筑後川花火大会2018の駐車場と交通規制・通行止め情報|中止や延期の可能性は?

筑後川花火大会駐車場

福岡県久留米市で毎年開催されている筑後川花火大会。西日本で最大級の人気の花火大会ですから、毎年45万人もの人が訪れています。

 

車で向かう人も多いと思いますので、駐車場や交通規制・通行止めの情報について見ていきましょう。

 

また2018年の日程と中止や延期の可能性についてもお伝えします。

 

スポンサーリンク

筑後川花火大会2018の日程

筑後川花火大会は今年で359回目を迎える歴史ある花火大会です。

 

今年は2018年8月5日(日)に行われます。19:40~21:10の間に約18,000発の花火が打ちあがります。

 

筑後川花火大会の日程は曜日に関係なく毎年固定された日程です。水の祭典久留米まつりの3日目に行われています。

平日ですと中々行くのが難しい人も多いと思いますが、2018年は日曜日開催なので出かけやすいのではないでしょうか。

 

ですが、その分混雑も予想されます。地元の人はもちろん、この花火大会に合わせて観光に訪れる人も多いんですよ。

観覧する場合は早め早めに行動することをおすすめします。

 

中止や延期の可能性は?

小雨の場合は決行しますが、好転の場合は延期になります。延期の日程も毎年決まっていて、2018年は

8月7日(火)、8月9日(木)、8月11日(土)

となっています。

 

延期の場合翌日になることが多いですが、筑後川花火大会は1日おきに延期の日程が組まれているので注意してください。

 

また、延期の日程が3日間用意されているので、完全に中止になるという心配は少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

筑後川花火大会2018の駐車場

筑後川花火大会では臨時の駐車場が用意されています。ですが用意されているのは久留米市ではなく、佐賀県鳥栖市です。

市はともかく県をまたいで臨時駐車場が出来るというのはちょっとびっくりですね。

 

場所はベストアメニティスタジアム。住所は佐賀県鳥栖市京町812です。

 

15時から無料で一般開放されています。駐車台数は1,000台です。

>>NAVITIMEの自動車ルート検索

 

鳥栖市と久留米市はすぐ隣なのですが、駐車場から花火大会会場までは電車で移動になります。

鳥栖駅からJR鹿児島本線に6分ほど乗って久留米駅で下車。そこから徒歩で会場まで移動する形になります。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

駐車場から電車で移動するのは面倒だと感じるかもしれませんが、筑後川花火大会は打ち上げ場所が広範囲に渡るため、交通渋滞も広範囲に渡ります。

ですから車で久留米市に入るのは難しいと思っておきましょう。

 

また、無料駐車場は1,000台駐車可能ですが、早い時間に一杯になってしまうこともあります。ですから早めに向かうようにしましょう。

無料駐車場がいっぱいだった場合は、鳥栖周辺の有料駐車場に停めて車で移動するのがおすすめです。

 

周辺の駐車場は12時間停めても100円から300円とリーズナブルなところが多いので安心して駐車できるのではないでしょうか。

 

筑後川花火大会2018の交通規制・通行止め情報

出典:日本のお祭りイベント|関東・関西・九州・東北 全国地域別検索 – Seesaa

久留米市では大規模な交通規制が行われています。ですから市内は大変混雑しているんですね。

 

筑後川花火大会は打ち上げ場所が

  • 京町会場
  • 篠山会場
  • みやき会場
  • 長門石会場
  • 鳥栖会場
  • 小森野会場

の6カ所あります。このすべての会場周辺は車両通行止めです。

 

また、久留米駅周辺も車両通行止めですので会場付近まで車で行くというのは諦めたほうがいいでしょう。

 

実際にギリギリにいって駐車場が見つからず、花火開始に間に合わなかったという人もいます。

どうしても車で付近まで行きたい場合は早めに行ってゆっくり帰るという方法をとるしかありません。

 

少なくとも16時くらいには久留米市内に入るようにすることをおすすめします!

 

また、通行止めが行われるのは車両だけではありません。

長門石橋〜豆津橋間の一部道路、久留米高専付近、小森野橋、長門石橋の下流側などは歩道も通行止めになります。

 

立ち入り禁止の区域もありますので気をつけて移動してください。

 

関連記事

 

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。