三沢基地航空祭2018の日程プログラム|シャトルバスや駐車場情報も

三沢基地航空祭シャトルバス

青森県の航空自衛隊基地で毎年行われている三沢基地航空祭。

 

こちらでは、三沢基地航空祭2018について詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

三沢基地航空祭2018の日程プログラム予定

三沢基地航空祭は例年9月の第二日曜日に行われることが多いようです。

2018年は9月9日(日)に開催することが決定しました。

 

既に予定が決定しているので行きたい方はスケジュールの都合をつけやすいですね。

基地の開放時間は例年9時から15時までとなっています。

 

プログラムの内容は?

2018年のプログラム内容はまだ発表になっていません。

例年プログラムの大きな変化はありませんので2017年のものを紹介しますので参考にしてみてください。

  • 8:30〜9:15:オープニングフライト
  • 9:15〜9:30:空中消火活動展示
  • 9:50〜10:10:F-2模擬空対地攻撃・空包射擊
  • 10:30〜10:50:F-15J機動飛行展示
  • 10:50〜11:10:F-16機動飛行展示
  • 12:40〜13:20:ブルーインパルスショー
  • 13:40〜14:00:捜索救難展示
  • 14:40〜15:00:F-2機動飛行展示

開放時間の目いっぱいまで飛行展示が目白押しですね。

 

第3航空団の第3飛行隊、第8飛行隊のF-2、T-4、飛行警戒監視隊のE-2C、三沢ヘリコプター空輸隊のCH-47Jなどが毎年参加しています。

 

航空祭といえばやはりブルーインパルスが見たいという人も多いと思います。

三沢基地航空祭では2013年かあら2017年まで5年連続でブルーインパルスも参加しているので2018年も見られるのではないでしょうか。

2018年の詳細が出るのが楽しみですね!例年、8月の上旬には特設ページが出来るのでチェックしてみてください。

 

天気が悪い場合雨天中止の可能性は?

野外のお祭りで心配なのは天気ですよね。特に飛行展示は青空の下で見たいものです。

小雨の場合は航空祭自体は行われますが、ブルーインパルスの飛行展示などは中止になってしまう場合があります。

 

また、台風など荒天の場合は三沢基地航空祭自体が中止になるという可能性もあります。

 

三沢基地航空祭は毎年あまりお天気に恵まれておらず、雨や曇りのことが多いです。

実際にブルーインパルスの飛行展示が中止になったこともあります。

こればっかりは当日にならないと分かりませんが、2018年は晴れてくれるといいですね。

 

三沢基地航空祭の駐車場情報

三沢基地航空祭では毎年臨時駐車場が用意されています。2018年の詳細はまだ出ていませんが例年、臨時駐車場は以下の3カ所です。

  • 小川原湖畔臨時駐車場(1,500台)
  • 五川目臨時駐車場(1,400台)
  • 浜三沢一般駐車場(1,800台)

臨時駐車場は前日から駐車が可能になっています。ですから朝一で行きたい人にもうれしいですね。

臨時駐車場は三沢基地から離れているのでシャトルバスで基地まで向かうことになります。

 

臨時駐車場の料金は無料ですが、シャトルバスは有料です。シャトルバスについては後ほどご説明しますね。

 

スポンサーリンク

有料の民間駐車場

臨時駐車場は大変混雑し、すぐに一杯になってしまうのでほかに利用できる民間の有料駐車場がないかどうか見ていきましょう。

 

堀駐車場

  • 駐車台数:50台
  • 料金:200円/1時間(7時~24時) 100円/1時間(24時~7時) 最大料金:1,000円(18時~6時)
  • 住所:三沢市中央町1-6-10

 

三沢市営駐車場

  • 駐車台数:50台
  • 料金:100円/1時間
  • 住所:三沢市幸町1-8-15

この2つの駐車場は臨時駐車場よりも正面ゲートの近くにあり、徒歩で会場に向かうことが出来ます。

 

ただし、その分激戦になっていますので確実に駐車するには前日に向かっておいたほうがよいかもしれません。

 

予約できる駐車場がある!?

三沢氏にある美容院プリズムでは毎年航空祭の日は営業を休んで駐車場を開放しています。2018年も駐車場を提供することが決定しています。

 

美容室プリズムの情報は下記の通りです。

  • 駐車台数:20台
  • 料金:2,500円(駐車場料金2,000円 予約代500円)
  • 時間:7時から10時までに駐車できる人に限る
  • 住所:三沢市岡三沢7-37-7
  • 電話:0176-51-8381

こちらの駐車場は予約が可能です。毎年7月には予約がいっぱいになってしまうとのことですので早めに予約しましょう。

 

駐車料金はちょっと高めですが確実に駐車できるというのは嬉しいですね。

また三沢基地のRゲートまで徒歩10分ほどで行くことが出来るのでシャトルバスやタクシーの代金を考えたら安いのかもしれませんね!

 

他にも予約する方法としてはakippaというサービスがおすすめです。

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

三沢基地航空祭2018のシャトルバス

臨時駐輪場を利用する場合は、各駐車場と三沢駅から三沢基地までシャトルバスを利用することが出来ます。

2018年の情報はまだ出ていないので2017年の情報をお伝えしますね。シャトルバスは有料で

  • 小中学生:往復500円
  • 高校生以上:往復1000円

です。

 

帰りのシャトルバスは利用した駐車場によって乗車場所が異なるので間違えないように注意してください。

 

シャトルバスは多くの人が利用するので大変混雑します。乗車まで数時間かかるということもあるので覚悟しておきましょう。

三沢基地航空祭へ車で向かった場合も自家用車は基地内に入ることはできません。臨時駐車場からシャトルバスで現地に向かうことになります。

 

ただし、シャトルバスの運行時間は7時からです。三沢基地の開門は7時を予定していますが場合によっては6時半頃に開くこともあります。

 

開門と同時に基地に入りたいという人はタクシーや徒歩で向かうしかありません。

 

また、帰りのシャトルバスは行き先によって乗り場が異なります。帰りのシャトルバスは大変混雑しています。

行列に並んだのに違う場所についてしまった、なんてことにならないようにしましょう。

間違った場所から乗車しないように、行き先を確認してから列に並んでください。

 

三沢基地航空祭2018のモデルさん情報

三沢基地航空祭では毎年モデル撮影会が実施されています。モデルさんと一緒に飛行機を撮影できるのは三沢基地航空祭ならではです。

 

毎年撮影会は午前と午後の2回実施されています。声をかけるとモデルさんがそれに合わせてくれることもあるようです。

 

プロのモデルさんを撮影できる機会というのもなかなかないのではないでしょうか。

2018年のモデルさんは誰になるのかという情報はまだ出ていないのですが誰が来るのか楽しみですね。

 

三沢基地航空祭のバスツアー情報

三沢基地航空祭に遠方から出かけるのであれば、バスツアーを利用するという手もあります。

 

バスツアーは各社から出ていますが、大体下記のような内容になっています。

  • 1日目:深夜出発
  • 2日目:早朝現地着 航空祭終了まで自由行動 深夜帰路へ
  • 3日目:早朝到着 解散

早朝に現地に着くため、朝から航空祭を楽しむことが出来ます。

 

ツアーですのである程度時間の制限はありますが、基地まで連れて行ってもらえるので交通手段の心配がいらないというのがメリットですよね。

バスツアーによっては航空祭終了後に温泉施設などに立ち寄って疲れを癒してから帰路につくというものや夕食がついているものもあります。

航空祭で1日中野外にいて、そのまま車を運転して帰るというのは大変ですが、バスでゆっくり寝ながら帰れるというのはいいですよね。

 

費用は出発地や旅行会社によっても異なりますが、東京出発で0泊3日で30,000円程度です。

 

ものすごく安いという訳ではないですが、確実に三沢基地航空祭を楽しみたいという人にはおすすめですよ。

その他、前日に新幹線で出発し、1泊してから三沢基地航空祭に向かうというツアーなどもありますよ。ぜひ検討してみてください。

関連記事

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。