隅田川花火大会を遠くからでも見える場所|見える範囲の穴場スポットは?

隅田川花火大会見える場所

毎年約95万人もの人出があり、東京の花火大会の中でもトップクラスの隅田川花火大会。

一度でいいから見てみたいけれど、会場付近は人が多いのでとても近づきたくない!という人も多いのではないでしょうか。

 

隅田川花火大会が見える範囲というのはどの位なのでしょうか。

遠くからでも見える場所があればゆっくり花火鑑賞できそうですよね。

 

そこで今回は隅田川花火大会の穴場スポットについてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

隅田川花火大会を見える範囲はどのくらい?

隅田川花火大会はどの位の範囲まで見えるのでしょうか。意外と範囲が広いので穴場スポットも結構ありますよ!

 

隅田川花火大会の打ち上げ場所

範囲を調べる前にまずは打ち上げ場所を確認しておきましょう。

以下隅田川花火大会の打ち上げ場所2カ所と、それぞれの最寄駅もお伝えいたします。

>>NAVITIMEの乗換案内

 

第一会場:桜橋下流から言問橋上流

最寄り駅は

  • 浅草駅
  • 東武浅草駅
  • 東京スカイツリー駅
  • 曳舟駅

こちらの会場からの打ち上げ数は9,350発。打ち上げ時間は19:05からです。

第一会場がメイン会場となるので一番混雑する場所です。

 

第二会場:駒形橋下流から厩橋(うまやばし)上流

最寄り駅は

  • 浅草駅
  • 蔵前駅
  • 両国駅
  • 浅草橋駅

打ち上げ数は10,650発と若干多いです。打ち上げ時間は19:40からになります。

露店などは少ないので第一会場に比べると若干混雑も落ち着いていますよ。

 

隅田川花火が見られる範囲は?

会場の近くに行けば当然花火はきれいに見えますが、小さくてもいいからゆっくり見たいという場合、どこまでの範囲に行けばいいのでしょうか。

 

駅名でいうと、下記の駅でしたら花火をきれいに見ることが出来ます。

  • 東向島駅
  • 曳舟駅
  • 押上駅
  • 東京スカイツリー駅
  • 本所吾妻橋駅
  • 両国駅
  • 浅草駅
  • 田原町駅

浅草駅、東京スカイツリー駅など混雑している駅を避けて出かけてみるといいかもしれませんね。

 

ただし、この駅でしか見られないということでもなく、上野公園の周辺でも見えるという情報もありました。

 

ただ、当たり前ですが遠くなればなるほど花火は小さいです。

スカイツリーが見える場所ならだいたい見えますので、日頃からスカイツリーの見える場所をチェックしておくといいかもしれません。

 

遠くからでも見える穴場その1 荒川土手

最寄り駅は総武線新小岩駅、京成押上線四ツ木駅です。徒歩5分ほどで荒川土手まで行くことが出来ます。

 

花火は小さめですが、スカイツリーのライトアップと花火を一緒に見ることが出来るスポットです。

広々としていてゆっくり見ることが出来ますし、混雑していないので帰りもスムーズに変えることが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

遠くからでも見える穴場その2:タワーホール船堀

江戸川区総合区民ホールの展望塔で、都営新宿線の船堀駅が最寄です。

 

そして、展望塔への入場料は無料というのも嬉しいですね。

会場から離れていますが、第一会場と第二会場の両方の花火を鑑賞できるおすすめのスポットです。

 

遠くからでも見える穴場その3:両国国技館付近

両国国技館は、花火会場から少し距離がありますが目の前は隅田川ですので実は花火がよく見えるんです。

 

国技館の正面入り口向かって左側の旧安田庭園のあたりが特におすすめですよ。

 

国士舘前の道路は歩行者天国になるのでレジャーシートを敷いて鑑賞することも可能です。

 

もっと近くで見たい人は川上の方へ歩いて行ってみてください。

ただし、会場に近づけば近づくほど混雑していますので、混雑を我慢するか、花火の迫力は我慢するかという選択になってきます。

 

隅田川花火大会を遠くからでも見える場所

花火をメインにするには少し遠いのですが、東京の夜景を楽しみつつ、花火が小さく見える場所もあります。

  • レインボーブリッジ
  • 東京都庁の展望室
  • 東京タワー
  • 六本木ヒルズ展望台
  • 池袋サンシャインタワー

などでも小さく隅田川花火大会を鑑賞することが出来ます。

 

ただ、花火は小さくしか見えませんので、デートの場合は「花火を見に行く」ということは伝えずに

連れていった方が感動してもらえるかもしれませんね。

 

関連記事

 

特集記事はこちら↓

スポンサーリンク












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。