七五三のお参りを平日にすると寂しい?学校を休むのはあり?

11月15日は七五三のお祝いの日!

 

ということで祝日の前後
10月から11月の間は

神社がとても賑わいます。

 

この神社へのお参りなのですが

お父さんお母さんが都合のいい日が
平日しかなかった場合

どうしたらいいかとお悩みになる
ご家族もいらっしゃると思います。

 

休日は神社が混み過ぎて参拝も
まともにできそうにないので

あえて平日を選ぶ方も
いるかもしれませんが

 

そうなると

気になるのが主役の子どもの学校。

 

7歳になる女の子も
七五三お祝いの対象なのですが

七五三のために授業を
休んでいいものなのか

悩みますよね(;ω;)

 

他の同級生が休日に七五三をする場合
お友達と一緒にいれず

子どもは寂しい思いを
してしまうのではないか?

と心配される親御さんもいるはず。

 

今回はそんな疑問を抱えた方のために

七五三のお参りの日について
お話していきたいと思います。

スポンサーリンク

七五三は休日にしなければいけない?

 

七五三のお参りの日程についてですが

10月から11月が
参拝シーズンというだけで

特に決まりはありません。

 

大事なのは子どもの成長を
お祝いする気持ち。

 

心がこもっていれば

お参りはどこにいつ
行ったっていいんです。

 

厳密には江戸時代から

11月15日が正式な七五三の
お祝いの日とされているようですが

時代がすすむにつれて
風習もどんどん変わってきました。

 

最近ではお参りせずに

子どもの着物や記念撮影をメインに
される家族もいるみたいです(`・ω・´)b

 

ちょっと前までは神主さんに
御祈願をお願いして

親戚一同で食事会まで行うのが
当たり前だったかもしれませんね。

 

現在の七五三はとってもラフなので

そこまでかしこまる必要はありません。

 

絶対に休日でないといけない
わけでもないし

極端な話

お参りしなくてはいけない
わけでもないんです。

 

でもやっぱり七五三をするからには
記念撮影だけでは物足りない…

そう感じる方も沢山います。

 

思い出として写真に残すのも
勿論いいのですが

やっぱり子どものこれからの成長を祈って

神主さんに御祈願のお願いは
したいですよね。

 

子どもの授業がある平日に七五三をする場合

 

神主さんに御祈願のお願いをする際

神社によっては予約が必要です。

 

お父さんお母さんのお仕事の都合もあり

平日にしか時間が取れない!
という場合も大いにあり得ます。

 

そんな時子どもの授業の方が
気になりますが

学校にはちゃんと前もって
欠席することを伝えておきましょう。

 

勉強嫌いのお子さんならもしかしたら

「わーい学校休める!」

なんて喜んでくれるかも
しれませんね(笑)

 

でも反対に

みんなに会えなくて寂しいと感じる
お子さんもいたりして…

そうなったら心優しい
お父さんお母さんは頭を悩ませます。

 

子どものためにお祈りしに行くはずが
子どもに寂しい思いをさせてしまう…

なんて(T^T)

子どもが寂しい思いをしないためにできること

 

学校嫌いの子どももいれば

学校が大好きで毎日友達と会いたい
子どももいますよね。

 

特に7歳の頃だと授業にも慣れて
友達も増えるでしょうから

学校が楽しくて仕方ないという
お子さんも多いかもしれません。

 

平日に学校を休むことになるかも
しれないなんて子どもに伝えたら

一瞬顔が曇ったりして…(▼Д▼;)

 

そんな時は

「本当に平日にお参りして
学校を休んでもいいんだろうか」

と心配になりますよね。

 

そこで

お参りの日程を決めてしまう前に
親のできることとは何か

以下お話していきます。

 

スポンサーリンク

1.同級生のお友達の情報を知る

 

同級生のお友達も
七五三に参加する場合

できれば一緒に
お参りしたいですよね(*∪ω∪)

 

もしもお友達の家庭も平日の同じ日に
時間が取れる場合

グループで七五三に参加できたら

普段の学校とはまた別の楽しい時間を
満喫できるかもしれません。

 

しかしお友達が休日に参加するなら
ちょっと考え物。

 

お子さんがどうしても学校を休むのを
嫌がっている場合は

無理に七五三のお参りをする
必要はありません。

 

主役のお子さんにとって

一番幸せになるような選択を
心がけてくださいね。

 

2.七五三シーズンを過ぎてもよければ休日に

 

10月11月は
お父さんお母さんの都合が合わず

どうしても平日でなければ
時間が取れない…という場合。

 

前述にもあった通り

その月でないと絶対にダメ!
というわけではありません。

 

むしろ10月11月は混雑が予想されるので

あえて9月や12月など
時期をずらしてゆったりお参りする

というのも手です。

 

着物のレンタルや
写真館での写真撮影も

前もって予約しておけば大丈夫なので

別の月に予定を立ててみるのは
いかがでしょうか。

 

七五三で重要なのは参拝する日程よりも

お祝いする気持ちや
お子さんの楽しめる環境づくりです。

 

せっかくのお祝い事なので

みんなにとって素敵な一日に
なるように考えたいところ(`-ω-´)

まとめ

 

今回は七五三の平日の
お参りについてお話しました。

 

最近の七五三は結構ラフなので

平日にお参りするのもOKです。

 

その時は学校に忘れずに
連絡を入れてくださいね!

 

ただ学校を休むことで
お子さんが寂しいと感じる場合は

考え直した方がいいのかも(×ω×)

 

お子さんのために日程にとらわれず

「ラフになったお祝い行事」
というメリットを活かして

 

七五三シーズンとかけ離れた時期に
お参りしてしまうというのも

わたしはありかなと思います。

 

やっぱり大事なのは風習よりも
気持ちだと感じるので…

 

七五三のお参り日程が
まだ決まっていない場合は

この記事を参考にもう一度
家族で話し合ってみてくださいね。

 

次の記事はこちら↓

→七五三忘れてたっ!いつまでにお参りすればいい?

 

七五三特集はこちら↓

七五三特集

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。