鈴鹿バルーンフェスティバル2018日程時間やスケジュール|アクセス方法についても

鈴鹿バルーンフェスティバル

鈴鹿バルーンフェスティバルは全国5カ所で行われている「熱気球ホンダグランプリ」の1つです。

2018年は最終戦が鈴鹿で行われるので特に見逃せませんね!

 

そこで、鈴鹿バルーンフェスティバルの2018年の日程や時間のスケジュール、

混雑具合、天気が雨の場合は中止になるのかなどの気になる情報をまとめていきます。

 

さらにアクセス方法や駐車場、会場近くのホテルや口コミも紹介しますので、初めて参加したいという人も参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

鈴鹿バルーンフェスティバル2018の日程時間やスケジュール

2018年の鈴鹿バルーンフェスティバルの日程は11月23日(金・祝)から25日(日)までの3日間です。

 

3連休ですので遠方からも出かけやすいですね。

前日の22日(木)は公式練習日となっています。25日は午前中で終了しますのでご注意ください。

 

天気が雨の場合は?

屋外のイベントなので天気も心配だと思います。

 

バルーンを上げるイベントなので雨だけではなく、風でも競技が中止になったり、内容が変更になったりすることがあります。

 

特に風のコンディションが重要なので、晴れていてもバルーンが飛ばないということもあるんです。

天気予報だけで判断できないところもありますので、中止になるかもしれないということは覚悟しておきましょう。

競技が中止になってもバルーンが膨らむシーンは見られることもありますので、まずは会場に行ってみるしかないですね。

 

混雑する?鈴鹿バルーンフェスティバルの口コミ

鈴鹿バルーンフェスティバルはどの位混雑するのでしょうか?口コミを見てみましょう。

本日(11/26)、#鈴鹿バルーンフェスティバル 最終日❗

#熱気球 の係留飛行体験に、たくさんの人が並んでいますよ

 

寒さに耐えて待った甲斐があったりました。空飛びたい…

 

おはようございます☀️

早朝起きるのはしんどかったけど、素敵な熱気球の離陸を間近で見れたから〜

気持ちの良い朝を迎える事が出来ました!

出典:twitter

イベントは早朝から行われ、天気によって競技が変更になるので待ち時間は多いようですね。

 

ですが、混雑で見られない、行き帰りが大変などの口コミは見られませんでした。

 

ですから混雑についてはそれほど心配しなくてもよさそうですね。ただし、天候によっても人入りは変わってきますのでご了承ください。

 

鈴鹿バルーンフェスティバル会場へのアクセスや撮影スポット

鈴鹿バルーンフェスティバルは鈴鹿川の河川敷で行われます。

電車で現地に向かう場合、近鉄平田町駅もしくはJR加佐登駅を利用してください。

 

どちらの駅からもバスを利用し、「鈴鹿高校」で下車し、徒歩5分です。

 

ただし、気球は6時半頃から膨らみ、6時45分くらいには気球が飛び上がります。

早朝から行われるため電車を利用すると早朝の競技には間に合わない可能性もあります。

朝一から見たい場合は車やタクシーで移動するしかありません。

 

スポンサーリンク

おすすめの撮影スポットは?

気球が空に飛び立つところを撮影したいという場合は、鈴鹿川河川敷の堤防がおすすめです。

気球が飛び立つ場所でも観覧することはできますが、写真撮影は近視になる場合があるので注意してください。

 

その他、鈴鹿サーキットでは夜間に気球のイルミネーション展示「バルーンイリュージョン」が行われます。

 

音に合わせて気球が光り、朝とはまた違う美しさがあります。早朝に向かうの場難しい場合は鈴鹿サーキットの方で撮影をするのもおすすめです。

 

駐車場情報

車で移動する場合は鈴鹿川河川緑地運動広場のすぐそばに臨時駐車場が用意されています。

ただし、河川敷に面する堤防道路では早朝から交通規制が行われ、渋滞も発生します。

 

スムーズに駐車するには日の出前に駐車場に入るのがおすすめです。

 

競技が始まるまでの待ち時間は長くなってしまいますが、朝から協議を見たい人は早めに出かけるようにしてくださいね。

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

鈴鹿バルーンフェスティバル近くのおすすめ宿泊ホテル

遠方から鈴鹿バルーンフェスティバルに向かう場合のおすすめの宿泊ホテルをご紹介しますね。

鈴鹿サーキットホテル

名前の通り、鈴鹿サーキットの近くにあるホテルなので、夜のバルーンイリュージョンを見るのにいいですね。

子どもが楽しめる乗り物などもたくさんあり、ホテル内でも楽しむことが出来ます。

 

アパホテル 鈴鹿中央

こちらのホテルは会場から1.8kmほどの場所にあり、徒歩でも会場に向かうことが出来るので早朝から参加したい人におすすめです。

鈴鹿サーキットまでも近いですよ。素泊まりプランもあり、料金もリーズナブルです。

 

湯の山温泉 旅館寿亭
会場からは少し離れていますが、温泉旅館ですのでのんびり過ごすことが出来ます。貸切風呂などもありますよ。

 

まとめ

鈴鹿バルーンフェスティバルは全国5カ所で行われている熱気球ホンダグランプリの1つです。2018年は最終戦が鈴鹿で行われます。

 

日程は11月23日から25日までの3連休の3日間です。

 

会場はそれほど混雑しているということはありませんが、競技が早朝から行われるのと周辺道路が混雑することもあり、

日の出前から会場入りするのがおすすめです。

 

電車やバスの利用ですと早朝の競技に間に合わないこともあります。

イベントの特性上、雨や風など天気によって競技が中止になったり、変更になったりすることがあるのでご了承ください。

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】ホテル・旅館ランキング

 

航空祭特集はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。