鎌倉花火大会出店屋台

毎年人気の鎌倉花火大会。海で行われる大会なので夏らしく、思い出にも残るイベントだと思います。

 

今回は、鎌倉花火大会2018について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

鎌倉花火大会2018の出店屋台と時間

まずは屋台情報を見ていきます。

 

鎌倉花火大会2018の日にち

まずは屋台の時間の前に鎌倉花火大会の開催日時を見てみましょう。

 

2018年の鎌倉花火大会は

7月24日(火)19:20~20:10

に開催予定です(荒天や高波の場合は翌日に延期です)。

 

平日開催ということもあり、花火の開始時間はちょっと遅めですね。

 

屋台の開催場所や時間は?

鎌倉花火大会では、広範囲で屋台が出店されています。

  • 長谷駅から海岸までの道
  • 由比ヶ浜駅から海岸までの道
  • 鎌倉海浜公園
  • 由比ヶ浜海岸
  • 材木座海岸

で、一番屋台の数が多いのは海岸です。駅から海に向かうにつれて屋台の数が増えていきます。

 

350ほどの屋台が出ているので屋台だけでも楽しめそうですね。

 

屋台の営業時間はお店によってまちまちですが、16時ころから開店し始め、遅い所では花火の終わった1時間後の21:00頃まで営業しています。

 

焼そば、タコ焼きなどの定番グルメから、ご当地B級グルメなどさまざまなお店が並んでいます。

駅周辺には飲食店が臨時出店している屋台もあるのでちょっと変わったものも見つかるかもしれませんね。

 

海の家も延長営業!

海岸で行われる花火大会なので海の家も延長営業しています。屋台とはまた違ったメニューも楽しめそうですね!

花火大会が終わった後もしばらく営業している店も多いですよ。

 

すぐに帰ろうとすると江ノ電が大変混雑しているので、海の家でゆっくりしてから帰るというのもおすすめです。

 

鎌倉花火大会2018の有料観覧席

鎌倉花火大会では有料観覧席も用意されています。観覧席は海岸にあり、水中花火などもばっちり見ることが出来ます。

 

有料ですので、花火が一番よく見える場所に設置されていて、大迫力の花火を楽しむことが出来ます。

そして、椅子に座ってゆっくり鑑賞できるのでいいですよね。

 

2016年までは指定席だったのですが、2017年は自由席になったようです。

 

2018年はどちらなのかまだ分かりませんが、自由席の場合、良い席をゲットするには早めに会場に行った方がよいでしょう。

 

有料観覧席のチケット

有料観覧席は毎年鎌倉花火大会の公式サイト、鎌倉INFO(鎌倉観光協会ポータルサイト)で販売されます。

2018年の情報はまだ出ていないので2017年の情報を見てみましょう。

 

チケットはインターネット上で抽選販売されていますが、450席限定となっています。1人5,500円でお土産などは特についていないようです。

 

クレジットカード決済をし、外れた場合は返金というシステムです。

 

鎌倉花火大会の有料観覧席は、花火の協賛金への返礼として用意されているものです。

抽選に外れた場合は返金がありますが、花火大会が中止になった場合の返金はありませんので注意してください。

 

昨年は7/4~7/12の間に抽選販売を行い、その後7/13から先着販売が行われていました。

 

今年も7月に入ってからの販売になると思いますのでチェックしてみてください。

 

鎌倉花火大会2018の交通規制

鎌倉花火大会では大規模な交通規制が行われています。

 

2018年の詳細はまだ出ていませんが例年では鎌倉駅前交差点から滑川交差点までの間が18:30から22:30まで通行止めとなっています。

 

花火大会の終了時間は20:10ですが交通規制は花火が終わっても2時間以上行われているんですね。

 

また、交通規制に伴い、鎌倉駅東口、西口のロータリーへは18:30から23:00までの間入ることが出来ません。

バスやタクシーの乗り場も変更になり、バスはルートも変更されるため周辺道路は大変混雑しています。

 

135号線という海岸沿いの道路も大渋滞になり、鎌倉から出るのに2~3時間かかることもありますから車での来場はおすすめしません。

 

とはいえ電車も混雑しますのでどうしても車で行きたいという人は混雑覚悟の上で出かけましょう。

 

鎌倉花火大会2018の穴場駐車場

鎌倉花火大会にどうしても車で行きたい場合はどこに止めるべきなのでしょうか?

 

鎌倉駅周辺は混雑必至!

鎌倉花火大会は車での来場はおすすめされていないので、臨時駐車場などはありません。

鎌倉駅周辺は交通規制などもあり、大変混雑しています。

 

通行止めエリアに車を止めた場合は、通行止めが解除される22:30まで車を出庫することが出来ません。

 

通行止めエリア外に止めた場合も周辺道路が混雑しているのでなかなか出庫できない可能性があります。

 

時間に余裕がない人は花火を最後まで見ずに早めに帰ると多少混雑は回避されます。

また、鎌倉駅周辺はもともと駐車場の数が少なく、大型駐車場もないので車を止めるところを見つけるだけで大変です。

 

確実に駐車するには早朝に鎌倉につくようにするか、駐車場を予約するといいでしょう。

 

akippa(あきっぱ)をご存知ですか?

お祭りなどの混雑するイベントなどではコインパーキングなど有料駐車場を当日探しても、

なかなか空きが見つからずにぐるぐる周辺を回ったりして疲れてしまいますよね…

 

akippaなら駐車場を事前に予約することができるので、そんな心配もなく安心ですよ!

 

>akippaで駐車場を検索

 

少し離れた駅に止めるのが正解

どうしても車で行きたい場合は、鎌倉駅から少し離れた駅に止めてそこから車で移動するのがおすすめです。

 

周辺で大きな駐車場がある駅は

  • 大船駅
  • 横須賀駅

です。

 

大船から鎌倉駅までは2駅、横須賀からは4駅です。大船は近い分、利用している人も多く、また周辺道路も混雑しています。

 

横須賀はちょっと遠いですが、周辺道路も空いているので楽に変えることが出来ます。

 

大船駅の場合は

  • タイムズポート大船(当日1日最大料金1500円(24時迄)
  • タイムズ松竹大船ショッピングセンター(07:00-23:00 最大料金800円)

などがおすすめです。

 

横須賀の場合は

  • タイムズショッパーズプラザ横須賀( 06:00-24:00 最大料金600円)
  • ベイスクエアパーキング(最大18時間迄6:00~24:00 1,600円)

などがおすすめです。

 

最大料金があると早いうちから停めておいても安心ですね。車で近くまで行きたい人は利用してみてください。

 

鎌倉花火大会の最寄り駅

鎌倉花火大会は、由比ヶ浜海岸、材木座海岸が主な鑑賞スポットです。

 

由比ヶ浜海岸へは、

  • 江ノ電 由比ヶ浜駅
  • 江ノ電 長谷駅

が最寄り駅です。どちらも徒歩5分程度です。

 

材木座海岸へは

  • 江ノ電 和田塚駅
  • JR・江ノ電 鎌倉駅

が最寄り駅になっています。

 

和田塚駅からは12,3分。鎌倉駅からは18分ほどと多少歩くため、由比ヶ浜海岸に比べると若干混雑が緩和しています。

 

江ノ電は特に行きも帰りも混雑しますので、電車の混雑を避けたい方は鎌倉から徒歩で向かうのがおすすめです。

鎌倉駅から海岸沿いを歩いて由比ヶ浜海岸まで出るということも可能です。

 

鎌倉駅から由比ヶ浜海岸まで、徒歩30分ほどで向かうことが出来ますが、当日は人が多いので1時間くらいかかることもあります。

 

鎌倉花火大会への行き方

鎌倉花火大会は海岸で行われる花火大会ですので、いずれの最寄り駅で下りても、海の方へ向かっていけばOKです。

 

人の通りもあるので分かりやすいと思います。海まで出たら海岸一体はどこでも鑑賞できますので、

海岸線を歩いて好きな場所を見つけてください。

 

ただし、当日は大変多くの人出になりますので、早めに到着するようにしましょう。

特に、江ノ電に乗る場合は混雑で入場規制が行われていることもありますので16時頃には着くように出かけておくと安心です。

 

また、鎌倉駅周辺は大規模な交通規制があり、周辺道路は大変混雑しています。

 

鎌倉駅周辺には大型の駐車場もありませんので車での来場は極力避けたほうがいいでしょう。

 

鎌倉花火大会のトイレの場所

出典:日本のお祭りイベント|関東・関西・九州・東北 全国地域別検索 - Seesaa

花火大会は屋外で行われますので、トイレも心配ですよね。

とくに、早くから場所取りをするとなると長時間いなくてはいけないので心配になる人も多いと思います。

 

鎌倉はトイレが少ないのでまずは駅で済ませておきましょう。

駅のトイレも混んでいると思いますが、会場近くのトイレはもっと混んでいると思ってください。

 

海岸沿いには由比ヶ浜海浜公園周辺と、材木座海岸の蓮乗院近くに公衆トイレがあります。

 

他には、少し離れますが極楽寺駅周辺、稲村ケ崎海浜公園にも公衆トイレがあるので少し歩いてこちらを利用してみてもいいかもしれません。

 

由比ヶ浜海岸には海の家も多く、中にはトイレ付きのところもあります。

当日は海の家も延長営業しているところが多いので、利用する人はトイレも使用してください。

 

海岸には仮設トイレもありますが、数はそれほど多くないので混雑は覚悟しておきましょう。

 

また、ティッシュや手洗い場がないこともありますので、ティッシュとウエットティッシュは持参しておいてください。

ウェットティッシュは屋台などで買い物をしたときも役立ちますしね!

 

海岸沿いにはコンビニなどトイレを借りられるようなお店もあまりありませんので、

お子様連れの場合は携帯用トイレなどを持参したほうが安心かもしれません。

鎌倉花火大会の人出や混み具合

鎌倉花火大会はは毎年約15人が来場します。打ち上げ時間は19:20~20:10なのですが、

18時頃になると周辺はすでに混雑しますので早めに会場に向かうのがおすすめです。

 

鎌倉花火大会は海岸で行われるため、鑑賞エリアは広範囲にわたります。

 

良い場所で鑑賞するにはもちろん早い時間から場所取りが必要になりますが、鑑賞エリアはそこまで大混雑ではありません。

レジャーシートなどを敷いてゆっくり鑑賞できるエリアが多いです。

 

スポンサーリンク

車での来場は?

都心から少し離れているので車で行こうと考えている人も多いかもしれませんが、

当日は大規模な通行止めがあり、周辺道路は大変混雑しています。

 

また、鎌倉には大きな駐車場もないので車で行くことはおすすめしません。

 

江ノ電がかなり混雑

鎌倉花火大会の混雑は会場よりも行き帰りの電車がヤバイです。

 

鎌倉花火大会の最寄り駅は?

鎌倉花火大会の打ち上げ場所は由比ヶ浜海岸・材木座海岸です。由比ヶ浜海岸から近い

  • 江ノ電:由比ヶ浜駅
  • 江ノ電:長谷駅

が最寄り駅といえますが、こちらは大変混雑します。

 

江ノ電というのは1,2両編成の路面電車ですから、通常の電車の様にたくさんの人が乗車できる訳ではありません。

 

また、藤沢~鎌倉の折り返し運転となっていて、線路は単線です。これだけ考えても混雑の状況が目に浮かびますよね。

当日は臨時電車も運行されますが、単線なので増やすにも限界があり、まず始発の鎌倉駅で入場規制があります。

 

行きも乗車するまでに時間がかかりますが、帰りは2時間ほど待つということも考えられます。

 

江ノ電にはなるべく乗らないようにすることをおすすめします。

 

江ノ電以外の手段は?

由比ヶ浜駅から鎌倉駅まではじつは徒歩でも30分ほどの距離です。

 

当日は混雑しているのでゆっくり歩いて1時間ほどかかることもありますが、江ノ電に乗るよりは早く着くと思います。

 

また、江ノ電のルートにはバスも通っていますが、バスも長蛇の列が出来ていますし、

渋滞もあるので、バスに乗るよりは歩いた方が早いでしょう。

 

時間に余裕がある場合は、花火大会が終わってからも海岸や海の家でゆっくりして、

混雑が緩和してから江ノ電に乗るという手もあります。ちなみに、電車は0時近くまでありますよ。

 

おすすめの見える場所

鎌倉花火大会で混雑を避けて鑑賞できるおすすめのスポットを紹介します。

 

材木座海岸

材木座海岸は打ち上げ場所から近いのですが、最寄り駅から遠いため由比ヶ浜海岸に比べて比較的空いています。

 

18時半頃からでも砂浜なら場所取りできたという人もいますので、

いい場所で観たいけれど早くからは行かれない人は材木座海岸に行ってみましょう!

 

材木座海岸へは

  • 江ノ電 和田塚駅から徒歩12分
  • 江ノ電・JR 鎌倉駅から徒歩18分

ですので、江ノ電に乗らずに鎌倉駅から歩いていくのがおすすめです。

 

披露山公園・大崎公園

会場からは少し離れますが、ゆったり花火を鑑賞することが出来ます。由比ヶ浜や江の島も一望できるスポットですよ。

披露山公園へのアクセスはJR逗子駅から徒歩15分です。

 

披露山公園には駐車場もあり、鎌倉ほどは道路も混雑していないので車で観に行きたい方には特におすすめです。

 

近くにある大崎公園も鑑賞スポットの1つです。披露山公園からさらに10分ほど歩くので、

花火大会でも人がほとんどいません!静かに観賞したい人にはおすすめのスポットです。

 

ただし、大崎公園には駐車場がありませんのでご注意ください。

 

鎌倉花火大会の口コミ

続いて鎌倉花火大会に実際に行った方の口コミを紹介していきます。

名無し
鎌倉の花火大会は海からとても近いので大迫力でした!

見る場所のおすすめは材木座海岸ですね。混雑もほどほどにゆったり見る事ができます。

お金がかかってもいいなら海の家などを利用するのもおすすめですね。

名無し
海上であがる花火はやはりきれいです。砂浜なのでサンダルなどの用意は必須ですね。どの花火大会でもそうですがかなり混み合うので早め早めの行動が吉です。

駅からの距離が結構ありますが、道すがら露店やコンビニなどがあるのでGOOD。

名無し
車で行くのはあまりオススメしません。

花火を見るより車を停めることに苦労してしまうので、バスで行くことをオススメします。

名無し
毎年鎌倉花火大会を観に行っています。

鎌倉はお昼に観光も楽しめますし、遠方からでも行く価値が大いにあります。有名な花火大会だけに混みますけど、行く価値が絶対にありますよ!

名無し
鎌倉市の配布しているパンフレットに載っていた情報で空いている場所ということで江ノ電長谷駅から行きました。

ここは海の家はなくコンビニと屋台が離れた場所にあるだけ、落ち着いてみることができました^_^

花火の方はというと初めて水中花火というのを見たのですがまるで海面に花が咲いたようなすごくおしとやかな花火でした。

花火もスピード感があって良いのですが、湿気のせいか煙がモクモクでせっかくの花火が隠れてしまって見づらい場面も有りましたね。

そして帰りですが

恐ろしく大混雑していて疲れ果てました^^;

名無し
今年は雨が降る予想ということで、実際朝は晴れてましたが、午後には曇だったので少し残念でした。
雨が振りそうだったので今年は浜で観ることはせずに海浜公園の芝生で鑑賞。

木がちょっと邪魔でしたがなかなか綺麗に観る事ができましたよ。

 

鎌倉花火大会近くの宿泊先ホテルランキング!

こちらでは鎌倉花火大会にお越しの方におすすめの宿泊先ホテルをランキング形式で紹介していきます。

1位:かいひん荘鎌倉

 

2位:ダイヤモンド 鎌倉別邸ソサエティ

 

3位:鎌倉パークホテル

 

4位:Hotel鎌倉mori

 

5位:小坪海岸 凛花

 

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク