、会場付近の道路は車で大渋滞になります。

 

静岡まつりの期間中だからといって特別に駐車場の案内は出ていませんから、しっかり調べていかないと車を止められない、なんてことになります。

 

車で行く場合は

車で行く場合の駐車場は、デパートの駐車場か、コインパーキングです。

静岡駅前では松坂屋などのデパートが多く、その駐車場が利用できます。

 

交通規制もありますがデパートは駅前なので気を付けていけば迷うことはありません。

静岡駅付近はコインパーキングが充実していますが、静岡まつりは静岡駅北口で開催されるため、北口付近は特に混み合います。

 

混雑を避けるなら、駅付近は南口のコインパーキングの方が空いている確率が高いです。

 

かなり早めの時間に行かないと駐車場はすぐに埋まってしまいます。
そんなときは静岡駅とは逆の、中町の方でも探してみると空いているところがあるかもしれません。

 

電車との併用もあり

どうしても駐車場が見つからず車が停められないというときは、電車と併用して静岡まつり会場に向かう方法もあります。

 

JR東海道本線の隣の駅である安倍川駅、東静岡駅付近の駐車場に車を止め、一駅だけ電車に乗ればJR静岡駅に行けます。

 

静岡まつり会場付近は交通規制も厳しいので、電車と併用するほうが早く着くかもしれません。

 

スポンサーリンク

静岡まつりの交通規制情報!

出典:静岡新聞

※こちらの画像は2017年度の交通規制図です、2018年でも大きくは変わらないと思いますので参考までに。

 

静岡まつり2018は国道1号線沿いのJR静岡駅から御幸通りへと続く大規模なお祭りです。

 

屋台や出店が出るのはもちろん、夜桜乱舞や大御所花見行列など道路を使う催しが開催される時間は車両通行止めに。

 

その為、毎年静岡駅周辺は大規模な交通規制が敷かれます。

過去の交通規制を参考にまとめました。

歩行者用道路(14:00~20:00)
JR静岡駅から中町にかけての御幸通り

行列中のみ通行不可(14:00~16:30)
呉服町通り、七間町通り

歩行者用道路(12:00~17:30)
駿府城公園付近

駅前のパルコ・丸井・109などの商業施設付近も歩行者用道路になる為要注意です。

夜桜乱舞や大御所花見行列の催しがある通りは、その催しのときだけ歩行者用道路になり、夜間・早朝は車が通れます。

 

歩行者用道路は車が入れなくなるため、車で行く場合は避けて通りましょう。

 

駐車場を見つけたけど、交通規制で入れなかったら意味がありません。
過去の交通規制情報は公式HPからダウンロードできます。

 

静岡まつりの期間はお祭りに来るひとはもちろんですが、お花見に来る人も大勢います。

静岡で一、二を争う人の多さとなる日なので、車でのルートだけでなく駐車場に車を止めた後の道順も調べておいたほうがよさそうです。

 

夜桜乱舞の時間は?

静岡まつり2018は第40回目から市民参加により、夜桜乱舞が開催されるようになりました。

 

夜桜乱舞とは、課題曲を静岡駅前の通りを約1万人の参加者が舞い踊る、大規模な市民総踊り。

この夜桜乱舞、静岡まつり公式サイトから独立したサイトもあるくらい人気がある静岡まつりの顔ともいえる催しです。

 

日本舞踊やジャズといったいろいろな踊りのスタイルがあり、見ているだけで楽しめます。

今年の夜桜乱舞は「総祭り」「城下さくら踊り」の二日間で、時間帯や内容が今年リニューアルされます。

夜桜乱舞は3月31日と4月1日の2回

夜桜乱舞 総祭り
日程:3月31日(土)
時間:17:00~20:00

会場は御幸会場(JR静岡駅前から江川町交差点)と追手町会場(江川町交差点から中町交差点)です。

 

夜桜乱舞 城下さくら踊り
日程:4月1日(日)
時間:15:30~17:15

会場は御幸会場(JR静岡駅前から江川町交差点)です。

 

夜桜乱舞に参加もできる!?

ちなみにこの夜桜乱舞、グループでなくてもひとり参加もできます。
毎年公式練習会が開催されており、練習曲が踊れます。

 

ひとり参加料は300円、1チーム8人以上のチーム登録料3000円です。

静岡まつりHPより申込書をダウンロードし、実行委員会事務局まで郵送すれば登録できます。

 

締め切りは1月26日までですので、気になった方は応募してみてはいかがでしょうか。

 

公式練習会の日程は2月3日、7日、11日、17日、28日、3月は4日、10日、14日、18日、24日です。

 

総踊りの日にはコンテストも

3月31日の総踊りの日では日中に夜桜乱舞コンテストも実施されます。

 

ステージ形式の夜桜乱舞コンテストは、チームのオリジナリティを表現しながら、基本の振り付けを静岡まつりにふさわしい演武で表現するというもの。

静岡魂がほとばしる、熱気あふれるステージです。

 

大勢で踊る静岡駅前通りの夜桜乱舞とはまた違い、本格的なステージが楽しめます。

一粒で二度おいしい、夜桜乱舞は桜舞うこの時期にぴったりの静岡まつりならではの踊りです。

 

まとめ

大御所花見行列に、駿府登城行列、夜桜乱舞と見どころ盛りだくさんの静岡まつり2018。

日程を見てみると30日が催しも少なく、出店を楽しむだけという方にはおすすめです。

 

せっかくなのでいろんなイベントを見たい、という方は3月31日か4月1日が一番盛り上がります。

 

大規模なお祭りながら、駐車場がなく交通規制が厳しいので車で行く人は要注意です。

車で行く場合は事前に情報をチェックしてから行くといいですね。

 

次によく読まれている記事はこちら↓

 

桜の名所特集はこちら↓

スポンサーリンク