大宮公園桜祭り2018の見頃や開花状況|ライトアップ時間や駐車場

明治18年に「氷川公園」として誕生し、県営公園の中では最も古く、その敷地の広さとソメイヨシノやしだれ桜、サトザクラなど約1000本の咲き乱れた桜が有名です。

 

中でも樹齢100年を超す赤松が約1000本以上もあり、桜と織り成すコントラストは癒される景観でもあります。

 

他にも大宮第二公園、第三公園とあり、第二公園にも桜が咲いているそうです。

 

大宮公園では桜守ボランティアという桜が好きな方に集まってもらい、維持管理や活性化など積極的に

その景色が次世代に続くようにと活動しています。

 

埼玉県内で有名であるのが「氷川神社」。

 

その神社も隣接されており、花見をしてお参りする方も多いとのこと。

 

さくらの名所100選にも選ばれており、お花見シーズンだけで13万人の方が来られるそうです。

 

そんな自然あふれる大宮公園の桜や、2018年の開花状況や見頃などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大宮公園の桜祭り2018の見頃や開花状況(予測と過去のデータ)

 

昨年度、2017年の開花状況は3月25日頃でした。

 

3月23日辺りにはちらほら咲いていたそうなので、2018年の開花は「3月下旬」になると思います。

 

開花状況に伴い見頃は「3月下旬~4月上旬」。

 

開花されてから他の地域のサクラと違い見頃が少し遅いので、5日~7日後を目安に訪れるのがいいのかもしれません。

満開の見頃はいつ?

 

開花が3月下旬頃なのでそこから一週間位見れば丁度満開になるかもしれません。

 

満開時期:4月上旬

樹木の個体差や気温での変動もあるので、お出かけになるのであれば、4月の第一週目の週末が見頃かもしれません。

大宮公園の桜祭りの見どころ

 

なんと言っても一押しは「赤松と桜の織り成す水辺」の風景。

 

さいたま市民の方々でその景観を維持されているだけあり、ほんわかと心温まる景色が眺められます。

 

ベンチに座り、その景色を楽しみつつ池に映るサクラも是非見て頂きたいです。

 

ソメイヨシノに囲まれながら空を覆うほどの大きさがある「しだれ桜」

 

その大きさは圧巻で、思わず時間が止まりそうになる位の魅力があります。

 

メインである大宮公園のお隣にある「第二公園」

 

大宮公園は活気に溢れており、少し足を延ばせばゆっくりと散策できる道も整備されているので

桜並木を眺めながらのんびり楽しめます。

大宮公園の桜祭り2018のライトアップ時間

 

大宮公園桜祭りのライトアップは「日没~21時」までとなっています。

 

ちょうちんでライトアップされているのですが、どれも桜が立派なのでちょうちんの明かりが淡くなるそうです。

 

とても日中と違う幻想的な景色が堪能できるので夜も見るのをお勧めします。

大宮公園の桜祭り2018の屋台

 

桜に続いて見所なのが屋台。

 

大宮公園桜祭りの屋台はなんと100店舗ほど出店しているほどお祭り並みの規模です。

 

お子様から大人まで楽しみながら食べれる食べ物が揃っているので、お弁当など持参するのもという方にはピッタリかもしれません。

 

焼きそばやたこ焼きなど定番な物から、シシケバブやクレープなど、お祭りの時にしか見ない屋台も出ているそうなので、

花より団子になってしまいそうになる位の賑やかさです。

 

勿論レジャーシートを敷いてお花見が出来るので、屋台を見る前に場所を確保したほうがいいかもしれません。

 

敷地内は火気厳禁、ゴミはお持ち帰り、無人の場所取りは禁止なので、気を付けてください。

トイレの場所

出典:埼玉県

大宮公園内のトイレは全部で8カ所。

 

・西駐車場

・埼玉百年の森付近

・貞明皇后陛下の記念碑付近

・氷川神社西駐車場の上付近

・氷川神社の上にある売店付近

・日本庭園付近

・児童遊園地付近

・東駐車場付近

 

以上8カ所に設置されています。

 

隣接されている第二公園にも7カ所ほど設置されているので、待ち時間が長そうな場合は隣の第二公園に行くのもありかもしれません。

大宮公園桜祭りへのアクセスや駐車場

大変混雑が予想されますので、公共交通機関を利用するのがお勧めです。

 

例年通りですと、午前10時には満車になるそうなので、車でのご利用の際は早めに着くようにした方がいいかもしれないです。

スポンサーリンク

電車でのアクセス

 

・JR「大宮駅東口」から徒歩ですと約20分ほど。

 

バスの場合は2種類あり、東口から国際興業バス「導守循環 寿能回り(大15)」で約10分。

 

もう一つは東武バス「吉野町車庫(大47)」で約10分。

 

どちらも「大宮サッカー場前」で下車。

 

バスは運行本数が少ないので予め確認をしてご利用ください。

 

・大宮駅から乗り換えで東武アーバンクライン(旧:東武野田線)

 

「北大宮」か「大宮公園」からどちらでも降りて徒歩約7分ほどで着きます。

車でのアクセス

 

産業道路(川口上尾線)の「堀の内」交差点より北へ、「大宮公園入口」のT字路交差点を左折してすぐにあります。

 

駐車場の場所や料金

 

大宮公園の駐車場は2カ所。利用料金はどれも無料です。

 

・大宮公園東駐車場 271台

「大宮公園入口交差点」の前にあります。

 

・大宮公園西駐車場 43台

こちらは東駐車場の間反対側(線路側)の「大宮公園体育館」の前にあります。

 

大宮公園事務局 電話番号:048-641-6391

 

混雑時は「大宮第二公園、第三公園」の駐車場も利用できます。

 

第二、第三公園は3カ所(319台)駐車場があり、混雑時は更に開放されるそうですが、

詳しくは「大宮第二・第三公園管理事務局」に問い合わせた方がいいかもしれません。

 

管理事務局 電話番号:048-642-2228

大宮公園桜祭り周辺のおすすめ観光スポット

 

大宮公園以外にも楽しめる所があり、魅力的な所が多いです。

鉄道博物館

 

お子様から大人まで楽しめる電車好きには堪らない場所です。

 

期間限定で運転席、車内の開放があるので、今では見れない車両の内装を見る事が出来ます。

大宮公園小動物園

 

大宮公園内にある入場料が無料の施設。

 

動物と触れ合えるのでお子様に大人気の施設になっています。

武蔵一宮氷川神社

 

こちらも大宮公園の敷地内にあり、上記で取り上げた神社になります。

 

何でもパワースポットだそうで、毎年欠かさずお参りに来られる方が多いそうです。

 

荒川流域にある「氷川神社」と呼ばれる神社の総本社になり、その歴史も古く2400年前に創建された由緒ある神社になります。

 

桜を眺めて神社でパワーを貰うというとても良い日になるかもしれません。

まとめ

 

2018年の大宮公園桜祭りの開花状況や見頃などご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

ただの公園ではなく、大変重き良き風情のある場所で、公園内にある神社も、

明治天皇がいらっしゃったとされるお話もあるほど素晴らしい所になっております。

 

ここで以下に要点をまとめてみます。

 

・ソメイヨシノやしだれ桜などが約1000本咲く、「さくら100選」に選ばれた公園

・2018年の開花は「3月下旬頃」

・2018年の満開時期は「4月上旬頃」

・「赤松と桜が織り成す水辺」「しだれ桜」「第二公園」が見どころ

・ライトアップは「日没~21時頃」まで

・100店舗ほどという大きい規模の屋台が出店している

・大宮公園内のトイレは8カ所に設置されている

・交通のアクセスは「バスは本数が少ない」「車も午前10時で満車」なので注意

・駐車場は大宮公園、第二第三公園共に無料

 

上記こんな感じになっております。

 

以前は赤松と桜がメインで植えられている「ボート池」でボートに乗れたそうですが、

今は撤廃してしまい、乗れなくなっているそうです。

 

ですがボランティアの方々と協力して力を入れているだけあり、池に映るその桜と赤松のコントラストは圧巻し、癒されると思います。

 

大宮公園桜祭りで存分に癒された後に、パワースポットよ呼ばれる「氷川神社」でお参りをし、

十分満喫できる花見になるかもしれません。

 

是非この機会に大宮公園の桜を見に訪れてはいかがでしょうか。

 

遠方からお越しの方は日帰りも大変ですよね。

「せっかくなら泊りで行きたいな」という方は、周辺のホテルは早めにチェックしておきましょう!

下記に周辺のホテルをまとめておきました。

>>【楽天トラベル】大宮公園周辺のおすすめホテル一覧

 

次によく読まれている記事はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。