葛飾花火大会2018の出店屋台の時間は?交通規制とチケット情報も

今年の花火大会はどうしようか?どこに行こうか?誰と行こうかな、なんて考えたり予定を立てたりするのってとても楽しいですよね。

 

今回は、葛西花火大会2018年の開催日程や時間、交通規制、出店屋台や有料席のチケットについてまで紹介します。

 

これを読めば、あなたも2018年の夏の計画の1つに葛西花火大会を入れたくなるかもしれません。

 

スポンサーリンク

葛飾花火大会2018の日程や時間

今年の葛西納涼花火大会は、2018年7月24日(火曜日)の19:20~20:20に開催が予定されています。

 

花火大会当日に悪天候で花火大会が開催されない場合は、翌日の8月25日(水曜日)に順延が予定されています。

 

都内で行われる大規模な花火大会より少し早めの時期の開催ということもあり、

葛西花火大会は夏の花火大会シーズンのスタートを飾るといってもいいかもしれません。

 

近年、屋台が出店していない花火大会も見受けられますが、葛西花火大会では屋台が出店しているのはもちろんのこと、

出店屋台が充実していることもポイントの1つです。

 

柴又帝釈天の近くに屋台は多く出店しているので、下町の風情を味わいながらの屋台巡りも楽しめます。

下町情緒あふれる街並みを歩きながら、屋台の味を楽しみつつ見上げる花火も東京の他の花火大会ではなかなかできない経験かもしれません。

 

葛飾花火大会2018の交通規制

出典:SeesaaBLOG

葛飾花火大会の交通規制についてですが、昨年の2017年は花火大会当日の17:30~22:00ごろまでとされていました。

 

今年も例年通りの時間で交通規制は行われるでしょう。交通規制のエリアは例年とても広い範囲で規制が行われます。

 

画像はおととしの2016年に配布された規制エリアのチラシですが、毎年変わらずにこのエリアが当日は交通規制されています。

 

なお、花火大会に自転車で向かう方も多いと思いますが、通行禁止エリアでは当日の規制時間は自転車の乗り入れも禁止になるので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

葛飾花火大会の有料席

葛飾花火大会では花火の打ち上げ場所と観覧場所が近いため、華やかな花火が間近で

迫力満点で鑑賞できるのも葛西花火大会が人気である理由の一つです。

 

しかし、そのため、少しでも打ち上げ場所に近いところで花火を鑑賞したいと観覧場所には大勢の来場者が押し寄せ、例年大混雑になります。

場所取のために、当日の朝早くから観覧場所に来場する人も例年います。

そんな中でゆっくり落ち着いて花火を鑑賞するというのはなかなか難しいことです。

 

しかし、どうしても近くでゆっくり花火を鑑賞したいという方には、有料席という選択肢があります。

 

有料席は毎年発売されており、葛飾花火大会をゆっくり楽しみたい人に大変な人気で売り切れも必至なので、

この後の情報をみて、早めに計画を立て、スムーズに行動できるようにしましょう。

 

チケットの入手方法は?

葛飾花火大会の有料席には3つの種類があります。

1つ目は、1マスで2人まで入場できる2人マス席が、1マス7000円です。こちらは会場に943マス用意されます。

2つ目は1マスに4人まで入場できる4人マス席、1マス10000円です。こちらは会場内に540マス用意されます。

3つ目は、1マスに6人まで入場できるグループ席、12000円です。こちらは会場内に119マス用意されます。

3種類の有料席はどれも指定席で、購入時に鑑賞エリアのブロックを指定することができます。

ブロック内の一つ一つの席を指定することはできないのでご注意ください。

 

これらの有料席を上手に活用すれば、葛飾花火大会の混雑に巻き込まれることなく、花火を鑑賞することができるでしょう。

 

これらの有料席のチケットの入手方法は、チケットぴあによって委託販売されています。

 

電話やインターネット、店舗、コンビニエンスストアで購入することができます。

また、チケット購入時には手数料もかかるため、あらかじめご了承ください。

 

重要注意事項として、葛飾区の区役所や葛飾花火大会の実行委員会では販売していないのでご注意ください。

 

関連記事

 

まとめ

今回は、

  • 葛飾花火大会2018の日程や時間
  • 葛飾花火大会2018の交通規制
  • 葛飾花火大会の有料席
  • チケットの入手方法は?

についてお伝えしてきました。

 

都内でも人気の高い葛飾花火大会では、例年、人出が多いため今年も混雑が予想されます。

 

ぜひ、有料席などを有効活用して思う存分楽しんでください。

 

東京で開催される花火大会の中でも下町風情溢れる街並みをそぞろ歩きながら屋台巡りを楽しみ、

迫力のある花火を鑑賞することができる花火大会は、なかなかありません。

 

多くの花火大会に先駆けての7月の開催なので、今年の夏の思い出の最初のページに葛飾花火大会を描いてみてはいかがでしょうか。

 

素敵な夏の始まりを素敵な花火で飾ることができれば、今年の夏はきっと最高の夏になるでしょう。

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】葛飾区の人気ホテルランキング

 

関東・東海の花火大会↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。