隅田川花火大会2018の日にちや時間|来場者数や渋滞予測も

隅田川花火大会日にち

隅田川花火大会といえば、数ある花火大会の中でも最も有名といっても過言ではないですよね!

 

江戸時代から続いていて、日本最古の花火大会だとも言われています。

打ち上げ数も多いので一度は行ってみたい!という人も多いのではないでしょうか。

 

2018年の日にちや時間はどうなっているのでしょう。気になる来場者数や渋滞予想も見ていきます。

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会2018の日にちと時間

隅田川花火大会は、毎年7月の最終土曜日に開催されています。2018年は7月28日(土)に開催の予定です。

 

荒天の場合は7月29日(日)に延期になり、両日とも荒天の場合は中止です。

とはいえ2017年は大雨の中開催となったので延期になる可能性は少ないのかもしれませんね。

 

時間は19:00~20:30の予定です。

 

隅田川花火大会は、第一会場と第二会場の二カ所から打ち上げられるのですが、

  • 第一会場:19:00~
  • 第二会場:19:30~

打ち上げ予定となっており、昨年とは若干時間がずれているので注意してくださいね。

最後は両方の会場から花火が打ち上がります。

 

全部で20,000発の花火が打ちあがるのですが、この数は日本国内でも4位、東京都では1位の数です。

 

これだけの数の花火を楽しめるのはうれしいですよね。

 

隅田川花火大会の来場者数

隅田川の花火大会といえば、大混雑というイメージがあるかもしれません。

 

毎年来場者数は約95万人で、この数字は全国で6位、東京都で2位です。

 

東京都で1位ではないというのは少し意外かもしれませんね(ちなみに1位は江戸川区花火大会の139万人です)。

 

花火大会会場付近は当然混雑していますが、隅田川花火大会は見える範囲も広範囲なので

ちょっと離れると混雑を避けてみることのできる穴場スポットがたくさんあります。

 

遠くなれば花火は小さくなり、お祭りの雰囲気は薄まってしまいますが混雑を避けたい人にはおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会のアクセス方法

隅田川花火大会は、電車でのアクセスがおすすめです。

第一会場の最寄り駅は

  • 浅草駅
  • 蔵前駅
  • 両国駅
  • 浅草橋駅

第二会場の最寄り駅は

  • 浅草駅
  • 蔵前駅
  • 両国駅
  • 浅草橋駅

です。

 

とくに浅草駅、東京スカイツリー駅は大変混雑しますので覚悟しておきましょう。

 

これはあくまで会場への最寄り駅です。これ以外の駅でも花火鑑賞は可能ですので、混雑を避けたい方は穴場スポットを探してみてください。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

隅田川花火大会2018の渋滞予測

95万人の人出の花火大会ですから、当然道路も混雑しています。

 

周辺の交通規制は?

隅田川花火大会では大規模な交通規制があります。毎年18時から21時半頃まで交通規制が行われるんですよ。

 

隅田川の白鬚橋から両国橋までの周辺道路は通行禁止ですので、会場付近には車では近づけないと思っておきましょう。

交通規制が行われるのは一般道だけでなく、高速道路でも行われます。

 

隅田川の上には首都高6号線向島線が通っており、こちらも通行止めになるので、花火大会以外でお出かけの場合も気をつけましょう。

  • 上り線 堀切JCT→両国JCT:18:30~20:45
  • 下り線 両国JCT→堤通出口:18:50~20:45
  • 駒形・向島出入口閉鎖:18:00~21:30
  • 堤通出入口(上り)閉鎖:18:30~20:45
  • 駒形PA閉鎖:18:00~21:00

となっています。

 

当日首都高6号線を利用したい人は迂回経路を使ってください。

>>NAVITIMEの自動車ルート検索

 

駐車場はある?

会場付近には臨時駐車場などはありません。そもそも都心に車で出かけるのはあまりおすすめできませんが、隅田川花火大会の日は避けたほうがいいでしょう。

 

どうしても車で行きたい人は通行止めエリア外に駐車してそこから電車で移動してください。

とはいえ、通行止めが行われていないところも大変混雑していますのでそちらは覚悟しておきましょう。

 

関連記事

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。