立川花火大会2018の日程や開始時間|出店屋台と通行止め情報も

立川花火大会 日程 屋台 通行止め

立川花火大会が開催される国営昭和記念公園はとても大きく、東京ドーム約39個分という広大な敷地になります。

そんな広さで行われる花火大会も毎年かなりの観覧者が押し寄せ、出店されている屋台も混雑になるでしょう。

 

事前に情報を得ていれば当日は行動しやすいので知っておきたいですよね?

今回は立川花火大会の日程や開始時間と、出店屋台と交通止め情報を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

立川花火大会2018の日程や開始時間

立川花火大会2018の日程や開始時間はこちら

 

2018年度の立川花火大会は7月28日(土)に開催予定になります。

開始時間は19:20からとなっており、終了時間は20:20の予定です。

 

昭和記念公園の開園時間が9:30からになるので、時間を見て赴くといいと思います。

 

打ち上げ会場が「みんなの原っぱ」になり、JR立川駅から徒歩20分以上かかるそうです。

開催時間に合わせると間近で閲覧したい場合は、間に合わなくなるほど昭和記念公園の敷地が広いので、時間に余裕をもって動いでください。

 

スポンサーリンク

立川花火大会の出店屋台

立川花火大会 屋台

出典:国営昭和記念公園

花火を見るとなるとなければならないのが屋台。

立川花火大会で打ち上げ場所となる「みんなの原っぱ」に屋台が出店されていますが、観覧する場所を取っているのであまり出店されていません。

例年通りですと10店ある位なので、花火が開催される時間に合わせて買おうと思うと、長蛇の列で時間に間に合わないそうです。

 

昭和記念公園内で出店がある場所は

  • みんなの原っぱ
  • 昭島口
  • ふれあい広場
  • 西立川口
  • 眺めのテラス
  • みどりの文化ゾーン

になります。

 

昭和記念公園内で出店されている出店数は約50店と大規模な花火大会にしては少なめです。

昭和記念公園以外では経営されているお店の前で販売されている所が多いそうなので、昭和記念公園に入る前に買い物を済ませるといいでしょう。

 

昨年度に出ていた屋台の内容が

  • 焼きそば
  • からあげ
  • イカ焼き
  • たこ焼き
  • 春巻き
  • 枝豆
  • 焼き鳥
  • バッタイ
  • 黒豚生フランク
  • 甲府鳥もつ煮
  • ケバブ
  • サンドウィッチ
  • かき氷
  • けずり苺
  • 冷凍パイン

などお祭りでよく出されている食べ物から、大手が露店販売していたりするので色んな食べ物を楽しめると思います。

昭和公園敷地外の周りを巡ってご飯を探してみるのもいいかもしれません。

 

自動販売機の場所も敷地内は観覧数にしては数が足りないので、すぐに売り切れてしまうそうです。

お店の側には自動販売機が設置されているので、早く来られた方や補充したいおきたい時はお店やを目安に向かうといいでしょう。

 

売店は全部で12カ所になり

  • 総合案内所内のカフェ
  • 花みどり文化センター内のカフェ
  • ぎんなん茶屋
  • ふれあい広場レストラン
  • 渓流広場レストラン
  • 立川口売店
  • 西立川口売店
  • こどもの森売店
  • 砂川口売店
  • 原っぱ中央売店
  • 原っぱ南売店
  • 花木園売店

この様になります。

会場に入る前に飲み物を確保しておくといいかもしれません。

 

立川花火大会の通行止め情報

立川花火大会 通行止め

出典:国営昭和記念公園

※上記は2017年の交通規制マップです

 

毎年の観覧者数に伴い、交通止めを実施しているそうです。

JR立川駅北口の周辺が20:00~22:00まで通行止めになっています。

R153の立川警察前交差点から昭和記念公園立川口交差点までの道路は18:00~22:00まで通行止めになっており、昭和記念公園の駐車場もこの道沿いにあるので注意してください。

 

車では基本的に渋滞の元になってしまう為、原則禁止されており交通機関での移動を勧めているそうです。

昭和記念公園の駐車場は開園に伴い駐車が出来るのですが、午前中で満車になり臨時駐車場などを設けていないので、車で来られる方は早くから来た方がいいでしょう。

 

交通機関を利用して来られる際、18時以降になるとJR立川駅も混雑して思うように進めなくなるそうなので、一本駅をずらして「西立川駅」を利用したりしてください。

 

関連記事

 

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。