琵琶湖花火大会打ち上げ場所

今回は、関西で人気の花火大会の1つ

びわ湖大花火大会(琵琶湖花火大会)について詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会2018日程や開始時間

琵琶湖花火大会(びわ湖大花火大会)は毎年だいたい8月8日に行われています。ですが、2018年は8月7日(火)に開催予定です。

 

小雨の場合は決行ですが、荒天の場合8月11日(木)に延期になります。例年と日程が違うので間違えないようにしてください。

 

打ち上げ時間は19:30から20:30です。

 

琵琶湖花火大会2018のプログラム!何発上がる?

2018年のプログラムはまだ発表になっていませんが、3~10号玉の打ち上げ花火とスターマインなどが10,000発打ちあがります。

 

1時間で10,000発ですのでかなり迫力があるのではないでしょうか。

 

そして2018年のテーマは「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」です。

虹色というのがテーマになっているので色とりどりの花火が打ちあがりそうな感じがしますね!

 

プログラムは毎年変わります。ポケモンのモンスターボールなど変わった花火が打ち上がることもあるので今年はどんな花火が上がるか楽しみですね。

 

35周年の記念すべき年ですのでいつもとはちょっと違う内容になるのではないでしょうか。

 

出店屋台やツイッターの口コミ情報

花火大会といえば、花火もいいけど屋台も楽しみという人も多いかもしれません。屋台の出店情報もチェックしておきましょう。

 

屋台情報

琵琶湖花火大会は大きな花火大会ですが、その割には屋台の出店が少ないですが、飲食店が店先で臨時屋台を出していることも多いんですよ。

 

ですから、焼そば、タコ焼きなどの屋台の定番メニューだけでなく、飲食店のオリジナルメニューも楽しむことができちゃうんです。

一般的な屋台メニューはもう食べ飽きたという人でも満足できるのではないでしょうか。

 

過去に屋台が出展されていた場所は下記の通りです。

  • 大津パルコ 広場
  • 西武大津駅前店
  • コラボしが21 特設フードコート
  • 大津パルコ 広場
  • JR大津駅、膳所駅から会場までの空き駐車場や飲食店の前

ショッピングモールなどの近くに出店されていることが多いです。

 

また、たくさんの屋台がズラーっと並ぶのではなく、さまざまな場所に少しずつ屋台が出ています。

ですから気になるものがあったらその場で購入してしまうことをおすすめします。

 

また、会場についてから戻って買いに行くよりも、行くまでの道で購入しておいた方がスムーズですよ。

 

ツイッターの口コミは?

最後に実際に琵琶湖花火大会に行った方の口コミを紹介します。

 

 

 

口コミを見ているだけでも迫力のある花火大会だというのが伝わってきますね!

 

琵琶湖花火大会2018の打ち上げ場所

琵琶湖花火大会の打ち上げ場所は大きく分けて2カ所です。

  • 大津プリンスホテル沖
  • 大津港沖

で打ち上げられます。

琵琶湖は広いですが、場所によって迫力も見える花火も違ってきてしまいますので注意しましょう。

大津港沖の打ち上げ場所の方が打ち上げ数も多く、大きな花火が上がります。有料の観覧席もこの近くに設置されます。

 

湖上観覧席で!船ビアンカ情報

琵琶湖花火大会はその名の通り湖で打ち上げられます。花火は湖畔だけでなく、湖上からも観覧することが出来るんです。

船で花火鑑賞というのは一度はやってみたいと憧れる人も多いのではないでしょうか。

 

湖上観覧席は2018年は中止に

琵琶湖花火大会では毎年湖上観覧台船席という湖上観覧席が設置されていました。

高速船を送迎船として観覧席まで行き鑑賞できるスポットです。船で観賞するよりもさらに珍しいですよね。

 

旅行会社のツアーに参加していくことになるのですが、2018年は湖上観覧席の中止が決定しています。

 

毎年人気だったので驚きを隠せない人も多いようです。残念ですよね。

2019年の実施は未定ということですのでまた復活してくれることを望みます!

 

スポンサーリンク

船で観賞する場合

船で観賞する場合は

  • ビアンカ
  • ミシガン

という2つの船があります。

 

ビアンカの花火大会プラン

ビアンカは最大収容人数は458名の船で、4階建ての船で最上階にオープンデッキがあります。

普段はイベント船、パーティー船として使用されているのでスタイリッシュで船内は落ち着いた雰囲気になっています。

 

ビアンカでの鑑賞をする場合は、旅行会社のツアーに参加する形になります。

 

2018年の情報はまだ出ていないのですが、例年ですとクラブツーリズムにて販売されていました。

さまざまなプランがありますのでチェックしてみてください。

 

ミシガンの花火大会プラン

ミシガンは最大収容人数 787名の4階建てのクルージング船です。最上階にはスカイデッキがありこちらから絶景の花火を鑑賞することが出来ます。

 

ミシガン・びわ湖大花火大会鑑賞船の予約申し込みはすでにスタートしています。

プランはビュッフェ付きのものとお弁当付きのものがあります。

レストラン お食事付きプラン (乗船料+ブッフェ料理)
大人 20,000 円 小人 11,500 円 幼児 6,000 円

 

スカイデッキ お弁当付きプラン (乗船料+お弁当付き)
大人・小人・幼児 20,000 円

ちょっとお値段は高いですが、大パノラマの花火を鑑賞することが出来ます。何か記念の年などには利用してみたいですよね。

 

予約は電話のみですのでこちらにかけてみてください。予約は5/8より始まっていますのでお早めにどうぞ。

琵琶湖汽船 予約センター
TEL 077-524-5000 (9:00-17:00)

 

浜大津アーカスは休館!?

会場近くにある浜大津アーカスという大型ショッピングモールでも花火鑑賞をすることが出来ます。

浜大津駅から徒歩5分とアクセスがよく、迫力ある花火が鑑賞できるので大変人気のスポットです。

 

観覧席は有料、無料のものがあり、レストランでのディナー付きのものもあります。

ただし、2018年の情報はまだ出ていません。過去に花火大会の日は休館になったということもあるので注意してください。

 

昨年は営業していましたが、駐車場の営業が14時までとなっていました。車で来場することはできないので注意してください。

 

琵琶湖花火大会2018の有料指定座席表

琵琶湖花火大会の打ち上げ場所は

  • 大津プリンスホテル沖
  • 大津港沖

の2カ所です。

 

中でも打ち上げ数が多く、大きな花火が打ち上がるのは大津港ですので、毎年有料観覧席も大津港付近に設置されています。

2018年の有料指定座席表はまだ発表されていませんが毎年琵琶湖汽船のりばから琵琶湖ホテル前にかけて、有料席が設置されます。

出典:季節のイベントや行事の知りたいことのお役立ち情報局です

※上のマップは過去の情報です、参考までにご覧ください。

 

有料席は毎年増えているようで以前は18,400席でしたが2017年に約24,000隻に増えています。

 

2018年はさらに増えるかもしれませんね!有料観覧エリアがある花火大会は珍しくないですが、これだけの数があるのはすごいですよね。

 

席はパイプ椅子が設置されていて全席指定です。有料観覧席もエリア指定の実の場合は早く行っていい場所を確保しなくてはいけませんが、

全席指定なのでチケットさえ手に入れればゆっくり行くことが出来るというのはいいですね。

 

2017年からはさらに大津市民会館前に250升の桟敷席も新設されました。

 

桟敷席の定員は6名ですので大勢で観賞したい人はこちらのエリアも検討してみてはいかがでしょうか。

 

また、有料観覧エリアの中には売店もあるのでエリア内で食事を済ませることも可能です。

 

チケットの前売りや当日券

チケットは前売り券と当日券があります。ですが、前売りで完売した場合、当日券はありません。

確実に有料席で観賞したい場合は早めに前売り券をゲットしておきましょう。ちなみに2017年は前売りで完売しています。

 

2018年の有料観覧席の発売日はまだ発表になっていませんが2017年は7月3日より発売になりました。

 

2018年も7月の頭には発売になるのではないでしょうか。

 

料金は

  • 前売り3,900円
  • 当日券4,400円

ですので金額的にも前売りの方がお得ですね。また、3歳未満は無料になります。

 

桟敷席は定員6名(3歳未満は定員に含まれず)で25,000円です。6名の場合1人あたり4,166円となるのでパイプ椅子の席と変わらない値段で利用することが出来ます。

 

チケットぴあやローソンで買える?

前売り券は窓口の対面販売とインターネットのオンライン販売があります。

 

対面販売は下記で行われています。

  • 大津駅臨時販売所
  • 大津駅観光案内所
  • 石山駅観光案内所
  • 堅田駅前観光案内所
  • 琵琶湖汽船
  • 京都新聞社滋賀本社
  • 京都新聞文化センター

近くの方はこちらに行ってみてはいかがでしょうか。

 

オンラインでは

  • チケットぴあ
  • ローソンチケット
  • セブンチケット
  • イープラス
  • JTB
  • チケットセンター
  • チケ探

で取り扱っています。

オンライン販売もあるので遠方の人でも有料観覧席チケットを購入しやすいですね。

 

駐車場情報

琵琶湖花火大会には専用の駐車場は設けられていません。ですから、有料の駐車場を利用することになります。

周辺の駐車場をご紹介しますね。

 

大津港駐車場

  • 収容台数:150台
  • 料金:平日 800円 土日祝日 1,000円

会場から一番近くにある駐車場です。

 

ですから早い時間に満車になってしまいます。とはいえ、駐車料金が1日単位ですので早めに行って観光したいという人にはおすすめです。

 

びわ湖ホール駐車場

  • 収容台数:840台
  • 料金:1時間 210円

周辺で比較的収容台数の多い駐車場です。

 

ただし、周辺道路に交通規制がかかるので16時までに駐車しなくてはいけません。帰りも22時まで出庫できませんので時間に余裕がある人向けです。

 

唐崎駐車場

  • 収容台数:5台
  • 料金:1日 800円

なんとこちらの駐車場はタイムズの会員になっていると予約が可能です。

 

収容台数は少ないですが、予約できれば安心ですよね。1日の料金も安いので狙ってみてはいかがでしょうか。

 

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

 

関連記事

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク