田原祭り花火大会2018の日程プログラムや交通規制|浴衣や出店屋台情報も 

田原祭り花火大会

「からくり人形」をのせた山車で有名なのが「田原祭り」ですね。実は江戸時代から続く歴史深い伝統まつりです。

祭りは二日間に渡って行われ、二日目の夜には「五町合同花火大会」がフィナーレを彩ります。

訪れた多くの人々は、歴史と祭りと花火を堪能できること間違いなしです!

 

ここでは田原祭りと花火大会について2018年の日程やプログラム、出かける前にぜひ知っておきたい雨天中止の可能性やアクセス、

駐車場、交通規制などに加え、出店屋台や浴衣など、当日存分に楽しむ情報を満載に紹介します。

 

スポンサーリンク

田原祭り2018の日程とプログラム

日程:2018年9月15日(土)~9月16日(日)

場所:愛知県田原市田原町 田原街道、はなのき広場および田原文化会館周辺

人出:3万人

土曜日プログラム

昼山車(からくり山車)

時間:10:10~14:30ごろまで

12:10~ まつり会館にて

※山車3台のお囃子の競演

 

神輿随時運行

 

夜山車、道ばやし

時間:14:30~23:00ごろまで

 

五町夜山車曳揃え(ひきそろえ)

時間:8:00~21:00ごろまで

萱町交差点~はなとき通りまでの区間

 

日曜日プログラム

昼山車(からくり山車)

時間:10:10~14:30ごろまで

11:50~ 三河田原駅前

※山車3台のお囃子の競演

 

大筒神輿

時間:14:30~17:30ごろまで

 

花火詳細

名称:五町合同花火大会

開催場所・打上場所:田原市総合体育館周辺

総打上数:4000発

手筒花火・大筒花火

時間:17:30~19:45

場所:はなのき広場

打上花火・仕掛け花火

時間:20:00~21:30くらい

場所:田原文化会館周辺

田原祭りは毎年9月の敬老の日を含む三連休の土日に開催されます。プログラムは例年ほぼ同じです。2017年のプログラムを参考に載せます。

注意点として花火の会場は、山車など練り歩く通りから約1キロ離れています。少し歩きますね。

有料観覧場所は用意がないので、場所取りの際は移動時間も考慮する必要がありますね。

 

雨天で花火大会が中止の可能性は?

雨天時:翌日に順延、以降中止

中止の可能性はほぼありません。小雨程度なら決行します。台風などの荒天は延期で対応しています。

 

過去の公式情報を見ると、2017年は台風の影響により花火のみ翌日の祝日(18日)に延期しました。お祭りは様子を見ながら実施されました。

 

2013年も台風の影響があり、一部花火が翌日に延期されました。手筒大筒花火は当日 日曜日に実施し、仕掛け花火と打上花火は翌日に延期されました。

過去の対応を見ても花火大会が中止になる可能性はありません。裏を返せば、雨でも実施するので、参加する場合は雨具が必須です。

夏の雨より9月の雨は冷たいので、濡れたとき用にタオルや防寒グッズもあると便利かもしれませんね。

 

田原祭りアクセスと駐車場情報

アクセス

電車の場合 豊橋鉄道渥美線(あつみ)三河田原駅から徒歩10分

車の場合 東名高速道路音羽蒲郡インターから国道1号を経由し、国道259号を田原市方面へ30キロ

 

駐車場
  • 田原市豊島町 中央公園 収容台数:530台(花火大会当日) 料金:無料
  • 田原駅南公共駐車場 収容台数:200台 料金:有料
  • 田原福祉センター 収容台数:80台
  • 田原市役所 収容台数:250台

田原祭りでは有料無料含め約1000台分の駐車場が用意されます。

 

駐車場によっては会場から少し距離がある場所もあるので、何時頃向かうかに加え、どこに停めるかもあらかじめ決めておくとスムーズかもしれません。

臨時駐車場とは別にイオンモールの駐車場は毎年かなりの競争率で、午前中の早い時間に行かないと停められません。

それもそのはず、花火打上場所の真ん前です。立地、利便性を兼ね備えた理想的な駐車場ですね。

 

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

スポンサーリンク

田原祭り2018の交通規制

日本のお祭りイベント|関東・関西・九州・東北 全国地域別検索 – Seesaa …

田原街道 7:30~22:00ごろまで

田原市文化会館周辺 16:00~22:00ごろまで

山車や神輿が練り歩く田原街道と花火会場周辺の交通規制時間です。他にも細かい交通規制が複数個所あります。

 

臨時駐車場も規制エリアに含まれている場所があるので利用する場合は注意が必要です。

 

見づらいですが、参考に2017年の交通規制マップと山車や神輿の練り歩きルートのマップを載せますね。

 

田原祭りの出店屋台

人出に対して多くはありませんが、出店はあります。

 

場所はイオンモール周辺、東京靴流通センターやYAMATO田原店の通りに並びます。花火打上場所に向かう道沿いですね。

 

浴衣の人はどれくらい?

ちょっと季節外れとはいえ、多くはありませんが、浴衣の人はいます。ただ昼間の山車や神輿メインの時間帯は、ほぼいません。

 

花火の時間になるとちらほら増え始めます。女性やお子さんが多い印象です。

もしかすると天候に左右されるのかもしれません。田原祭りは雨天に当たりやすいようなので、浴衣だと雨にぬれたり汚れたりすると厄介ですよね。

 

まとめ

ここでは田原祭りと花火大会について以下6つをまとめました。

  • 田原祭り2018の日程とプログラム
  • 雨天で花火大会が中止の可能性は?
  • 見出し:田原祭りアクセスと駐車場情報
  • 田原祭り2018の交通規制
  • 田原祭りの出店屋台
  • 浴衣の人はどれくらい?

いかがでしたか。夏に花火やお祭りに行けない人でも参加できるラストチャンスかも!?

ちなみに、田原祭りは雨乞いのお祭りで、雨が降ることが多いそうです。お出かけの際は準備は万端に!

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】ホテル・旅館ランキング

 

関東・東海の花火大会↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。