妊娠初期症状はいつから始まる? 二人目だと早くなるって本当??

子供に弟妹を作ってあげたい。

 

家族が増えるって
素晴らしいことですよね。

 

二人目の妊娠って初産の時と
なにか違うの?

早く分かるの?
それとも遅い?

一体いつから始まるの!?

 

ちまたで言われている

妊娠初期症状についての
アレコレをまとめてみました^^

スポンサーリンク

妊娠初期症状っていつからはじまるもの?

 

妊娠初期症状の有無や

重い軽いは人によってさまざまです。

 

早い人は生理予定日の
1週間前ころから出てきます。

 

中には夫婦生活の直後に

「わかった!」と感じる人も
時にはいらっしゃるそうです( ゚Д゚)

 

反対に全く症状がなく

胎動があるまで気が付かなかった
という方もまれにいますね。

 

多くの方は妊娠3~4週目頃から

妊娠初期症状が出てくると
言われています。

 

妊娠初期症状ってどんな症状?

 

・生理痛に似た下腹部の鈍痛
・胃痛、ムカムカ
・微熱
・眠気
・吐き気
・腰痛
・頭痛
・胸が張る
・軽い出血
・頻尿・便秘

 

ドラマなどではレモンが欲しくなったり

お味噌汁のにおいに
「うっ…」っと気持ち悪くなり

洗面所に走る!

 

…というのが妊娠初期症状として
一般的ですが(古い?(#^^#))

 

やたらとおならがでるとか

唾液が飲み込めないほど
大量に出るなどの

びっくりするような症状もあります。

 

妊娠初期症状が重い方は

悪阻(おそ)として
入院することもあります。

 

私も経験者でして

正直出産よりも妊娠期間の
悪阻の方がツラかったと記憶しています。

 

対して
症状が強くない

全くない方は気づかずに
過ごしてしまうことも

これまたよくあるようです。

 

羨ましい限りでした(/ω\)

 

二人目って妊娠しやすいの?

 

私自身

産後の退院直前の
看護師さんからの指導で

「二人目は妊娠しやすいから
気を付けてね」

と言われました。

 

これは一度妊娠・出産したことで

子宮内がすっきりキレイになり

授かりやすい状態にあるそうです。

 

『出産は良くも悪くも全部出る!
出しきる!

だから産後
お母さんがキレイになる』

 

というのもママ友間で
話題になったりしました。

 

…話はそれましたが

上の子の授乳していて
一度も生理が来ていなかったとしても

赤ちゃんが出来た!という方もいます。

二人目の方が妊娠に早く気づけるの?

 

実は初産よりも二人目の方が
妊娠に気づきやすいという点があります。

 

具体的にどういったことなのか
詳しく見ていきましょう。

 

二人目は妊娠初期症状が重たくなる!?

一般的に二人目の時は
重くなると聞きますが

これはどうなのでしょうか?

 

私自身つわりが重かったので
産後に

「これって二人目の時はどうなります?」

と看護師さんに尋ねたことがあります。

 

その時

「二人目はつわりの症状重くなるよ」
「二人目だとつわり症状の軽くなるよ」

と両意見を言われました笑

 

ただ

初産の時には具合が悪くなったら
横になって休むことが出来るけど


二人目の時にはそうはいきません。

 

上の子の世話に追われて休めず

重くなってしまうことが
あるのかもしれません。

 

反対に
上の子の世話で気がまぎれて

「軽く済んだ」
と感じるお母さんもいらっしゃるので

一概には言えませんね。

 

経験していることは大きい!

百聞は一見に如かずとは言いますが

どんな事でも人から聞くより

自分で経験したことの方が
とても理解も納得も出来ますよね。

 

妊娠初期症状である微熱や
胃のムカムカは私も経験しましたが

「風邪気味かな…」
「油もの食べすぎたかな」

 

と思う程度で

当初妊娠だなんて思いつきも
しませんでした(/ω\)

 

ですが出産も一度経験していれば
似たような症状でも

「これは妊娠だ!」
「つわりだ」

と気づく事が出来ます。

 

つわりと同じく「胎動」や

「お腹が張る」という
妊娠期間の出来事も

二人目の方が気づきやすいとも
言われています。

 

スポンサーリンク

上の子は知ってる!?

科学的ではないですが

なぜか子供は妊娠に
気付きやすいことがあるようです。

 

二人目を授かった時

上の子が教えてくれたという話を
よく聞きます^^

 

道ですれ違っただけの
全然知らない子供に言われた!

という人もいるくらいです。

 

トトロみたいに子供にだけわかる

特別な何かが
あるのかもしれません( *´艸`)

初産と二人目妊娠は何が違う?

 

ここでは初産と二人目の妊娠での

違いをご紹介します。

 

上の子の世話で休めない

上の子の食事の準備や着替えなど

具合が悪いからと言って
休むことも難しくなります。

 

上の子がまだ授乳している場合は

子宮収縮を起こす可能性もあるので
卒乳もしなくてはいけません。

 

また
上の子が園児の場合は

少しは理解してくれる面もありながらも

 

幼稚園の送迎やお迎えなど

やっぱり具合が悪いからと言って
休むことはできにくい状況になります。

 

お腹がつぶされる可能性がある

一人目の時には考えられなかった
妊娠中のタブーの1つが

「重いものを持つ」

ですが

 

妊娠しているお母さんが

上の子を抱っこしている姿を
たまに見かけることがあります。

 

「大丈夫なの!?」

とみている心配になっちゃいますよね。

 

母は強し!たくましいなと感じます^^

 

出産を楽しみにしてくれる家族がいる

初産の時は夫婦で赤ちゃんの誕生を
心待ちにしていましたが

二人目の時は上の子も加わります。

 

自分に弟妹が出来る楽しみを
上の子も感じています。

 

「お腹大きくなったね」と

一緒にお風呂に入ってる上の子が

お母さんよりも気付くことも
たくさんあります。

 

まとめ

 

妊娠初期症状は人によって様々ですが

上の子で経験している分

小さな体調変化でも気づきやすいと
言われています。

 

しかし

一人目の時と同じにはいかないのも
妊娠の奥深いところでもあります。

 

二人目は症状がなく
全然気づかなかった!

というお母さんもいます。

 

二人目妊娠が初産と違うところは
上の子がいることです。

 

上の子のお世話で
つわりがどれだけツラくても

休むことが難しくなります。

 

お世話で気がまぎれることも
あるかもしれません。

 

でもどうしても大変な時には

ご主人や親御さんに
手伝ってもらって

お身体大切にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。