松江水郷祭りは島根県松江市の宍道湖を中心に行われるお祭りであり、7月の終わり、8月の初めいずれかの3日間にわたって行われます。

いくつかのステージが設けられており、メインステージは松江だんだん特設ステージとなっています。

 

ここではカラオケ大会やラジオの公開生放送、アーティストのライブが開催され、多くの観客が足を運ぶイベントです。

 

今回は松江水郷祭り2018について、日程やゲスト、有料席などについてや、駐車場と交通規制情報についても紹介していきます。

 

スポンサーリンク

松江水郷祭り2018の概要と日程

松江水郷祭り2018の日程は

8月3日~5日(予定)

松江水郷祭りのメインは、2日目に開催される松江水郷祭湖上花火大会です。

1日で1万発の花火を打ち上げることになっており、その姿は圧巻です。

 

1日目は前夜祭、2日目に花火大会、3日目はグランドフィナーレという形で進んでいきます。

また、メインステージの周辺には縁日のように楽しめるエリアや松江のおいしい食べ物を堪能できるエリアもあり、観光客にもおすすめのお祭りです。

 

松江最大のお祭りであり、花火大会の迫力も手伝って毎年多くの観光客が詰め掛けるなど、西日本の中でも有名なお祭りの1つとして認識されるほどです。

 

松江水郷祭り2018のゲストは誰?

松江水郷祭りにはこれまでに様々なゲストがやってきました。

2018年のゲストはまだ発表されていませんが、2017年には90年代にミリオンセラーをマークしたあの岡本真夜さんが登場し、歌声を披露しました。

 

また、2016年にはCMソングを数多く手がけている奥華子さんや2015年には多くの局をヒットさせたSEAMOさんなど、

毎年有名なアーティストがライブステージで熱唱しているなど、2018年も誰もが知る有名なアーティストがメインステージで熱唱する可能性が高いです。

 

基本的には松江を中心としたコミュニティ性の高いお祭りということもあり、地域に根ざした方々が中心になります。

松江水郷祭りと同時に開催される近くのイベントには島根や松江で活動するご当地アイドルなども登場しています。

 

AMやFM、そして島根県のテレビ局がそれぞれ主催してイベントを行っており、どのようなゲストが来るかに注目が集まるとともにどなたがいらっしゃっても盛り上がることは間違いありません。

 

松江水郷祭りの有料席

松江水郷祭りのメインは花火大会となっており、有料席も花火が見えやすい位置にセッティングされています。

実際にあるのは白潟公園の中にあり、主に3種類が用意されています。

 

大人5名が定員のマス席は打ち上げ花火の場所からかなり近く、大迫力で楽しめるとともに家族連れで楽しめるエリアです。

肝心のお値段ですが、マス席は1つで2万円となっています。

 

次に椅子席は椅子に座って花火を見られるエリアになっており、立ちっぱなしで疲れるようなこともなく、落ち着いて花火を堪能できるすばらしい席です。

椅子席のお値段は5000円になります。

 

もう1つは一人席と呼ばれるエリアです。

こちらは階段を利用した席になっており、足が疲れずくつろげるのがポイントです。

階段のお値段は4000円になります。

 

トイレなどに行きやすく、そこまで混雑もしていないことから落ち着いて見られます。

また急いで場所を確保する心配もないため、松江水郷祭りを楽しみながら花火大会に行くことも可能です。

 

スポンサーリンク

松江水郷祭り2018の交通規制

松江水郷祭り 交通規制

松江水郷祭りは3日間開催されますが、3日間共通で交通規制がなされる場所があり、カラコロ広場の周辺は歩行者専用道路となります。

一方、交通規制が最大限行われるのが花火大会の日の2日目です。

 

3日間共通して歩行者専用道路になるエリアの隣側が朝早くから歩行者専用道路になる他、夕方には松江市役所の周辺やメインステージ周辺のエリア、

そして花火大会が始まる時間が近づくと宍道湖周辺のエリアが規制の対象になるため、注意が必要です。

 

規制される時間は遅くても午後11時、早めに規制が解除されるケースでも午後10時前となっており、車で行くことは避けたほうがいい可能性があります。

 

近くには駅などもあり、その周辺に停めてから歩いて会場に向かうことがおすすめです。

多くの車が集中するため、大変な混雑が予想されます。

 

また車の中から花火を見ようとする人や送迎に来る人もいることから、相当な混雑は確実であるため、2018年の場合も注意です。

 

松江水郷祭りの駐車場情報

大規模な交通規制が行われることや大勢の観光客が車でやってくることもあるため、有料の臨時駐車場が松江水郷祭りの開催中には用意されています。
(上記のマップの下の方に記載されています)

 

市外から来た人を対象にした駐車場となっており、400台を収容します。

1台につき1000円となっており、花火大会の日のみ稼動している状況です。

ここから近くまで無料のシャトルバスが出ており、多少距離があっても安心して近くまで行くことができます。

 

一方で他にも停める場所はあり、松江城の周辺や松江にあるふれあい広場の周辺、そして松江合同庁舎の周辺にそこそこの規模の場所が存在します。

 

しかし、多くの人が利用することが確実であるため、松江市周辺に住んでいる人は公共交通機関で行くことや近くの駅に車を停めてから行くことをおすすめします。

 

またこれらの場所も花火大会の場所からは結構歩く場所にあるため、車を停める場所をどうするかをしっかりと考えてから松江水郷祭りに行くことが大事です。

 

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

まとめ

今回は島根県松江市の宍道湖を中心に行われるお祭りであり松江水郷祭りについて

 

  • 松江水郷祭り2018の概要と日程
  • 松江水郷祭り2018のゲストは誰?
  • 松江水郷祭り2018の交通規制
  • 松江水郷祭りの有料席
  • 松江水郷祭りの駐車場情報

 

このような内容を紹介してきました。

 

日程を予め確認しておきますが、8月3日~5日(予定)になります。

何日目でも楽しめそうな松江水郷祭り2018ですが、やはり2日目の花火大会を見に行きたいですよね。

 

お車でお越しの予定の方は駐車場をまず確保することが大事になってきそうです。

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】松江市周辺の人気ホテルランキング

 

関西・中国四国・九州沖縄の花火大会↓

スポンサーリンク