真駒内公園の桜2018の見頃や開花情報|場所や駐車場情報

北海道立真駒内公園は、1972年の札幌オリンピックのメイン会場となった公園です。

 

壮大な敷地の中に約1万3,200本もの樹木が植えられていて、自然の樹木も5万本あります。

 

桜の木も1,000本ほど植えられていて、北海道内屈指の桜の名所なんですよ。

 

真駒内公園の桜の見頃はいつなのか、2018年の開花情報とアクセス方法、駐車場のデータまで見てみましょう。

 

スポンサーリンク

真駒内公園の桜2018の見頃や開花状況(予測と過去のデータ)

真駒内公園には2種類の桜が植えられていてそれぞれ見頃が異なります。

 

例年、4月下旬からはエゾヤマサクラ、5月中旬からはヤエザクラを楽しむことが出来ますよ。

 

見頃の時期が異なるので長い期間桜が楽しめるのが嬉しいですね。

 

2018年の開花予想は5月3日となっており、これは少し例年より遅めの予想ですが、急に早まることがあるので注意してください。

 

満開の見頃はいつ?

だいたいゴールデンウイークの前半ごろに出かけると満開の桜を楽しむことが出来ます。

 

2018年の満開予想は5月6日で、だいたい10日頃までが見頃だと予想されています。

 

気温などによっても開花状況は変わってきますので、最新の情報をチェックしてくださいね。

 

真駒内公園の桜の見どころ

2種類の桜を楽しむことが出来る真駒内公園ですが、5月上旬になるとカタクリの花も見頃です。

 

真駒内公園には20~30万ものカタクリが自生しており、都市公園で自生しているカタクリの数は最大級だそうです。

 

桜だけでなくぜひ、カタクリの花も鑑賞してみてください。

 

また、真駒内公園には3kmの散策コースがあるのですが、散策コースに桜の木が植えられているので、

桜の時期に行くとピンクのコースになるのでとても素敵ですよ。

 

残念ながらライトアップはされていないのですが、24時間入場できる公園なので、朝日に照らされた桜の干渉が出来るというのも魅力です。

 

真駒内公園の桜2018の屋台

真駒内公園では桜祭りなどの開催はしておらず、残念ながら屋台の出店もないんです。

 

また、北海道のお花見スポットは火気使用可能でジンギスカンを楽しむ人が多いですが、こちらは火器の使用も禁止です。

 

ちょっと寂しい感じがするかもしれませんが、静かに桜を鑑賞したい人にはお勧めのスポットです。

 

売店もなく、周辺の飲食店なども少ないので真駒内公園でお花見をする際はお弁当を持って出かけるのがおすすめです。

 

トイレの場所

出典:SIMS LAB

トイレは公園内に8カ所あります。

 

バリアフリーのトイレもあるので安心ですが、公園内は広いので見かけたら利用しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

真駒内公園の場所や駐車場

実際に真駒内公園を訪れる際のアクセス方法や駐車場の情報を見てみましょう。

 

電車でのアクセス

電車で行く場合は真駒内駅からバスになります。

 

じょうてつバス南90、南95、南96、南97、南98、環96系統に乗って上町1丁目または真駒内競技場前で下車してください。

 

バス停からは徒歩5分ほどなのであまり歩かずに公園までいくことが出来ます。

 

もしくは、札幌市営地下鉄 南北線真駒内駅から徒歩30分で行くこともできます。

 

車でのアクセス

住所は北海道札幌市南区真駒内公園3-1、お問い合わせ電話番号は011-581-1961です。

 

道央自動車道札幌南ICから南七条米里通、国道453号線を通って真駒内方面へ12km進んだところにあります。

 

駐車場の場所や料金

公園内に約600台収容できる駐車場があり、平日は無料ですが4月29日から11月3日までの間土日祝日は1回320円です。

 

真駒内公園は札幌市街地からは少し離れているので、穴場のお花見スポットです。

 

桜の時期でも駐車場が混雑して停められないということは少ないので安心ですね。

 

公園は24時間入場可能ですが、駐車場は6:30から21:00までとなっていますので気を付けてください。

 

周辺のおすすめ観光スポット

真駒内公園から3キロほど行ったところに藻岩山という夜景スポットがあり、これは札幌市のほぼ中央に位置する山なので札幌市内を一望することが出来ますよ。

 

札幌市内から遠いですがわざわざ訪れる人も多い人気スポットです。

 

ケーブルカーを使って頂上まで行くことが出来、頂上からの景色は絶景ですのでぜひお花見の後に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

真駒内公園にはエゾヤマサクラとヤエザクラの2種類の桜は植えられていてそれぞれ見頃が異なります。

 

エゾヤマサクラは4月下旬から、ヤエザクラは5月中旬からが見頃となっています。

 

真駒内公園では桜祭りなどは行われていませんので、ライトアップや屋台の出店などもありません。

 

ちょっと物足りないと感じる人もいるかもしれませんが静かに桜を鑑賞したいという人にはもってこいのスポットです。

 

また、市街地から離れていることと、桜祭りが行われていないので満開の時期でも異様に混雑するということがないので

安心して出かけられるスポットでもあります。

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】札幌の人気ホテルランキング

 

次によく読まれている記事はこちら↓

 

桜の名所特集はこちら↓

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。