松島基地航空祭のアクセス|臨時列車と最寄りのおすすめ宿泊先ホテル!

松島基地航空祭アクセス

ブルーインパルスの本拠地でもある松島基地航空祭は、数ある航空祭の中でも人気です。

飛行機ファンであれば一度は行ってみたいという人も多いのではないでしょうか。

 

松島基地航空祭は電車の場合どのようにアクセスすればいいのでしょうか。臨時列車の情報や最寄りの宿泊先についてもご紹介していきます。

 

遠方からお出かけの際は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

松島航空祭へのアクセス

松島基地へ電車で行く場合はJR仙台駅から仙石東北ライン石巻行きに乗り換え、矢本駅で下車してください。

仙石東北ラインは快速で40分ほど乗車します。

 

仙台空港から行く場合は仙台空港アクセス鉄道に30分乗車して仙台駅に出てから仙石東北ラインに乗り換えてください。

最寄り駅の矢本駅からは徒歩で25分ほど歩きます。

2017年の情報では駅から基地までのシャトルバスなどは出ていませんでしたので、徒歩もしくはタクシーで移動するということになります。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

松島基地航空祭の臨時列車

仙石東北ラインは通常、1時間に1本ほどの運行です。ちょっと少ないですよね。

 

ですから松島基地航空祭が開催される日は例年臨時列車も運行しています。

 

2017年は

  • 9:00~11:00の間に下り電車(矢本駅行き)4本
  • 14:00~15:30の間に下り電車(あおば通駅行き)4本

臨時列車が運行されました。

 

2018年の臨時列車情報はまだ発表になっていませんが、今年も運行されるのではないでしょうか。

また、定期列車も車両を増設して運行されます。

 

松嶋基地航空祭の基地開放時間は8時から16時(入場は14:00まで)ですが、

昨年の例でみるとすべての時間で臨時列車が運行されていたわけではありません。

 

臨時列車が運行されているのは比較的早い時間のみです。その他の時間は1時間に1本程度の運行となりますので、

列車の時間をしっかり調べてから出かけることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

松島基地航空祭の最寄りの宿泊先ホテル

まずは松島基地航空祭の最寄り駅である矢本駅のホテルを紹介します。

 

<フォーシーズン矢本>

 

矢本駅から徒歩3分のホテル、宿泊費は4,500円から6,000円とリーズナブルです。

 

コテージ風の離れもあり、ゆっくりくつろぐことができます。

>>フォーシーズン矢本

 

<バリュー・ザ・ホテル東松島 矢本>

 

機能性を重視したシンプルなホテルです。外観や室内はスタイリッシュな雰囲気でおしゃれ。

 

宿泊費は1泊朝食付きで10,000円程度です。

>>バリュー・ザ・ホテル東松島 矢本

 

少し足を伸ばしたい方におすすめのホテル

矢本駅周辺には宿泊施設が少ないので、少し足を伸ばして石巻や仙台のホテルもおすすめです。

ゆっくり観光も楽しみたいという方にはこちらのほうがいいかもしれません。

 

<HOTEL HAYASHIYA 石巻>

 

石巻駅から徒歩5分のところにあるホテルです。料金は朝食付きで6,000円前後とリーズナブル。

 

朝食には石巻名物の湯葉やクルミ豆腐などを楽しむことができます。朝食は宿泊者からの人気も高いんですよ!

客室も広々としていてゆっくりくつろげるのもポイントです。

>>HOTEL HAYASHIYA 石巻

 

<石巻 グランドホテル>

 

石巻駅から徒歩6分の立地です。ホテルはリニューアルされたばかりでキレイですよ。

客室も広々としているのでゆっくりくつろぐことが出来そうですね。

 

宿泊費用は1泊10,000円前後です。

>>石巻グランドホテル

 

<アパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)>

 

仙台駅周辺にはホテルがたくさんありますが、多いのはビジネスホテルです。

こちらは仙台駅から徒歩8分という立地でありながら温泉付き(人工温泉)なのが魅力ではないでしょうか。

 

価格も4,000円から10,000円程度とリーズナブルです。

 

夕食がとてもおいしいという口コミが多いので、夕食付きのプランにしてみても良いのではないでしょうか。

>>アパヴィラホテル<仙台駅五橋>(アパホテルズ&リゾーツ)

 

まとめ

松島基地航空祭は仙台駅から仙石東北ライン石巻行きに乗り換え、矢本駅が最寄りになります。

矢本駅からは徒歩25分、もしくはタクシーでの移動となります。2017年は駅からのシャトルバスなどはありませんでした。

 

仙石東北ラインは通常1時間に1本程度の運行ですが、松島基地航空祭の当日は下り、上り共に4本の臨時列車が運行されます。

 

また通常の列車も車両数が増えるので混雑も緩和されるのではないでしょうか。

宿泊したい場合は矢本駅にもホテルがありますが、数は少ないです。

 

観光も楽しみたい人は石巻まで足を伸ばすか、仙台駅まで戻ったほうがホテルの数は多くなりますよ。

 

航空祭特集はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。