京成バラ園2018の見ごろや開花状況|行き方や駐車場情報も

世界に誇れるようなバラの作出、日本に綺麗で上品なバラの文化を広めていきたいという願いから1959年に誕生した京成バラ園。

 

今回は、非常に歴史ある京成バラ園の2018年の見頃の時期などを例年の開花状況のデータを元にまとめていきます。

 

また京成公園への行き方や駐車場情報にについても調べますので、ぜひ参考にされてください。

スポンサーリンク

京成バラ園2018の見頃や開花状況(予測と過去のデータ)

 

さっそくここでは昨年までのデーターを元に、2018年の開花状況、見頃の時期を分析します。

 

来園される際の参考にしてみてください。

満開の見頃はいつ?

 

京成バラ園では毎年5月中旬から園内のバラが咲き始めます。

 

このバラが見頃になる時期は例年5月後半から6月初旬のようです。

 

毎年気候や天候によっても見頃の時期は少々ずれる可能性もあるので、直接2018年の開花状況や見頃について

電話などで問い合わせしてみてもいいかもしれません。

 

またこの見頃の季節に毎年、「ローズフェスティバル」というバラ祭りが行われます。

 

大体1週間前後の予定になっております。

 

2018年京成バラ園「ローズフェスティバル」の見どころについてはまた後ほど書きます。

京成バラ園の見どころ

 

先ほど冒頭でも書いたおとり、こちらの京成バラ園の歴史は非常に長いんです。

 

世界中で有名なバラを日本国内に紹介をし、バラの文化の普及にも務めています。

 

開園してからはしばらく本当にバラを楽しむ施設として存在していたのですが、1999年3月より、ローズショップやレストラン、

ガーデンスペース、イベントスペースなど、バラをコンセプトにした充実したサービス施設などの複合施設としてリニューアルオープンしたんです。

 

この京成バラ園はリニューアルオープンをしたことがきっかけとなり、毎年見頃の季節になると、

子どもから大人までたくさんの方で非常ににぎわっているんです。

 

また2010年より石窯ベーカリーも開店するなど、年々施設も充実化していっております。

京成バラ園「ローズフェスティバル」の見どころ

 

広大な敷地を誇る「京成バラ園」、そのバラの種類だけでも約1,600種類、10,000株もが栽培されているんです。

 

いつも私たちが見慣れているバラはもちろん日本国外の品種など様々なバラを楽しむことができるのです。

 

そして、毎年見頃の季節に入ると「ローズフェスティバル」というものを開催します。

 

例年それを目当てに県内はもちろん県外からもたくさんの方が訪れる非常に有名なお祭りです。

 

様々なイベントが催されるほか、カフェなどでローズジュースや、ローズソフトクリームなどのこの季節ならでは飲食も楽しめます。

 

イベントも盛りだくさん用意されているので、バラ鑑賞やイベント参加など1日あっという間にすぎますよ。

京成バラ園 の混雑状況

 

例年、この季節に京成バラ園に訪れた方の口コミによると、非常に混雑しているという意見が多いです。

 

もちろん京成バラ園内も混雑しているのですが、周辺の道路も相当混雑しているので、到着する時も、帰宅する時も

1時間前後かかったという口コミもありました。

 

混雑を避けたい方は日時や時間をずらして来場される事をおすすめします。

トイレの場所

出典:トリップアドバイザー

 

京成バラ園の各場所に設けております。

 

マルチトイレやおむつ替えコーナー、授乳室なども敷地内に準備がありますので、園内マップなどで

事前に確認をしておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

京成バラ園への行き方や駐車場

 

京成バラ園への行き方や駐車場情報についてまとめていきます。

電車でのアクセス

 

※電車とバスを乗り合わせて来場される事をおすすめします。

 

①東葉高速鉄道八千代緑ヶ丘駅下車→東洋バス八千代医療センター行・八千雄中央行→京成バラ園下車

(もし、八千代緑ヶ丘駅から歩く場合は徒歩約15分です。)

 

②京成線八千代台駅西口下車→東洋バス2番のり場より

八千代緑が丘駅経由八千代医療センター行・八千代中央駅「京成バラ園」下車

>>NAVITIMEの乗換案内

 

※例年見頃の季節を迎える開花シーズンは、バスの運行状況により所要時間が変動しています。

車でのアクセス

 

①関越自動車道東北自動車道、東京外環自動車道、常盤自動車道ご利用の方

→「常盤自動車道柏!C」出口より国道16号線を千葉方面に向かってください。

 

②東名高速道路、中央自動車道、東関東自動車道ご利用の方

→「東関東自動車道千葉北IC」出口より国道16号線を八千代方面に向かってください。

 

③京葉道路をご利用の方

→「武石IC」出口より八千代方面に向かってください。

>>NAVITIMEの自動車ルート検索

 

※その他の方面(遠距離)から行かれる方は公式HPにも詳細が書かれておりますので、ぜひそちらを参考にしてください。

駐車場の場所や料金

 

京成バラ園には無料の駐車場が完備しておりますが、見頃の季節は非常に混雑します。

 

特に京成バラ園ローズフェスティバル開催期間は駐車場待ちに列をなすくらいの混雑ぶりです。

 

しかし、この京成ローズフェスティバル開催期間中の土日は八千代市役所が臨時駐車場として設けられております。(そこから周回バスも運行しております)

 

混雑を避けたい方はこちらの駐車場をぜひご利用ください。

 京成バラ園 入園料情報

 

京成バラ園は見頃の季節などにより入園料が違いますのでご注意ください。

 

公式HPを元に年間の入園料をまとめましたので参考にしてください。

券種 1月~4月
9月と12月
春バラシーズン
5月、6月
夏バラシーズン
7月、8月
秋バラシーズン
10月、11月
大人 300円 1200円 500円 1000円
シニア・障がい者 200円 900円 400円 700円
小・中学生 100円 200円 100円 200円
団体(20名以上) 大人200円
小中学生50円
大人900円
小中学生100円
大人400円
小中学生50円
大人700円
小中学生100円
年間パスポート 3000円 ※友の会の会員様は2,000円

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今回は京成バラ園の2018年の開花状況や見頃の季節を分析するとともに、行き方や駐車場情報などをまとめてきました。

 

京成バラ園は広大な敷地にも関わらず整備もきちんとされており、非常に気持ちのいい空間となっております。

 

なのでリピーターの方も多いんです。

 

ローズフェスティバルは非常に混雑するとの事ですので、行く予定にしている方は時間に余裕をもって気を付けていってきてください。

 

電車やバスのアクセス状況もばっちりなのですが、車で行かれる予定の方は駐車場なども混雑するとの事ですので確認をお願いします。

 

2018年、いよいよもうすぐ京成バラ園のバラは見頃を迎えます。

 

今年もたくさんのバラたちが出迎えてくれますよ♪

 

遠方からお越しの方は日帰りも大変ですよね、

「せっかくなら泊りで行きたいな」という方は、 周辺のホテルは早めにチェックしておきましょう!

下記に京成バラ園周辺のホテルをまとめておきました。

>>【楽天トラベル】京成バラ園周辺のおすすめホテル一覧

 

次によく読まれている記事はこちら↓

 

 

バラの名所特集はこちら↓

日本全国おすすめバラの名所2018|見頃や開花予想特集

 

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。