二本松市の桜まつりや名所|2018の開花状況や見頃はいつ?

「あなたの人生をすばらしい物語に」と市民の事を願っている二本松市は福島県中通りの北に位置する場所にあり、

歴史上では「智恵子抄」で詠まれた安達太良山と阿武隈川で知られている所です。

 

この二本松市は福島県を代表する城下町の一つとしても数えられており多くの観光資源をも有しており、

さらに二本松城は、日本100名城にも選定されている非常に日本でも歴史上で知名度の高い場所です。

 

今回はこの見どころ満載の二本松市の桜情報を中心に記事をまとめていきたいと思います。

 

2018年の開花予想を例年の開花情報のデーターを元にご紹介するのですが、

この桜の見頃の時期にはぜひ訪れてほしい桜の名所についても合わせてご紹介したいと思いますので、

お花見に行く予定にされている方はぜひ参考までにごらんください。

 

スポンサーリンク

二本松市の桜2018の見頃や開花予想

2018年の開花予想を例年の開花情報のデーターを元にご紹介するのですが、

気温や天候の影響によっても見頃の時期は若干変わりますので、あくまでも参考までにご覧ください。

 

満開の見頃はいつ?

例年の開花状況からいけば大体4月中旬~4月後半です。

 

全国の桜の2018年の開花予報では例年通り開花するという事が発表されておりますので、

おそらくポカポカ陽気の日にお花見をすることができるのではないでしょうか。

 

二本松市の桜の名所

桜の見頃の時期にはぜひとも訪れてほしい二本松市の桜の名所、またその名所に行くためのアクセス方法や

桜を見に行った方の口コミについてもご紹介しますので、場所を決めかねている方などもぜひ参考までにごらんください。

 

スポンサーリンク

霞ヶ城の桜

霞ヶ城は応永21年に畠山満康氏が築城し、さらには居城でもありました。

 

しかし江戸時代に起きた「戊辰戦争」で落城してしまい焼矢跡は昭和24年に県立霞ヶ城公園として開設されたんです。

 

そして今現在霞ヶ城公園にはソメイヨシノをはじめとする約400本の桜が見頃の時期に花開き、

この桜を一目見ようお多くのお花見客でにぎわうんですよ。

 

また公園内は段上でできておりみなさん段上になた場所にレジャーシートなどを広げお花見を楽しむのですが

この段上となった園路を登っていくと復元された本丸石石垣があるんですよ。

 

この本丸石垣も歴史上非常に見ごたえがありますのでぜひお花見に行かれる際はぜひご覧ください。

 

また見頃の季節には毎年約一か月間桜祭りというものが行われ、なんと県外からも観光客が桜見物に訪れるんですよ。

 

この時期には夜の桜のライトアップもされるのでぜひ昼間とは違った夜の顔の桜をお楽しみください。

 

霞ヶ城の桜へのアクセス

(電車で行く方)

JR日本舞う駅から預保20分です。

 

(車で行かれる場合)

東北道二本松ICより県道355号を経由して約5分です。

※車で来られ方は霞ヶ城公園の駐車場がありますのでそちらにおとめください。

(駐車料金無料で500台収容できます。)

 

霞ヶ城の桜の口コミ

ゆかりちゃん
桜祭り開催中に遊びにいきましたが本当に風情があるお城でした。一筆啓上茶屋という所があって休憩もでき充実した時間を過ごすことができました。
本村
おすすめのビューポイントがあります。それは丸岡城天守閣から見る公園の桜です。また夜はあかりの中に浮かぶ4桜は本当に幻想的できれいですよ。

 

合戦場のしだれ桜

合戦場のしだれ桜なんですが名の通り見事なしだれ桜ですが、このしだれ桜は三春滝桜の孫桜であり、近くには親桜の「福田寺の糸桜」もあるんですよ。

 

なんと樹齢170年の合戦場の桜は樹勢が非常にあり毎年豊かな桜の花を咲かせているんです。

 

またこの桜を取り囲むように周囲には菜の花が綺麗に咲き乱れ黄色とピンク・・・

なんともいえないコラボレーションが非常に美しいんです。

 

近くでみるのもいいのですがぜがひとも離れた場所からこの光景を写真にとることをおすすめします。

 

合戦場のしだれ桜へのアクセス

(電車で行く場合)

二本松駅よりタクシーで30分です。

 

(車で行く場合)

①二本松ICより車で25分(東北自動車道よりR4→R459に乗り換えて浪江方面を目指してください。)

②三春船ICより車で30分(磐越自動車道よりR288から船引方面を目指しR349に乗り換えて川俣方面を目指してください。)

 

合戦場のしだれ桜の口コミ

いちご30
合戦場のしだれ桜は菜の花と青空のコントラストで写真にとると非常に絵になりますよ。駐車場もあり屋台近くにでますのでおいしいものが食べれますよ。土日は混んでいるのでできたら平日行くことをお勧めします。
卓也
まだ満開ではなかったのですが合戦場の桜堂々と咲いておりお見事でした、そして歴史を感じる場所でもありました。また来年ぜひ行きます。

 

塩ノ崎の大桜

塩ノ崎の大佐倉は亨保年間(1716年~1736年)に作成された絵図面にはすでに桜が記録されていたくらい非常に歴史の古い桜の木なんですよ。

 

地上1mのところで三枝に分かれて東西南北各20mに均衝のとれた美しい桜となっており、

福島県指定の天然記念物ともされているのです。

 

毎年桜の見頃の時期になると県外からも見物客が訪れるくらい人気な桜の名所となっております。

 

塩ノ崎の大桜へのアクセス

※二本松市の隣の本宮市にあります。

 

①JR東北本線本宮駅より車で20分です。

②東北自動車道 本宮ICより車で20分です。

 

塩ノ崎の大桜の口コミ

MAEDA
この大桜はとても立派であり見ごたえがあるのですが周辺に咲いているソメイヨシノと合わせてとてもきれいなさくら並木になっているんですよ。
名無し
推定樹齢600年のエドヒガン桜は見事な枝ぶりで優雅な佇まいで圧巻です。一度はぜひみてほしいです。

 

まとめ

今回は二本松市の桜情報を中心に記事をまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。

 

2018年の開花予想なのですが例年の開化状況からすると4月中旬から4月後半のようですね。

 

また今回は3カ所桜の名所をご紹介しましたが個人的には霞ヶ城の桜まつり楽しそうでぜひ行ってみたいと思いました。

 

夜間の桜のライトアップなんて非常に素敵ですよね。

 

2018年、いよいよもうすぐ桜の見頃の時期がきます、子どもから大人まで自分にあった方法で桜鑑賞をたのしんでみてくださいね。

 

遠方からお越しの方は日帰りも大変ですよね、

「せっかくなら泊りで行きたいな」という方は、 周辺のホテルは早めにチェックしておきましょう!

>>【楽天トラベル】二本松市周辺の人気ホテルランキング

 

次によく読まれている記事はこちら↓

 

桜の名所特集はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。