小松基地航空祭の交通規制やアクセス|タクシーでは渋滞で行けない?

小松基地航空祭交通規制

毎年石川県の自衛隊小松基地で行われている小松基地航空祭。日本各地の自衛隊基地で航空祭は行われていますが、中でも小松基地航空祭は人気が高いです。

飛行機ファンなら遠方からでも一度は行ってみたい!という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は小松基地航空祭へのアクセス方法についてお話しします。

 

電車でいった場合は駅からタクシーを利用するのか、交通規制や渋滞はどうなっているのか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

渋滞必至?小松基地航空祭の交通規制

まずは車で行く場合の渋滞や交通規制の情報を見ていきます。

 

車でアクセスする場合、北陸自動車道小松ICから車で5分。小松空港からも5分。JR小松駅からは10分です。

 

ですがこれはあくまで通常かかる時間になります。小松基地航空祭当日は混雑していますのでもっと時間がかかると思っておきましょう。

 

交通規制情報

出典: 防衛省

小松基地航空祭では、前日21時~当日18時まで交通規制が行われます。朝も早朝から行われますので早めに行動するようにしましょう。

 

臨時駐車場は基地から少し離れた場所にありますが、臨時駐車場付近も基地付近も混雑しています。

警備員、誘導員などがいますので指示に従って移動しましょう。

 

臨時駐車場からは有料シャトルバスが出ているます。ですがシャトルバスの運行時間は7時からですので、早く行きたい人は徒歩やタクシーを利用しましょう。

 

また、基地周辺に臨時駐輪場がありますので、折り畳み自転車を積んでおいて自転車で移動するというのもおすすめです。

ちなみに、基地についてからも入場待ちの列に並ぶことになりますが、徒歩の列と二輪車の列で分かれています。

 

二輪車の列の方が進みが早いのでそういった面でも自転車はよさそうですね。

 

スポンサーリンク

渋滞は帰りが大変!

小松基地航空祭は朝5:00から臨時駐車場がオープンします。ですからこの時間をめがけていく人が多いです。

 

基地や駐車場周辺は混雑していますが、そこに行くまでの混雑はそれほどでもないのではないでしょうか。

ですが大変なのは帰りです。高速を利用する場合、北陸自動車道小松ICを利用しますが、小松ICは間違いなく混雑します。

 

ですから新潟方面に行く場合は美川IC、大阪方面に行く場合は片山津ICを利用するのがおすすめです。

もしくは少し早めに帰るようにすると渋滞を避けることが出来ます。

 

帰りは駐車場に向かうシャトルバスも2時間ほど待たなくてはいけないこともあるので覚悟しておきましょう。

 

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

小松基地航空祭へのアクセス

公共の交通機関を利用して小松基地まで向かう場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

電車の場合はJR北陸本線小松駅から車で10分です。小松空港からも車で5分程度ですので飛行機を利用するのもいいですね。

 

タクシーで会場まで行ける?

小松駅からは小松基地までのシャトルバスが運行します(有料:500円)。ですがシャトルバスの運行時間は7時からです。

 

もっと早く基地につきたい人はタクシーを利用するのがおすすめです。

バスは1人500円ですので人数がいればタクシーの方が安く済みそうですしね。

タクシー待ちの列の方がバス待ちの列よりも短いですが、バスの方が一度にたくさん乗車できるので進みが早いです。来るタクシーもそれほど多くないようです。

 

タクシーの列は朝5時の段階で100人以上並んでいるということもあります。

 

始発が動く時間になってしまったらタクシーもバスも乗車するまでに時間がかかると思っておきましょう。

すでに長蛇の列が出来ているのならバスの方が早いのかもしれませんね。

 

その他には、全国各地からバスツアーなども出ています。ツアーですと自由が効かない部分もありますが、渋滞の心配などをしなくていいのは楽ですよね。

どの交通手段で行くのがいいのか色々と検討してみてください。

関連記事

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。