津花火大会

毎年船から1万発以上の花火があげられる津花火大会、もちろん2018年も開催されます!

津花火大会は、大正時代から続く、三重県津市の伝統。地元の人だけでなく、遠方からのお客さんにも人気の花火大会です。

白砂の上で見れる花火は、より夏らしくて風情がありますよね。

 

内閣総理大臣賞・全国花火競技大会で過去に受賞したことがある「四十芯」の美しさは圧巻ですから、2018年津花火大会必見ですよ!

情報をしっかりと得てスムーズに会場に入り、屋台で買った美味しい食べ物を楽しみながら、良い場所で花火を見たいですよね。

 

そのために、今回は、日程・交通規制・駐車場・屋台について紹介します。

 

今年は、無料で、伊勢湾を舞台に味わえる夏の風物詩津花火大会を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

津花火大会2018の日程

ここでは津花火大会2018の日時について紹介します。

 

日程

2018年の日程は、7月15日日曜日。荒天時は16日、そして17日に延期の予定です。

 

ちなみに荒天により、16日に延期になった際には、もう一つ催し物が楽しめそうです。

津なぎさまちエアポートラインで開催される津なぎさまちフェスタがあります!こちらもまた夏らしく、オススメです。

 

時間

開催時間は、午後7時45分から9時の予定です。余裕を持って、開始時間の2時間前までに到着できれば、比較的良い席で見ることが出来そうです!

 

荒天時のお問い合わせ

当日雨天の場合などで、開催を確認したい際には、0180-99-3434 に電話すると、音声案内で確認することが出来ます。

 

津花火大会2018の交通規制は?

出典:Today's Trend News

人気の花火大会に参加するときに気になるのは、やはり周辺の交通規制ですよね!

当日は道路混雑が予想されるため、津花火大会実行委員会・津警察署より、公共交通機関での来場が勧められています。

 

ちなみに、電車で来場する場合では、当日は近鉄津駅東口のバス乗り場から、片道220円の臨時シャトルバスが運行しています。

 

10分で会場まで着きますが、バスに乗るまでの混雑を想定しておく必要があるでしょう。

車で向かう場合は、付近一帯は、”終日”自動車禁止とされていますから、注意が必要です。

 

参考までに過去の交通規制の地図をご覧ください。交通規制の範囲から、駐車場の位置までわかります。

過去の情報ですが、例年大きな変更は見られないようなので、行く前に一読しておくと、効率よく目的地にたどり着くことが出来そうです!

 

スポンサーリンク

駐車場の場所

ここでは無料、有料駐車場について紹介します。

 

無料駐車場

津花火大会会場付近には、「ボートレース津」と「メッセウィングみえ」、2つの無料駐車場があります。

 

ボートレース津は、国道23号線沿いにあり、3000台収容可能です。会場までは徒歩で15分。

メッセウィングみえの場合は、津ICを下りてすぐにあり、1000台収容可能です。会場までは片道220円のシャトルバスで10分です。

こちらのシャトルバスも混雑が予想されますから、早めに到着するのが良さそうです。

 

有料駐車場

コインパーキングは、徒歩25分圏内に3つ、20分圏内に3つ、15分圏内に2つと、計8つあります。

 

無料駐車場が使えなかった場合に、ご利用を考えてみてはいかかでしょうか。

 

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

出店屋台のラインナップは?

津花火大会は、花火に加えて、毎年たくさんの出店で盛り上がっています。2017年は約150店の屋台が出店していました。

 

焼きそばや、たこ焼きなど屋台の定番メニューが揃っています。屋台の食べ物を食べながら、花火を楽しむのは、夏の定番ですよね。

メイン会場の津ヨットハーバー駐車場に屋台が出ていますので、花火のお供を買いに、ぜひ足を運んでみてください。

 

まとめ

今回は、2018年津花火大会について、日程・交通規制・駐車場・出店屋台について紹介しました。

一通りまとめると、

  • 2018年7月15日日曜日、19:45~21:00に開催される、荒天の場合翌16日に延期
  • 無料駐車場が2箇所、有料駐車場が8箇所あるが、会場周辺一帯が終日自動車禁止区域となる
  • 道路渋滞を考慮しても、津市がお知らせしているように公共交通機関がオススメ
  • 屋台は150店ほど、津ヨットハーバー駐車場で出店される

いかがでしょうか?

より詳しい情報を確認されたい場合には、津花火大会実行委員会事務局059-229-3234に電話して確認することが可能です。

 

周辺には、うなぎ屋「津ぅのうなぎ」や「榊原温泉」がありますから、花火大会の前後にそちらもぜひ楽しんでみてはいかかでしょうか。

 

2018年津花火大会当日は、例年通り混雑が予想されますから、車でお越しの際も、公共交通機関でお越しの場合も、

しっかり対策を練って、花火を楽しんでくださいね!

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】ホテル・旅館ランキング

 

関東・東海の花火大会↓

スポンサーリンク