小樽潮祭り花火大会2018の日程と出店場所の行き方|交通規制や駐車場情報も

小樽潮祭り

北海道小樽市で毎年開催されている小樽潮祭り花火大会は、地元に住んでいる方から観光客の方まで幅広い利用者に愛されている小樽を代表するイベントの一つです。

 

この花火大会は、小樽市の夏を象徴するイベントして開催され、毎年約100万人もの人が訪れて大変な賑わいとなっているため、

花火大会に参加する予定の方は、早めに計画を立てて開催場所の確認や花火を見学する所などをチェックしておくことで、スムーズに花火見学を行うことが出来るようになります。

 

今回は小樽潮祭り花火大会2018について、日程や場所、行き方や駐車場と交通規制情報などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

小樽潮祭り花火大会の日程と場所はどこ?

2018年度の花火大会が開催される日程は、7月27日~29日の3日間となっており開催される場所は小樽港第3埠頭周辺です。

 

毎年この花火大会が開催される日程は、潮まつりの初日と最終日と決まっており、初日の花火を「山灯」と言い、最終日の花火を「海灯」と呼んでいる特徴があります。

 

花火の種類はスターマインを中心に2日間で5,000発の花火が打ち上がるので、華やかな夜の花火を楽しむことができます。

 

小樽潮祭り花火大会の出店

小樽潮祭り花火大会のメインは夜を彩る花火と言われていますが、小樽最大の夏のイベントということもあり、数多くの出店も楽しみにしているという方は少なくありません。

 

過去の屋台数を比較するとおおよそ120店舗の屋台が出店する予定なので、夏祭りを思い切り楽しみたいという方にとって魅力的なスポットになること間違いなしです。

 

お店の種類は大きく分けて三種類あり、金魚すくいや商品があたるくじなどのゲーム系のお店をはじめ、

食べ物系の屋台は約90店以上にもなるので、小樽の食を思い切り楽しむことが出来るチャンスでもあります。

 

お店で販売されている食べ物は、たこ焼きなどの定番から海鮮系のお店が多くうに焼き、イカ飯など小樽の海の幸がその場で手軽に食べることが出来るので、

観光客の方でも手軽に北海道グルメを楽しみたいと思っている方に取って絶好のスポットになっています。

 

人気の小樽ポセイ丼では、甘エビやサーモン、うに、いくら、かに、まぐろがたっぷり乗っています。

 

小樽潮祭り花火大会の会場への行き方

初めて小樽潮祭り花火大会に参加するという方は、花火大会が行われる会場への行き方がわからないと困ってしまう可能性があるので、

事前にしっかりアクセス方法をチェックしておくことが重要になります。

 

まず小樽潮祭り花火大会が行われる小樽港第3埠頭周辺へは、公共交通機関を利用する場合は

JR北海道小樽駅から徒歩10分で到着することができます。

 

当日は交通規制が行われているので、道路なども非常に混雑してしまうことから、花火大会が始まる時間ギリギリに移動するよりも、

時間に余裕をもって移動したり、座る場所を探しておく事をおすすめします。

 

車で直接会場まで来る場合は、
札幌自動車道小樽ICから小樽駅まで車で約20分かかります。

 

車を止める場所は用意されていないので、会場近くの無料駐車場として色内埠頭公園の無料駐車場と、かつない臨海公園の無料駐車場を利用する事ができます。

駐車場の場所については以下で紹介しています。

 

スポンサーリンク

小樽潮祭り花火大会の駐車場

札幌近辺に住んでいる方も、小樽潮祭り花火大会まで足をのばす場合もとても多いので、花火大会当日は交通規制が行われ、非常に道路や通路が混雑しやすくなります。

 

できるだけ費用を抑えて車を停めておきたいと思っているなら、
会場周辺にある色内埠頭公園とかつない臨海公園の二箇所に無料の駐車場が完備されています。

 

ウィングベイ小樽は1時間まで無料で車をとめる事が可能で、1,000円以上の飲食や買い物をすると更に4時間無料になります。

 

小樽潮祭り花火大会2018の交通規制

小樽潮祭り 交通規制
小樽潮祭り 交通規制

出典:潮まつり

小樽潮祭り花火大会2018では、小樽市内は非常に混雑するため、広い範囲で交通規制が行われる特徴があります。

 

花火大会の参加者の安全性を考慮して、中央セピア通一帯が全面規制されるため、期間内の市内を車でスムーズに移動することはむずかしくなります。

そのため花火大会への会場移動は公共交通機関の利用が推奨されています。

 

また交通規制がされる場所が新たに増えています。

まず浅草通にあるオーセントホテル前~北洋銀行小樽中央支店の部分と、寿司屋通にある小樽液済会病院~商店たかのまでの部分の二箇所です。

 

規制が行われている日程としては、7月27日~29日の期間のうち28日の潮ねりこみ実施時は12:00~21:30の時間の間に規制が行われ、

29日の神輿パレード実施時には13:00~17:00の時間に規制がおこなわれるので、

移動をする際には時間を確認して速やかに移動するか、規制が行われていないルートを利用して移動する必要があります。

 

まとめ

ということで今回は小樽潮祭り2018について

 

  • 小樽潮祭り花火大会の日程と場所はどこ?
  • 小樽潮祭り花火大会の出店
  • 小樽潮祭り花火大会の会場への行き方
  • 小樽潮祭り花火大会の駐車場
  • 小樽潮祭り花火大会2018の交通規制

 

このような内容を紹介してきました。

 

来場者数も多く大人気のイベントなので、アクセス方法などは事前に確認して行くことをおすすめ致します。

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】小樽周辺の人気ホテルランキング

 

北海道・東北・北信越の花火大会↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。