立川花火大会って何発なの?人出や場所取りの時間は何時がベスト?

立川花火大会 何発 場所取り 時間

1954年から開催されている立川花火大会。

今年で通算60回目となる古くから続くとても大きな花火大会になります。

 

花火は何発打ち上がるの?

場所取りは何時から行けばいい?

人出ってどれくらい来るんだろう。

人出も毎年増加し、開催当初は日野橋河畔で行われていましたが開催地を移動するほど観覧者が多くなりました。

初めて立川花火大会を訪れるという方は動こうにも分からない所が多いと思います。

 

今回はそんな立川花火大会で何発打ち上がるか、人出や場所取りの時間を紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

立川花火大会の花火は何発?

立川花火大会の打ち上げ数は約5000発になります。

東京の中でもかなり大規模な花火大会になり、夜空を色鮮やかに飾ります。

 

中でも立川花火大会の目玉は高度約400mに打ち上げられる大玉。

上空で開いた時の大きさが380mにもなり、毎年この大花火を目当てに観覧している方が多いそうです。

 

他にも全国で行われている花火競技大会で優秀な成績を残した方が作った「芸協玉」が10発連続を打ち上げられ、名人による巧みな演出と技術で人々を魅了します。

一つ一つに名人による情熱が詰まっており、機会があれば作品名を見ながら夜空を眺めて下さい。

 

昨年の芸協玉のプログラムはこのような花火が打ち上がっていました。

  • 茨城県 昇小花 八重芯錦先変化菊紅残光
  • 福島県 昇分火 銀彩の花
  • 新潟県 昇朴付 松島の夜景
  • 東京都 昇小花 クロセット芯大百花園
  • 長野県 昇木葉 ひまわりの花
  • 山梨県 昇小花 日本の華
  • 秋田県 昇曲付 点滅芯流星群光
  • 秋田県 昇天銀竜 万華鏡写輪眼
  • 新潟県 昇曲導付 八重芯変化菊
  • 静岡県 昇小花付 八重芯マジック牡丹

色んな県の素晴らしい技術が凝縮されており、花火が好きな方は堪らないプログラムだと思います。

 

スポンサーリンク

立川花火大会の人出はどのくらい?

立川花火大会は大規模な花火大会だけあり、毎年かなりの人出があります。

開催地である昭和記念公園とその周辺を含めると、毎年約80万人の方々が立川に訪れるそうです。

 

遠方からも泊りがけで来られる方もいます。

当日は思っている以上に時間を見て動いた方がいいかもしれません。

 

JR「立川駅」周辺は夕方にもなると人出で溢れかえっており、前に進むのが困難になります。

特に最寄り駅である「西立川駅」はホームが狭い為、お子様と来られる方は別の駅で降りて歩いた方がいいと思います。

1~2駅ずらして降りた後、徒歩で買い物しながら向かうのがいいかもしれません。

 

人出が多いのは苦手という方は立川駅ではなく、多摩モノレール「高松駅」など開催地から距離はありますが人出は減るので、離れた駅で降りて花火を楽しむのも手です。

 

立川花火大会の場所取りの時間は何時がベストなのか

立川花火大会の開始時間が19:20からとなっています。

そして観覧者の数が物凄いので、いい場所で見たい!と思っている方は朝から場所取りをしているそうです。

 

大規模な花火を満喫するにもかなりの体力を使いそうですね。

どうしても間近や見晴らしがいい場所で見たい方は、午前中から動いた方がいいかもしれません。

 

開催地である昭和記念公園や周辺の駐車場も午前中には満車になるそうです。

車で来られる方は早朝から動いた方がいいでしょう。

 

一番良い方法が有料イス席を購入するのが、時間的にもゆっくりと向かう事が出来るのでいいかもしれませんね。

ただ有料イス席のチケットは発売開始から先着順なので、チェックし続ける必要があるでしょう。

 

途中からでもいいかな?という方は例年通りであれば19:45から花火が盛り上がってくるので、この時間に合わせてくるといいかもしれません。

他にも気になる事があれば「立川観光協会」へご連絡してみて下さい。

 

立川観光協会

住所:東京都立川市曙町2-38-5

電話番号:042-527-2700

ホームページ: http://www.tbt.gr.jp/

 

関連記事

 

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。