北海道神宮の桜2018の見頃や開花状況|ライトアップや駐車場情報

北海道神宮は札幌で最初の桜の名所として昔から親しまれており、本州ではなかなかありませんが、札幌の春は梅と桜が同時に咲きます。

 

この北海道神宮は梅と桜が同時に楽しめるスポットでもあるんですよ!

 

北海道神宮の桜はいつが見頃なのか、2018年の開花状況と、ライトアップや駐車場の情報などもご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

北海道神宮の桜2018の見頃や開花状況(予測と過去のデータ)

北海道神宮の桜の見頃は例年、4月の下旬から5月の上旬です。

 

ウェザーニュースによると、2018年の開花予想は5月3日(木)となっていますが、例年より少し遅い予報ですね。

 

北海道神宮では、境内の樹木の保護のためお花見期間が設定されており、2018年のお花見期間はまだ発表されていませんが、

2016年は4月29日から5月6日の8時から20時でした。

 

だいたいゴールデンウイークが花見期間になるようですね!

 

満開の見頃はいつ?

2018年の満開予想は5月7日(月)桜吹雪は12日(土)です。

 

予定通りですと満開の間は平日ですので、土日休みの方はゴールデンウイークの後半に出かけるとお花見が楽しめそうですね。

 

北海道神宮の桜の見どころ

北海道神宮の桜の見どころは、参道に咲いているアーチ状の桜で、これはチシマザクラという品種です。

 

北海道に多い桜で本州の人は効きなれないかもしれませんがこの桜がまたきれいなんです。

 

咲き始め、満開、咲き終わりでそれぞれ色が変わるので、どんな色に咲くのか見てみたくなりますよね!

 

他に桜はエゾヤマサクラ、ソメイヨシノなどがあり1,400本の桜の他250本の梅も楽しむことが出来ます。

 

桜と梅が同時に楽しめるというのは嬉しいですよね。

 

北海道神宮の桜2018のライトアップ

残念ながら北海道神宮では桜のライトアップは行っていませんので、昼間のうちに出かけることをおすすめします。

 

照明と屋台の光があるので真っ暗という訳ではありませんが、しっかり桜を見ることはできない状況です。

 

北海道神宮の桜2018の露店

北海道神宮では桜の時期に40点ほどの露店が並びます、タコ焼きや焼きそばなど手軽に楽しめるのは嬉しいですね。

 

さらに一部のエリアは火器の使用が許可されているのでジンギスカンやバーベキューを楽しむことが出来ます。

 

桜の下でジンギスカンというのは北海道ならではですよね!

 

ジンギスカンはデリバリーもあり、5日前までに予約が必要ですが1人2,000円からでラム肉、野菜、コンロなどを貸し出してくれますよ。

 

北海道神宮では「神宮の梅」という梅酒や「湯茶 神宮の桜」という桜湯茶も販売しています。

 

こちらは製造元で販売されていない商品で北海道神宮でしか買うことが出来ず、なくなり次第終了になるので、見かけたらぜひ買っておきたいですね!

 

トイレの場所

出典:YAHOO!JAPAN-sky.geocities.jp

トイレは境内に2カ所あります。

 

1カ所は多目的トイレになっているので車椅子の方でも安心して出かけることが出来ますね。

 

スポンサーリンク

北海道神宮の桜へのアクセスや駐車場

北海道神宮へはどのようにアクセスすればいいのでしょうか。

 

電車でのアクセス

電車の場合は地下鉄東西線「円山公園駅」下車徒歩15分です。

 

バスの場合はばんけいバスの円山線、もしくは市営バスの環20・西14・西15に乗り、「神宮前」停留所下車徒歩1分です。

 

札幌駅からもタクシーで15分ほどでつきますので、旅行ついでに花見をするという人はタクシー利用すれば時短になりますね。

 

車でのアクセス

住所は北海道札幌市中央区宮ヶ丘474です。

 

道央自動車道新川ICから国道5号線、道道452号線、89号線を通り、道道128号線を円山公園方面に8km進んだと頃にあります。

 

もしくは札樽自動車道札幌西ICから宮の森方面へ進んでください。

 

駐車場の場所や料金

出典:Googleマップ

駐車場は東と西に2カ所あり、東は70台、西は170台収容できますが、花見の時期は激戦になりそうですね。

 

駐車料金は初めの1時間は無料、以後1時間ごとに500円です。

 

周辺のおすすめ観光スポット

北海道神宮の隣にはもう1つのお花見スポットである円山公園があり、円山公園でも桜期間のみ火器の使用が許可されています。

 

コンロや炭などは貸し出してくれるので、材料だけ持っていけば楽しむことが出来ますし、ジンギスカンのデリバリーもありますよ。

 

さらに円山公園には円山動物園も隣接しているので、お子様連れの方にはおすすめです。

 

まとめ

北海道神宮は梅と桜を一緒に楽しめる北海道の人気お花見スポットで、札幌市街地からのアクセスもいいので毎年たくさんの花見客が訪れています。

 

参道のアーチ状の桜が特に見ものですよ!

 

毎年花見期間が設けられているので、その期間をチェックしてお出かけください。

 

だいたいゴールデンウイークが花見期間になっていますが、ライトアップは行っていないので夜桜ではなく昼間のお花見がおすすめです。

 

北海道神宮ではお花見期間が設けられているので期間中にお出かけください。

 

期間中はここでしか買えない梅酒や桜湯茶の販売もあり、おみやげにもぴったりですね。

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】札幌の人気ホテルランキング

 

次によく読まれている記事はこちら↓

 

桜の名所特集はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。