山形大花火大会2018の日程時間やプログラム|チケット情報も

山形大花火大会日程

山形県内で有名な花火大会はたくさんありますが、中でも一番打ち上げ数が多いのが山形大花火大会です。

 

2018年の日程や時間はどうなっているのでしょうか?打ち上げ数が多いのでどんなプログラムが行われるのかも気になりますよね!

 

さらに有料席のチケット情報もお届けします。

 

スポンサーリンク

山形大花火大会2018の日程時間

山形大花火大会の日程は毎年決まっており、毎年8月14日に開催されています。

 

2018年は火曜日です。平日ですがちょうどお盆休みという人も多いのではないでしょうか。

長期休みでしたら遠方からも出かけやすいですね!

ちなみに、小雨の場合は決行ですが、荒天の場合は延期ではなく中止になってしまうのでご注意ください。

 

開催時間は19:00から21:00ですので少し長めですね。2時間で1万5000~2万発の花火が打ちあがります。

 

山形大花火大会のプログラム

山形大花火大会のプログラムは花火の前にもステージイベントが行われます。

 

ステージイベント

ステージイベントの2018年の内容はまだ発表になっていませんが、2017年は以下のようなイベントが行われていました。

  • 17:05 フラダンスライブ&トークショー
  • 17:40 MC GATA LIVE
  • 18:00 レディオサイエンス LIVE
  • 18:30 和太鼓「太悳」LIVE

花火開始前までの約2時間にさまざまなステージイベントが行われます。

 

ただし、ステージイベントを鑑賞するには「特別桟敷会場」特別さじき席チケットが必要になります。

 

特別桟敷会場以外からは見ることが出来ませんのでご注意ください。チケットについては後ほど詳しくご説明しますね。

 

スポンサーリンク

花火の見どころ!

山形大花火大会は毎年テーマが決まっています。2018年のテーマはまだ発表になっていませんが、

2017年のテーマは「雅 ーmiyabiー 未来へつなぐ架け橋」でした。

伝統的なプログラムに加え、ウォータースクリーンが登場しました。

 

高さ14m、幅57mという水で出来た巨大スクリーンに映し出す映像(プロジェクションマッピング)と花火のコラボレーションを楽しむことが出来ます。

 

これは国内初の試みだったんですよ!2018年もウォータースクリーンが登場するかどうかはまだ発表になっていませんが、ぜひ見てみたいですよね!

ちなみに、ウォータースクリーンも特別桟敷会場からしか観覧することが出来ません。

 

チケット情報

山形大花火では鑑賞エリアが3つに分かれています。川の東側にある特別桟敷会場、西側にある3つの有料会場無料会場です。

観覧席の種類とチケット情報を見ていきます。

 

特別桟敷会場のチケット

出典:日本全国毎日祭りだよ

ステージイベントやウォータースクリーンなども鑑賞できるエリアです。特別桟敷会場でも席種がたくさんあるので見ていきましょう。

スーパー・スペシャル席
  • 金額:前売り券30,000円(前売りのみ)
  • 定員:4名

専用駐車場を利用することが出来ます。また、駐車場から会場までの往復交通費、パレットシート、オードブルが含まれています。

 

30,000円はちょっと高いですが内容も充実していますね。

フリーシート席(有料反田特別会場)
  • 金額:前売り 8,000円 当日 10.000円
  • 定員:4名

パレットシートがついています。こちらは空きがあれば当日でもチケット購入が可能です。

スペシャル席
  • 金額:前売り 20,000円(前売りのみ)
  • 定員:4名

専用駐車場を利用することが出来ます。駐車場から会場までの往復交通費を含みます。

 

キャンピングテーブルとオードブルがついています。テーブル席なので座敷が辛い人にはうれしいですね。

テーブル席
  • 金額:前売り 10,000円 当日:12,000円
  • 定員:4名

キャンピングテーブルがついています。

ファミリー席
  • 金額:前売り 10,000円 当日 12,000円
  • 定員:6名

ブルーシートの席です。1,500円分の屋台チケットがついています。6名まで入れる席はこちらだけです。

スーパーカップル席
  • 金額:前売り 8,000円 当日 10,000円
  • 定員:2名

カップルシートの利用になります。

フレンド席
  • 金額:前売り 6,000円 当日 8,000円
  • 定員:4名

ブルーシートの席です。

ベンチ席
  • 金額:前売り 5,000円 当日 7,000円
  • 定員:2名

2人がけベンチシートの席です。有料会場の中でも金額はまちまちですね。

 

食事つきの席以外は当日でもチケット購入が可能ですが前売りの方が2,000円安いのでお得です。

 

チケットは例年、イープラスや楽天チケットで販売されています。

2017年は7月1日から販売されていたので2018年も大体そのくらいの日程になるのではないでしょうか。

 

有料観覧席のチケット

川の西側にある有料観覧席のチケットはスーパーヤマギワの各店で販売しています。

正確には協賛金500円を支払うことで「有料会場入場券」をもらうことができます。

有料観覧席というと敷居が高い気がしますが500円でしたら手頃ですよね。

 

ただし、こちらの会場はブルーシートなどの用意はないのでレジャーシートを持参する必要があります。

 

また、満員の場合入場できないことがありますので早めに会場に向かうようにしましょう。

関連記事

 
特集記事はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。