鎌倉花火大会の人出や混み具合|江ノ電もかなり混雑!見える場所はどこ?

鎌倉花火大会人出

鎌倉花火大会は神奈川県で有名な花火大会です。

 

人出も多いと思いますがどのくらいの込み具合なのでしょうか?花火が見える場所の穴場も知りたいですよね!

 

また、行き帰りに使用する江ノ電もかなりの混雑になりますが、回避する方法はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

鎌倉花火大会の人出や混み具合

鎌倉花火大会はは毎年約15人が来場します。打ち上げ時間は19:20~20:10なのですが、

18時頃になると周辺はすでに混雑しますので早めに会場に向かうのがおすすめです。

 

鎌倉花火大会は海岸で行われるため、鑑賞エリアは広範囲にわたります。

 

良い場所で鑑賞するにはもちろん早い時間から場所取りが必要になりますが、鑑賞エリアはそこまで大混雑ではありません。

レジャーシートなどを敷いてゆっくり鑑賞できるエリアが多いです。

 

車での来場は?

都心から少し離れているので車で行こうと考えている人も多いかもしれませんが、

当日は大規模な通行止めがあり、周辺道路は大変混雑しています。

 

また、鎌倉には大きな駐車場もないので車で行くことはおすすめしません。

 

江ノ電がかなり混雑

鎌倉花火大会の混雑は会場よりも行き帰りの電車がヤバイです。

 

鎌倉花火大会の最寄り駅は?

鎌倉花火大会の打ち上げ場所は由比ヶ浜海岸・材木座海岸です。由比ヶ浜海岸から近い

  • 江ノ電:由比ヶ浜駅
  • 江ノ電:長谷駅

が最寄り駅といえますが、こちらは大変混雑します。

 

江ノ電というのは1,2両編成の路面電車ですから、通常の電車の様にたくさんの人が乗車できる訳ではありません。

 

また、藤沢~鎌倉の折り返し運転となっていて、線路は単線です。これだけ考えても混雑の状況が目に浮かびますよね。

当日は臨時電車も運行されますが、単線なので増やすにも限界があり、まず始発の鎌倉駅で入場規制があります。

 

行きも乗車するまでに時間がかかりますが、帰りは2時間ほど待つということも考えられます。

 

江ノ電にはなるべく乗らないようにすることをおすすめします。

 

江ノ電以外の手段は?

由比ヶ浜駅から鎌倉駅まではじつは徒歩でも30分ほどの距離です。

 

当日は混雑しているのでゆっくり歩いて1時間ほどかかることもありますが、江ノ電に乗るよりは早く着くと思います。

 

また、江ノ電のルートにはバスも通っていますが、バスも長蛇の列が出来ていますし、

渋滞もあるので、バスに乗るよりは歩いた方が早いでしょう。

 

時間に余裕がある場合は、花火大会が終わってからも海岸や海の家でゆっくりして、

混雑が緩和してから江ノ電に乗るという手もあります。ちなみに、電車は0時近くまでありますよ。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

スポンサーリンク

おすすめの見える場所

鎌倉花火大会で混雑を避けて鑑賞できるおすすめのスポットを紹介します。

 

材木座海岸

材木座海岸は打ち上げ場所から近いのですが、最寄り駅から遠いため由比ヶ浜海岸に比べて比較的空いています。

 

18時半頃からでも砂浜なら場所取りできたという人もいますので、

いい場所で観たいけれど早くからは行かれない人は材木座海岸に行ってみましょう!

 

材木座海岸へは

  • 江ノ電 和田塚駅から徒歩12分
  • 江ノ電・JR 鎌倉駅から徒歩18分

ですので、江ノ電に乗らずに鎌倉駅から歩いていくのがおすすめです。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

披露山公園・大崎公園

会場からは少し離れますが、ゆったり花火を鑑賞することが出来ます。由比ヶ浜や江の島も一望できるスポットですよ。

披露山公園へのアクセスはJR逗子駅から徒歩15分です。

 

披露山公園には駐車場もあり、鎌倉ほどは道路も混雑していないので車で観に行きたい方には特におすすめです。

 

近くにある大崎公園も鑑賞スポットの1つです。披露山公園からさらに10分ほど歩くので、

花火大会でも人がほとんどいません!静かに観賞したい人にはおすすめのスポットです。

 

ただし、大崎公園には駐車場がありませんのでご注意ください。

>>NAVITIMEの自動車ルート検索

 

まとめ

鎌倉花火大会は毎年約15万の人出がある人気の花火大会です。

 

海岸で行われる花火大会ですので、海岸に出れば視界を遮るものはなく、花火を鑑賞することが出来ます。

鑑賞エリアは広いので、人気の花火大会の中で比較的ゆっくり鑑賞できます。

 

ただし、行き帰りの江ノ電は大変混雑します。電車に乗るのに1,2時間かかるということもあるので注意しましょう。

 

なるべく江ノ電に乗らずに行ける場所で鑑賞するか、混雑する時間をさけて早めに行ってゆっくり帰るのがおすすめです。

 

関連記事

 

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。