ウェイパー騒動とは?メーカーの種類や賞味期限、保存方法についても

ウェイパー騒動

万能な中華調味料ウェイパーをはじめて使用する際、調理方法ももちろん知りたいですが

そのほかにもメーカ―が出しているウェイパーの種類、賞味期限や保存方法も気になりますよね。

 

またウェイパーの製造元はどこなのでしょうか?ウェイパーについてネット検索したらウェイパー騒動ってでてきたけどこの騒動とは一体なに?

 

今回は中華調味料ウェイパーの基本的な情報を中心にご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ウェイパーの製造元

出典:こりえの香港日記

ウェイパーというメーカーは一体どこで製造されているのでしょうか?

 

メーカーの販売元は兵庫県神戸市に本社を置いている「株式会社廣記商行」という会社という事がわかりました。

 

もともとは京都市の創味食品から業務用調味料である「シャンタンDX」が販売を開始したのが始まりだったのですが

この業務用を廣記商行が一般消費者向けに発売されたのがウェイパーなんですよ。

元々は販売会社である廣記商行が創味食品に委託する形で製造されていました。

 

今現在製造元は変わりアリアケジャパンという製造会社で作られています。

 

なぜ、製造元が変わったのかという事に関しては下の「ウェイパー騒動」にて詳しくご紹介していますのでぜひご覧下さい。

 

ちなみにウェイパーは漢字では「味覇」と書きます。

商品名は調味料の世界で王様になってほしいという願いを込めて味の王様を意味する「味覇」と命名されたんです。

スーパーなどの食品を取り扱っている場所では「ウェイパー」ではなく漢字で「味覇」とかいてありますので購入する際はお間違えの無いようにご注意ください。

 

ウェイパーの種類

出典:富澤商店

メーカーの製造元がわかったところでウェイパーとして発売されている商品の種類はどのくらいあるのでしょうか。

まず一般的なウェイパーはサイズを様々な容量で販売されています。

  • ウェイパーチューブタイプ125g
  • ウェイパー 缶タイプ 250g
  • ウェイパー 缶タイプ 350g
  • ウェイパー 缶タイプ 500g

さらに、通常のウェイパーよりもポークチキンエキスを7倍に増やし肉のうまみアップ、

そして化学調味料無添加を実現したプレミアムウェイパーという種類もあります。

  • プレミアムウェイパー 缶タイプ308g

 

スポンサーリンク

ウェイパーの賞味期限

ウェイパーの賞味期限(未開封・開封後)についてご紹介します。

  • 開封前:540日
  • 開封後:約90日

開封後は最大90日は大丈夫なのですがあくまでも目安となっていますので心配な方は早めに使い切る事をおすすめします。

 

ウェイパーの保存方法

ウェイパーを開封した後は冷蔵庫で必ず保存してください。

 

また本品に関して気温の変化により油脂が分離、白く固まったりする場合もあるのですが品質上には特に問題ないのでよくかき混ぜて使用すると使えますよ。

公式の商品説明にも保存方法に関して記載されていますのできっちりと冷蔵庫で保存してくださいね。

 

ウェイパー騒動とは

出典:誰でもできるウェイパーで本格中華 – FC2

ウェイパーとネットで検索すると気になる記事が多く出てきました、それがウェイパー騒動というものです。

この騒動とはいったいどういうものなんでしょうか?

 

実はこれ、先ほどウェイパーの創造元である廣記商行と業務用調味料「シャンタンDX」を販売している創味商品との間で起きた契約トラブルの事だったんです。

 

契約当初、ウェイパーは創味食品に製造委託していたのですが2014年3月に新発売されたウェイパーの種類、

チューブタイプの製造を廣記商行が無断で他社に依頼した事に創味食品が不服したことでこの2つで結ばれていた製造契約が破談となってしまったんです。

 

これが「ウェイパー騒動」です。この騒動後、創味食品側は業務用しか販売していなかったのにウェイパーと同一レシピで作られている一般用に

「シャンタンDX」を販売開始、廣記商行はほかの製造会社であるアリアケジャパンに委託する形で

「ウェイパー」は製造中止にならず引き続き販売されているんですよ。

 

ウェイパーが生まれてこれまでにこんな騒動があっていたんですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。