岡崎公園桜祭り2018の見頃や開花状況|ライトアップ時間や駐車場

愛知県岡崎市にある、岡崎城の跡を整備した史跡公園である岡崎公園。

 

岡崎城はかつて戦国時代の大名、江戸幕府を開いた徳川家康が生まれた城として有名であり、

岡崎公園内には復元された天守閣がそびえたっています。

 

そんな歴史ある観光スポットとしても人気の岡崎公園には、春の季節になると美しい桜が盛大に咲き誇り、

愛知県県で一番人気のあるお花見スポットとしても大変有名です。

 

毎年桜の見頃の時期には「岡崎の桜まつり」が開かれ、今年2018年も3月29日(木)~4月13日(金)に開催される予定となっています。

 

そんな岡崎公園の桜について、見頃や開花の予測や、見どころ、またライトアップについてや屋台の出店状況、

岡崎公園へのアクセス方法や駐車場について詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

岡崎公園の桜2018の見頃や開花状況(予測と過去のデータ)

 

今年2018年の岡崎公園の桜の開花や見頃はいつになるのでしょうか。

 

例年の開花や見頃の時期や、過去のデータから予測してみました。

 

満開の見頃はいつ?

岡崎公園内には約420本ものソメイヨシノがあり、岡崎公園周辺の乙川と伊賀川堤を合わせると、

なんと約800本もの桜が一帯を埋め尽くすようにして美しく咲き誇ります。

 

岡崎公園の桜の例年の見頃は3月下旬から4月中旬となっています。

 

過去の開花と見頃のデータによると、

・2017年 開花:3月30日 満開:4月8日 散り始め:4月7日

・2016年 開花:3月22日 満開:4月2日 散り始め:4月4日

・2015年 開花:3月25日 満開:4月1日 散り始め:4月4日

 

となっていて、2016年は冬の気温が高い暖冬だったためか3月の22日には開花をしています。

 

今年2018年の愛知県の、冬の気温の長期予報によると、平年よりやや気温低いとのことなので、

3月の終わり近くに開花が始まると予測されます。

 

満開となるのは開花から5日から6日後ですので、4月の第1週目には満開の見頃を迎えるでしょう。

 

特に桜の花は2月の気温に左右されやすく、2月が寒いそうなので、今年2018年は平年に比べると、やや開花が遅くなりそうですね。

 

しかし、あくまでも天気予報の気温予想からの予測ですので、暖かい気温が続くと開花も早まる可能性があります。

 

岡崎公園の桜の開花宣言が大変待ち遠しいですね。

 

今年2018年の、岡崎公園の桜祭りは開催が3月29日開始の予定となっていますので、お祭りにはなんとか見頃を迎えてほしいものです。

 

岡崎公園桜祭りの見どころ

 

岡崎公園の桜は園内のいたるところで咲き、園内のどこでもきれいな桜を楽しむことができますが、

特に美しく桜の映える見どころは、岡崎公園の周りを流れる伊賀川と乙川の桜並木です。

 

岡崎公園へと向かう際に通るこれらの川沿いには、両岸にきれいな桜が立ち並んでいて、撮影スポットとしても人気のある眺めであります。

 

枝を大きく広げた桜の木が川道沿いまで覆い、まるで桜のトンネルのように川沿いに咲き並んでいて、

さらに対岸から見える桜とその先の岡崎城天守閣の眺めは絶景で、なんとも贅沢な桜並木となっています。

 

ぜひ岡崎公園の桜を見に行った際には、この川沿いの桜並木の桜のトンネルと

対岸から見る桜と岡崎城天守閣とのコラボレーションを満喫してくださいね。

 

岡崎公園桜祭り2018のライトアップ時間

 

岡崎公園では、桜の見頃の季節には夜になると桜のライトアップが行われ、美しい夜桜を堪能することがます。

 

この岡崎公園の夜桜のライトアップは、全国でも大変美しいと絶賛されており、東海地方一美しいと大変人気があるのです。

 

ライトアップ時間は18:00から22:00まで行われ、桜祭りの期間中毎日夜桜を楽しむことができます。

 

昼間の岡崎公園の桜も美しいですが、実はこの夜桜のライトアップが一番のメインとも言われています。

 

提灯によってライトアップされた夜桜は、赤い灯りと桜のピンクが美しく映え、また周辺を流れる伊賀川と乙川、

お堀の水面に逆さに映る岡崎城の天守閣とのその美しい夜桜はまさに幻想的であり、毎年多くの人に感動を与えています。

 

東海一といわれるのも納得の美しさである、岡崎公園のライトアップされた夜桜は必見ですよ。

 

岡崎公園桜祭り2018の屋台

 

岡崎公園の桜祭りの期間中には、多くの出店が出店されます。

 

岡崎公園内と、乙川の河川敷になんと150店以上もの出店が立ち並び、色んな種類の美味しい食べ物を食べながらお花見を満喫することができます。

 

岡崎公園の桜はやはり夜桜がメインとなっているため、屋台も夜に多く開店しています。

 

夜桜を堪能しながら屋台を楽しむのはまさにお花見の醍醐味ですね、また岡崎公園内には日本料理や郷土料理、甘味処などの飲食店もあります。

 

おすすめは、岡崎の郷土料理を堪能できる「いちかわ」

 

岡崎名物の八丁味噌を使った田楽やみそかつが評判の郷土料理のお店で、

桜の時期には窓際のから美しい桜を見ながら食事をすることができます。

 

また、徳川家康パフェというオリジナルデザートも人気があり、是非ともおすすめしたいメニューです。

 

営業時間は11:00~夕方まで、定休日は水曜日となっていますが、お祭り期間中は変動しますので要チェックですよ。

 

スポンサーリンク

トイレの場所

岡崎公園にはトイレが7カ所設置されています。

 

詳しい場所については、以下の案内図を参考にしてくださいね。

 

出典:ハテ?なる!

 

また、桜祭りの期間中には仮設トイレも設置されるので、公園内でお手洗いに困ることはないので安心してください。

 

岡崎公園桜祭りへのアクセスや駐車場

岡崎公園へのアクセス方法や、駐車場の情報について紹介します。

 

電車でのアクセス

名鉄名古屋本線の東岡崎駅から徒歩で約15分、愛知環状鉄道中岡崎駅から徒歩で約15分です。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

各駅から徒歩15分と少々遠いですが、ぜひ岡崎公園周りの川沿いの桜並木を楽しみながら岡崎公園を目指してきてくださいね。

 

車でのアクセス

東名高速岡崎ICから国道1号線を経由約10分です。

>>NAVITIMEの自動車ルート検索

 

お車でのアクセスの際は、かなりの混雑が起こりますので渋滞を覚悟したほうがよさそうです。

 

特に岡崎公園の桜は、夜のライトアップされた夜桜は大変人気ですので、

夜に行く際にはお車でのアクセスは避け、公共機関の利用をおすすめします。

 

駐車場の場所や料金

岡崎公園周辺の駐車場は、公園すぐ近くに市営の有料駐車場が2カ所、

また少々公園からは遠くなりますが無料の駐車場が2カ所あります。

 

市営の有料駐車場(岡崎公園すぐそば)

市営岡崎公園駐車場

・駐車可能台数:150台

・駐車料金:7:00~22:00 30分/100円、22:00~7:00 30分/50円

・駐車利用時間:24時間

 

市営篭田公園地下駐車場

・駐車可能台数:210台

・駐車料金:7:00~22:00 30分/100円、22:00~7:00 30分/50円

・駐車利用時間:24時間

 

無料の駐車場(岡崎公園まで徒歩15分圏内)

明神橋下テニスコート

・駐車可能台数:200台

・駐車利用時間:9:00~22:00

・岡崎公園まで徒歩約15分

 

明神橋公園(臨時駐車場)

・駐車可能台数:350台

・駐車利用時間:9:00~22:00

・岡崎公園まで徒歩約10分

 

この4つの駐車場が主な駐車場として利用されて、合計の駐車可能台数はなんと910台もあります。

 

しかし、桜祭りの期間中には、大変混み合い、特に土日や夜の桜のライトアップ時間帯は満車で駐車できない場合があります。

 

やはり、公共機関の利用が無難です。

 

まとめ

 

岡崎公園の桜について紹介してきましたがいかがでしたか?

 

愛知県内で第1位を誇るお花見スポットであり、年間なんと約60万人ものお花見客でにぎわう岡崎公園。

 

昼間は周辺の乙川や伊賀川の桜並木と、対岸から眺める歴史深い岡崎城の天守閣と盛大な桜のコラボレーションを楽しみ、

夜はちょうちんでライトアップされた夜桜と明るく照らされた天守閣との美しいコントラストに感動できる、

この上ない贅沢なお花見スポットですね。

 

屋台も充実していますし、満足すること間違いなしです。

 

ぜひ今年2018年、春の桜の見頃の季節には岡崎公園へと足をお運びください。

 

遠方からお越しの方は日帰りも大変ですよね、

「せっかくなら泊りで行きたいな」という方は、 周辺のホテルは早めにチェックしておきましょう!

>>【楽天トラベル】岡崎市周辺の人気ホテルランキング

 

次によく読まれている記事はこちら↓

 

桜の名所特集はこちら↓

日本全国おすすめの桜の名所2018|見頃や開花予想特集

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。