宮島水中花火大会交通規制

こちらでは、今年8月に開催される

「宮島水中花火大会2018年」について詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

宮島水中花火大会2018年の日程

2018年8月25日(土)

 

打ち上げ開始時間は何時から?プログラム情報

こちらでは宮島水中花火大会2018年の打ち上げ開始時間とプログラムに関しての情報をご紹介します。

 

打ち上げ開始時間

19:00~20:30

※打ち上げ開始時間なんですが毎年開催時間が違いますので(例年10分繰り下げられています)お間違えのないように確認ください。

 

花火大会プログラム情報

宮島水中花火大会当日は、約5000発(そのうち水中花火150発・尺玉30㎝100発を含む)もの花火が夜空に打ち上げられる予定となっております。

 

単発もの、スターマイン、UFO、型物など皆さんが普段の花火大会で見慣れている花火から

バラエティにとんだ珍しい花火まで準備されておりますのでひと時も目が離せません。

その中でも一番の見せ場といわれている花火は本大会の名前にも使われている水中花火です。

 

30㎝もある水中尺玉を100発も鑑賞する事ができるのは宮島水中花火大会だけといわれておりますのでお見逃しなく!

 

天気が雨天で中止や変更の可能性は?

花火大会に行った際、もし天気が雨天の場合中止になるの開催日が変更になるのか気になりますよね。

確認したところ花火大会当日、雨天の場合は別日に変更になります。

雨天の場合の変更日
2018年9月1日(土)

 

宮島水中花火大会2018年の交通規制や通行止め

宮島水中花火大会開催時、例年会場付近では交通規制や通行止めが実施されており今回開催される

「宮島水中花火大会2018年」でも実施予定となっております。

 

場所は宮島側と本土側の二カ所なのですが交通規制・通行止め時間はそれぞれ異なります。

出典:ホテル宮島別荘

  • 宮島側→17:30~0:00頃まで
  • 本土側→16:00~21:00頃まで※国道2号線~宮島口桟橋区間は車両通行止めです。

このような時間帯で実施予定となっているのですが、当日の混雑状況によっては多少終了時刻がずれる可能性もありますので

当日会場にいる警備員や係の方の指示に従うようにしてください。

 

どこが混雑してる?渋滞予測

宮島水中花火大会へはじめて行く方は特に当日会場でどのくらい混雑・渋滞するのかわからず心配ですよね。

そこで例年の混雑・渋滞状況をご紹介します。

 

花火大会帰り道は大混雑!

どこの花火大会もそうなんですが行き道に関してはそれぞれの会場まで行く時間帯が異なりますのでそこまで混雑・渋滞は気にならないですよね。

しかし、花火大会会場から帰宅する時は、花火大会終了後観覧者達が一斉に動き出しますので混雑は避けられません。

 

特に観覧するために宮島に渡った場合の混雑ぶりは半端ないといわれております。

 

宮島へ行く為には船に乗っていくのですが、帰宅時船に乗るまでに一時間以上かかりさらに本土に降り立ち電車にのるのに約30分はかかります。

 

遠方からきている方などは特に花火大会終了を待たず早めに行動する事をお勧めします。

 

車の渋滞状況は?

車の渋滞は例年昼過ぎからはじまるといわれております。

 

かなりスローな速度でしか進めないため花火大会開始時刻に間に合わなくなる可能性もありますので

宮島水中花火大会2018年の会場へ車で行く予定にされている方はできる限り公共交通機関を利用して行く方法をお勧めします。

 

スポンサーリンク

穴場の駐車場はどこ?

先ほどご紹介したように会場へ向かう車の渋滞は昼頃からはじまりますので車でアクセスする事はおすすめしておりません。

 

ちなみに宮島口付近に約15カ所くらい駐車場はあるのですが例年午前中には満車になっており、

花火大会開始時刻が近づくにつれ花火大会会場付近はとてもじゃないけど近寄れません。

 

しかし、中には遠方から来場するなど車が必須の方もいらっしゃいますよね。

 

その場合、穴場として廿日市の方面のコインパーキングなどを利用するとそこまで混雑しておりませんので

そちらに駐車、その後市電を利用して宮島口まで行くとスムーズです。

 

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

宮島水中花火大会2018年の有料観覧指定席

宮島水中花火大会では花火大会のタイトルになっているとおり水中花火が目玉の花火大会になっているため

この水中花火を一目みようと県外からも多くの観覧者が押し寄せます。

 

その影響により場所取りなどに関して毎年非常に苦労するという声がきかれます。

そこで2018年宮島水中花火大会をゆっくりと堪能したいという方には先ほどご紹介した有料観覧指定席をお勧めします♪

 

この有料観覧指定席は例年防波堤沿い緑地に設けられますので、ここでは有料観覧指定席の価格や予約方法をご案内します。

 

価格

1名:5,000円

※一回の申し込みは最大6名様までなので大人数で行く予定の方は気を付けてください。

 

予約方法

2018年7月1日より電話で仮予約

電話仮予約後、郵便振替・現金書留等にて入金

予約完了

 

予約申込み場所

宮島観光協会内・宮島水中花火大会実行委員会
(電話番号)0829-44-2011

 

バスツアー情報や予約方法

宮島水中花火大会2018年開催にあたり、各旅行会社ではバスツアーなども準備されるんですよ。

予約方法に関しては各旅行会社によって異なりますので気になる方は各会社に問い合わせしてみてくださいね。

 

広島港宇品から楽しむ遊覧船クルーズ

先ほど、宮島水中花火大会2018開催にあたり有料観覧指定が準備されるとご案内しましたが実はそれだけではないんです。

なんと船上から優雅に花火大会を鑑賞する事ができるのです。

 

ここでは広島港宇品から楽しむ遊覧船クルーズについて予約方法などの情報をご紹介します。

 

遊覧船クルーズとは?

宮島水中花火大会開催にあたり毎年数多くの遊覧船が広島港宇品海上に出現するのですが、

これは各旅行会社が専用貸し切り遊覧船、その他個人の所有の小型船を使用しているため水面でも軽く渋滞が起きているんですよ。

 

しかし、陸地の渋滞状況と比べるとはるかに船上のほうが快適という事で毎年多くの方が

各旅行会社のツアーに組まれている遊覧船クルーズで水中花火大会を楽しんでおります。

 

ちなみにこちらも各旅行会社により当然予約方法も値段も変わってきます。

 

特に人気の旅行会社を2つご紹介しますのでぜひご検討ください。

 

予約方法

瀬戸内海汽船トラベルサービス TEL:082₋545₋5501

広島ベイクルーズ銀河 TEL:082‐255-3344

 

宮島水中花火大会の歴史的建造物

宮島水中花火大会が開催される宮島は世界文化遺産に認定されているという事をご存知ですか?

 

この素晴らしい宮島にて開催される水中花火大会は、水中花火船から海の中に投げ込まれた水中花火が

大音響と一緒に炸裂するところが大きな特徴となっております。

 

花火が炸裂する際、宮古島の歴史的建造物である朱の大鳥居、また嚴島神社の社殿をおとぎ話にでてくるくらい幻想的な世界にさせるんですよ。

 

宮島の歴史的建造物と花火の組み合わせが最高のロケーションだという事で多くの写真愛好家より

日本花火百景のトップクラスにランクインされているくらいなんです。

 

この事から宮島水中花火大会を見に来た方の中にはカメラを片手に観覧している方も非常に多くいらっしゃいます。

 

昼間と夜の宮島ではまた違った雰囲気を感じる事ができますので、宮島水中花火大会をみに行った際は、

水中花火と宮古島の歴史的建造物セットでご覧ください。

また土産話の一つにカメラで撮影するのもいいかもしれませんね♪

 

関連記事

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク