毎年盛大に開催される岐阜基地航空祭。

 

今回は岐阜基地航空祭2018の日程や駐車場、穴場の撮影ポイントから混雑状況まで一挙にご紹介します。

 

スポンサーリンク

岐阜基地航空祭2018の日程スケジュール

2018年の岐阜基地航空祭は11月18日(日)に開催の予定となっています。

 

詳細なスケジュールはまだ発表になっていませんが例年、8:30から15:00まで開催されます。開門時間は7:30です。

ただし、早朝から開門街に並ぶ人も多いので7:30や8:30を目指していくと遅れを取ってしまいます。

いい場所を確保したいのなら早めに行動しましょう。

 

2017年は4年ぶりにブルーインパルスの展示飛行があり、2018年も来基が決定しています!

 

ちなみにブルーインパルスの展示飛行はどの航空祭でも13時頃ですので見逃さないようにしてください。

基地内には退役した飛行機も展示されていて、観覧することが出来ます。普段なら絶対に見ることのできない飛行機が見れるというのは嬉しいですね。

 

天気が雨の場合は?

岐阜基地航空祭は天気が雨の場合でも決行です。ただし、荒天の場合は中止になります。

 

また、航空祭自体は開催されても飛行展示などは中止になることもあります。

こればっかりは当日にならないと分かりませんので運を天に任せるしかないですね。

 

岐阜基地航空祭2018のバスツアー

遠方から岐阜基地航空祭に参加する場合はバスツアーもおすすめです。

自力で行くより費用は高くなりますが、駐車場や行き帰りの渋滞の心配などをしなくていいので楽ですよ。

 

バスツアーのスケジュールは

  • 11月17日深夜:集合場所出発
  • 11月18日早朝:岐阜基地着
  • 11月18日夜:岐阜出発
  • 11月18日早朝:集合場所に到着、解散

という流れになっています。

早朝に現地につくのは嬉しいですね!ツアーによっては昼食などがついている場合もあります。

 

出発地や旅行会社によっても料金は変わりますが関東出発の場合、15,000円から20,000円ほどです。

 

岐阜基地航空祭へのアクセス

岐阜基地は岐阜県各務原市にあります。

 

電車の場合、最寄り駅は4つあります。各最寄り駅と、基地までの距離は以下の通りです。

  • JR高山線 「蘇原駅」から新北門まで1,100メートル
  • 名鉄各務原線 「三柿野駅」から北門まで450メートル
  • 名鉄各務原線 「六軒駅」から新北門まで600メートル
  • 名鉄各務原線 「各務原市役所前駅」から正門まで1.100メートル

4つの駅が利用できるので混雑も分散されますね。

 

そして、どの駅から向かっても徒歩で行ける距離です。一番遠い場所でも15分ほどで基地まで行くことが出来ます。

 

ただし、当日は混雑しているので通常よりも時間がかかることを覚悟しておきましょう。

特に帰りは時間が集中するので駅まで行くのに通常の何倍もかかることもあります。毎年たくさんの人が訪れるので臨時列車も運行されています。

 

シャトルバス情報

自衛隊の航空祭は、最寄り駅や駐車場から基地までのシャトルバスが出ていることが多いですが、

岐阜基地航空祭の場合、駅や駐車場からのシャトルバスの運行はありません。

 

ただし、基地内でシャトルバスが走っています。メインになるのは北会場なので南門からはシャトルバスで移動します。

 

観光バスなどを利用すると南門付近に駐車場があり、シャトルバスで移動することになりますよ。

 

駐車場情報

自衛隊で実施される航空祭は駐車場が用意されていることが多いですが、残念ながら岐阜基地航空祭は駐車場が用意されていません。

ですから車で来場する場合は有料駐車場を利用することになります。岐阜基地の周辺にも駐車場はありますが、早い時間から混雑します。

岐阜基地の最寄り駅にある駐車場も早朝には満車になってしまいます。

 

JR高山線もしくは名鉄各務原線沿線の駅の有料駐車場を利用し、そこから移動するというのがおすすめです。

 

ちなみにオートバイと二輪車の駐車場は基地内に用意されています。毎年台数も増えているので二輪車で行かれる人は利用してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

人出はどれくらい?岐阜基地航空祭の混雑状況

岐阜基地航空祭の人出は、ブルーインパルスが来るかどうかでも変わってきます。

 

他の航空祭とスケジュールが重なると来ることが出来ないのですが、ブルーインパルスが来基する年は12~13万人ほどの来場者数となります。

 

ブルーインパルスが来ると雨でも桁違いの人出になります。来ない年は6万人前後ですので人出は半分です。

それだけブルーインパルスの人気の高さが分かりますね。

また、車でも電車でもアクセスのしやすい航空祭なので毎年人出も多くなっています。混雑は覚悟のうえで出かけたほうがよさそうですね。

 

岐阜基地航空祭の穴場や撮影ポイント

人気の航空祭ですので基地内はどこも混雑しています。基地内に穴場スポットはないと考えておきましょう。

飛行機の離着陸は見ることが出来ませんが飛行展示を見るだけなら、基地外から見るのがおすすめです。

 

お子様連れの方などにとくにおすすめなのはイオンモール各務原店です。

 

岐阜基地からも比較的近く、屋上の駐車場から飛行展示を見ることが出来ます。

ショッピングモールなのでトイレや食べ物の心配もありませんし、ゆっくり鑑賞できるのでおすすめの撮影スポットですよ。

その他、三井山、前渡不動山山頂、かさだ広場などからも飛行展示を見ることが出来ます。

 

前渡不動山山頂、かさだ広場は会場から離れているので本当に穴場です。

 

飛行機は小さくなってしまいますが、その分行き帰りも混雑に巻き込まれないというメリットもありますので、検討してみてください。

かさだ広場は駐車場もあるので便利ですよ。

 

岐阜基地航空祭周辺のおすすめ宿泊ホテル

遠方から岐阜基地航空祭に向かう場合前泊していくと早朝から会場に向かうことが出来るので楽ですね。

余裕があれば2泊していきたいところだと思います。岐阜基地周辺のおすすめホテルを紹介しますので参考にしてみてください。

 

ビジネスホテルスワロー

各務原市役所の隣にあるビジネスホテルです。岐阜基地にも近いですし、各務原市役所駅前からも徒歩5分なのでアクセスが良く便利です。

 

駐車場も20台分ありますが先着となっているので車で向かう場合は早めにチェックインしたいですね。

 

料金はリーズナブルです。とにかく会場の近くで寝泊まりしたいという人におすすめのホテルです。

 

ホテルルートイン各務原

各務原インターから車で10分のところにあるホテルです。駐車場は60台分あり、無料です。

 

犬山城、岐阜城などの観光に行く場合も便利な立地にあるので、航空祭だけでなく観光も楽しみたいという人におすすめです。

ホテルには人工温泉大浴場もあり、航空祭の疲れを癒してくれます。健康志向の朝食バイキングも人気ですよ。

 

名鉄犬山ホテル

犬山遊園駅から徒歩8分のところにあるホテルです。岐阜基地からは少し離れていますが、「国宝茶室如庵」と「国宝犬山城」の2つの国宝に囲まれています。

日本庭園や絶景の露天風呂などもあり、リラックスできるホテルです。

航空祭を楽しんだ後はホテルでゆっくりくつろぎたいという人におすすめのホテルです。

 

高級感あふれるホテルですが、1名10,000円から宿泊できるので意外とリーズナブルなのも魅力です。

 

岐阜基地航空祭のグッズ

岐阜基地航空祭では毎年限定グッズも販売されています。

  • 限定ストラップ
  • ワッペン
  • プレミアムプレート
  • Tシャツ
  • 帽子
  • ポスター
  • カレンダー
  • タオル

などが毎年販売されています。日付も入っているものもあるので記念になりますね。毎年集めているという人も多いです。

 

デザインも種類も豊富にありますが、人気の商品は早めに売り切れてしまうのでお目当てのものがある人は早めに買いに行きましょう。

 

例年、北門と新北門の間にある北会場にグッズのお店や、食べ物の屋台などが並んでいるのでのぞいてみてください。

 

遠方からお越しの方はホテル情報も要チェックです!

>>【楽天トラベル】ホテル・旅館ランキング

 

航空祭特集はこちら↓

スポンサーリンク