筑後川花火大会打ち上げ場所への行き方|車は渋滞?電車やシャトルバス情報も

筑後川花火大会打ち上げ場所

福岡県久留米市で毎年行われている筑後川花火大会。西日本最大級の花火大会ですので一度は行ってみたいという人も多いのではないでしょうか。

 

どうせ見るのなら打ち上げ場所の近くで見たいですが、会場への行き方はどうなっているのでしょうか。

 

電車やシャトルバス、渋滞情報などについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

筑後川花火大会の打ち上げ場所

筑後川花火大会の打ち上げ場所は

  • 水天宮下河川敷対岸
  • 篠山城跡下河川敷対岸

の2カ所です。

 

打ち上げ場所は2カ所ありますし、筑後川沿いの広範囲で鑑賞することが可能です。

 

スポンサーリンク

筑後川花火大会への行き方

出典:Mengry

筑後川花火大会の観覧場所は6カ所あります。それぞれの会場へはどのように向かえばいいのでしょうか。

 

電車での行き方

まずはそれぞれの観覧場所への電車での行き方をみていきましょう。

 

京町会場

電車での行き方はJR久留米駅から徒歩10分です。場所は水天宮前左岸河川敷で、二千年橋から長門石橋までの間が会場になります。

目の前に打ち上げ場所があるので迫力のある花火を観覧できます。

 

6カ所ある会場の中でも最も人気の場所といっても過言ではないでしょう。

 

とくに、ナイアガラの滝を正面で見ることが出来るのがポイントです。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

篠山会場

電車で行く場合はこちらもJR久留米駅が最寄り駅で徒歩15分になります。

もしくは西鉄久留米駅からバスを利用することもできます。「大学病院前」で下車してください。

長門石橋~豆津橋の久留米城前左岸河川敷です。

 

こちらも対岸が打ち上げ場所になるため大変人気の会場で、ナイアガラの滝も正面で見ることが出来ます。

 

京町会場、篠山会場は6つの会場の中でも特に人気のスポットといえるでしょう。

屋台なども多く出ており、それだけ人手も多いですが篠山会場は一番大きな会場でもあります。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

小森野会場

宮の陣駅より徒歩20分のところにある会場です。小森野橋~二千年橋の右岸河川敷です。

京町会場・篠山会場に比べると人出は少な目といえるでしょう。

最寄り駅も久留米駅ではないので行き帰りの混雑も緩和されそうですね。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

みやき会場

こちらは駅から離れているのでバスで移動します。JR久留米駅より41系統、45系統に乗って豆津で下車してください。

豆津橋より上流側の右岸河川敷になります。バスで移動しなくてはいけないのでその分人手も少しへってきますよ!

>>NAVITIMEの乗換案内

 

長門石会場

こちらもJR久留米駅からバスになります。40系統に乗車し福祉センター前で下車してください。

場所は長門石橋周辺の右岸河川敷です。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

鳥栖会場

肥前旭駅より徒歩30分のところにあります。佐賀県にある唯一の観覧場所です。

最寄り駅から歩きますがあまり混雑しているところで見たくないという人にはこちらもおすすめです。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

シャトルバスも運行

筑後川花火大会当日は、路線バスだけでなく有料のシャトルバスも運行しています。

西鉄久留米駅から篠山会場に直接向かうのでちょっと楽になりますね。

 

時間は17時~22時の間です。シャトルバスは篠山会場にしか向かいませんので注意してください。

 

車での行き方

車で行く場合は、久留米IC国道210号経由で約20分。もしくは鳥栖ICより約 20分です。

 

とはいえ当日は交通渋滞が予想されますので実際にはもっと時間がかかるかもしれません。

>>NAVITIMEの自動車ルート検索

 

車は渋滞必至?

周辺道路では通行止めも行われるため、周辺は大変混雑しています。ですから、公共の交通機関を利用することをおすすめします。

 

どうしても車で行きたい場合は遅くとも16時頃には久留米市内に入るようにしましょう。

 

帰りもすぐには市内から出られないということもありますので時間に余裕がない場合は車はやめたほうがいいです。

 

また、筑後川花火大会の臨時駐車場は久留米市ではなく、佐賀県鳥栖市に設置されます。

臨時駐車場を利用する場合は鳥栖から電車で久留米まで移動する必要があります。

 

関連記事

 

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。