常総きぬ川花火大会へのアクセス|鬼怒川周辺の穴場や口コミ情報も

常総きぬ川花火大会アクセス

茨城県で毎年開催される「常総きぬ川花火大会」。

非常に多きな花火大会なので、一度はいってみたいと思われる方もおいのではないでしょうか。

 

ただ、どこのイベントにも行くために必要なアクセス手段。

せっかくなら混雑など避けなてスムーズに会場へ向かいたいですよね。

 

さらに、花火大会といえば観覧する場所も重要な部分となりますが、鬼怒川(きぬ川)周辺に穴場スポットはあるのでしょうか?

 

今回は、アクセス方法についてはもちろん「常総きぬ川花火大会」をゆっくりみれる穴場情報に関して、

実際に常総きぬ川花火大会へ行かれた方の口コミなどを参考にご紹介しますね♪

 

スポンサーリンク

常総きぬ川花火大会へのアクセス

それではさっそく「常総きぬ川花火大会」に行かれる時のアクセス方法に関してご紹介します。

 

公共交通機関を利用してのアクセス方法

◎関東鉄道常総線「水海道駅」から徒歩15分です。

◎関東鉄道常総線「北水道駅」から徒歩20分です。

公共交通機関を利用して行かれる場合、「水海道駅」からも「北水道駅」からもアクセスは可能なんですが、

有料観覧席が設けてある橋下運動公園へアクセスする場合、「北水海道駅」から向かう方が距離的に近くなります。

また八間堀河水門の南側にある無料観覧エリアで観覧する予定の方は、「水海道駅」からアクセスする方が距離的に近くです。

 

どちらの場所も観覧席によって若干距離が違います。

出典:Google My Maps

詳しくは「常総きぬ川花火大会」会場へのルート例としてのアクセスマップをご紹介しておきますので、上記画像をご覧ください。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

自家用車を利用してのアクセス方法

常磐自動車道谷和原ICから国道294号線経由で約5㎞です。

 

常総きぬ川花火大会は、先ほどご紹介したように最寄り駅から会場までの距離はそれほどまで遠くない事に加え、

花火大会当日は周辺道路が大変混雑してしまうので交通渋滞に巻き込まれる可能性もあります。

 

せっかく花火大会に行ったのに花火大会の時間に間に合わなくなったとなってしまったら元も子もないですよね。

なので公共交通機関を利用してアクセスする事をおすすめします。

>>NAVITIMEの自動車ルート検索

 

鬼怒川周辺の穴場と口コミ

ここでは「常総きぬ川花火大会」に行かれる場合、会場である鬼怒川周辺の場所で花火大会をみる為の穴場を

実際に行った方の口コミを交えながらご紹介します。

 

穴場①一色クリニック前の土手

所在地
〒303₋0005 茨城県常総市水海道森下町3885-1

一色クリニックの前にある土手で観覧するのも見晴らしがいいのに加えてそこまで混雑していないため

ゆっくり花火を楽しむ事ができるという事で穴場の一つとして知られているんですよ。

鈴木です
あまり知られていない場所なのかなと思っていましたが数組花火鑑賞を楽しむ方がいました。ゆっくり花火を鑑賞したい方にはおススメの穴場です。

 

穴場②打ち上げ会場から豊水橋を挟んだ下流付近

所在地
〒303₋0041 茨城県常総市豊岡

ここは少し趣向の変わった穴場スポットとしてしられているんですが広々とした河川敷と橋の姿が花火の光に照らし出されるので

なんともロマンチックな雰囲気を演出してくれるんです。

 

写真好きな方にもおすすめなのですが、カップルなどでゆっくり鑑賞したい方にもおすすめですよ♪

うさこ
川に浮かびあがる花火がとてもきれいでした。幻想的な雰囲気をたのしめるのでおすすめです。

 

穴場③観水公園

所在地
茨城県常総市水海道元町

豊水橋東交差点の前にある新八間堀川をはさんだ所にある観水公園なのですが、

打ち上げ会場の正面に位置しているので迫力ある花火を楽しむ事ができるのと公園です。

みかん
迫力ある花火をみたい方はこちらがおススメですよ。小さい子を連れて行ったのですが近くにトイレもあったので安心でした。

 

スポンサーリンク

場所取りは何時から?

有料観覧席を確保している方は場所取りする必要はそこまでないのですが

無料席で観覧する方にとってはベストポジションに場所取りをしたいですよね。

 

みなさん、毎年何時から場所取りを開始しているのでしょうか。

 

行った方の口コミなどから確認すると人気の場所での場所取りは大体午後3時くらいから行くと確保できるという声がありました。

 

あまり早くいっても暇なのでは?と思われますがそこはご安心だくさい。

近くには多数の屋台が出店されますのでとりあえず場所取りした後屋台巡りなどをするなどしてみてはいかがでしょうか♪

 

屋台情報についてはすぐ下でご紹介しておりますのでそちらでご確認ください。

 

屋台はある?

お祭りの楽しみの一つとして屋台での食べ歩きが挙げられますので、ここでは出店屋台に関しての情報をご紹介します。

 

常総きぬ川花火大会のメイン会場は鬼怒川河畔橋下運動公園、その周辺エリアになるんですが、

毎年このエリアを中心に多数の屋台が出店されているんですよ。

 

なんとその屋台の数は100店くらいもあるんですが、定番の飲食の屋台~遊戯系の屋台まで綺麗に一列に並んでいるので十分楽しむ事ができます。

 

ちなみに屋台の営業時間なのですが正確に時間が決まっているわけではなく大体夕方16時にはじまり21時頃には徐々に屋台も終了しております。

 

買い忘れがないように気になるものはその時に買っといた方がよさそうですね!

関連記事

 

まとめ

今回は、茨城県で開催される「常総きぬ川花火大会」について

  • 会場までのアクセス方法は?
  • 口コミを参考に鬼怒川付近の穴場スポットをご紹介
  • 屋台はあるのか?

このような内容を中心にご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

 

屋台もありアクセスも良好、なによりも穴場がたくさんあるのはうれしいですよね♪

ぜひ、ご家族やカップル、友人などと素敵な時間をおすごしください!

 

関東・東海の花火大会↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。